帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【102話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は102話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

102話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 模擬戦

【シーブラスト】

【ウォーターストライク】

ケルトは第4級魔術師。

彼の魔法はデジールの魔法よりも遥かに強⼒でした。

彼らは、テニスのゲームのように、魔法打ち合った。

(彼についての噂は誇張されているでしょう)

ケルトはデジールが古代の悪魔を倒した強さについて⾮常に警戒していたが、戦いの数
分後、そこまで強いとは思えなかった。

(彼は魔法を反転させる能力を持っていると聞いてる)

デジールはまだケルトの魔法を逆転させていません。

二人の魔法による数回の攻撃の後、ステージは⽔で溢れた。

⽔に変化したケルトを⾒つけるのは困難でした。

デジールは周りを⾒回し。

【ファイアボルト】

⽔に向かって⽕の魔法を撃つが、ケルトはそこにいません。

 



 

  • ウォームアップ

(今、あなたが出来ることは1つだけ。広域魔法を使⽤するしかないだろう)

デジールが広域魔法を唱える隙を狙うのが、彼の計画。

デジールが魔法を唱え始めた。

ケルトは⾁体を必要としない魔法を唱えました。

ステージに残った⽔は刃物に変わり、デジールを取り囲む。

しかし彼の詠唱は突然⽌まった。いいえ・・・、すでに完了していたのです。

【サモンライトニング】

ケルトが隠れていた場所に、⼤きな⽕花が散らばった無数の槍が⾶んだ。

その爆発はケルトを数歩押し戻した。

彼があと3歩押し戻された場合、ステージから落ちて戦いに負けるでしょう。

「ウォームアップは終了です」



 

  • 過小評価

ケルトは無意識に、デジールを過⼩評価していました。

ステージの⽔位は急激に上昇し、ケルトの指の⼩さな動きで、⽔は津波になり、デジールに向かった。

【グラビティリバース】

重⼒の効果を反転させた魔法。

電流はデジールが⽴っていた場所に到達出来なくなりました。

それでも、⽔がステージ全体に溢れ、どの⾓度からでも攻撃される可能性があるため、この状況の解決策ではありません。

デジールは攻撃を阻⽌することに焦点を合わせた。

⽔の魔法の解決策を思い付くことは出来ないが、まだ諦めていません。

デジールが左眼の視⼒を失って以来、距離を推定することは彼にとって⾮常に困難になりました。

全ての動きと全ての魔法が重要な戦いでは、彼の新しい障害は今や彼の最⼤の弱点です。

もちろん、ケルトはそれについて知りませんが。

しかし、彼はデジールの⽅向と距離の感覚がひどく弱いことに気づきました。

何らかの理由で、左を狙った攻撃に反応するのが⾮常に遅いのではないかと考えた。

ケルトは躊躇せず、デジールに魔法を注ぎました。

【アクアトルネード】

竜巻はフィールドのいたるところを掃き始めた。

しかし、デジールはこれが起こるのをただ⾒ていた訳ではありません。

【液体酸素】

濃い霧のように広がる不気味な煙を作り出す液体。

この液体が広がると、触れた⽔は全て凍りました・・・。

「これで、あなたはもうその種の魔法を唱えることが出来ない」

「・・・」

ケルトはすぐに返事をしなかった。

彼は頭の中で笑っていた。

「これがあなたが考えることができる全てですか?」

ケルトは周囲を指さす。

液体は触れたものすべてを凍らせたため、実際にいたるところに広がっていました。

液体が覆っていなかった唯⼀の領域は、デジールが⽴っていた⼩さなスペースのみ。

 



 

  • 敗北

「分かりますか?」

ケルトが空を指さした。

それは第四級規模のマナ。

【気象制御】

それは気候を中断し、即座に天候を強制的に変更します。

本来は広域魔法の第5級レベルに属する呪⽂の1つでしたが、ケルトはスケールを最⼩化して唱えました。

ほんの⼀滴か⼆滴の⾬で始まり、すぐに⼟砂降りになりました。

デジールはジャケットを脱いで頭を覆った。

ジャケットは絶え間なく⾳を⽴て、その防御機能が活性化していたことを⽰しています。

「ジャケットが破壊される前に降伏したほうが良いですよ」

ケルトは意気揚々と⾔った。

「あなたの年齢では素晴らしいと思う」

デジールはそう⾔った。

「何?」

そして次に起こったことは全く予想外でした。

ステージが突然爆発する。

「グァ!」

ケルトの体がステージから跳ね返った。

すべてが⼀瞬で起こったので、ケルトは何も出来ませんでした。

「一体、何が?」

ケルトは尋ねた。

「僕が呼び出したのは、液体酸素を拡散させる魔法です。液体酸素が⽔を凍らせると、それは膨張し、最終的に爆発を引き起こしました」

ケルトはもう存在すらしなかったステージを⾒た。

「私の負けですね」

彼は激しく笑った。

「私はあなたの最強の逆算さえ⾒ることが出来なかった」

「・・・」

デジールは、ケルトの強さを⾒たかったからといって、最善を尽くしなかったとは⾔えませんでした。

彼はケルトの動きを観察したかった。

「私は敗北したことを認めます」

ケルトはうなずいて、本物の笑顔を浮かべた。

 



 

帰還者の魔法は特別です【103話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...