帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【100話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は100話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

100話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アウター

デジールは起こったことを即座に思い出した。

⻄王国連合の⼤会議はテロ攻撃を実⾏され、テロリストたちは悪魔ダデニュートを召喚した。

それまで彼らアウターは軽微な悪⾏を犯した些細な派閥に過ぎなかったが、彼らが本格的に活動するようになったのはこのタイミングだった。

この動きを導いたクロウマスクは特に危険でした。

宇宙魔法、第6級の呪⽂を使⽤したこの⼤陸にはほとんど存在しない第6級魔法使い。

「⾰命家・・・」

クロウマスクは⾰命軍の生き残りです。

デジールはこのような形で彼らに遭遇するとは思っていなかった。

彼らは不条理な正当化を伴う無差別なテロ⾏為を犯します。

多くの⼈々のために少数の⼈々を犠牲にするため、ダデニュートを復活させたと⾔いながら、多くの市⺠を虐殺した。

彼らについて⾔える唯⼀のことは、完全に狂っているということ。

彼らが行ったことは⾰命ではなく、明らかな虐殺でした。

「そして、彼らは僕を敵として認識していたに違いありません」

 



 

  • 計画へ

いつか彼らに再び会うことは避けられない。

明るい口調でジョードは言います。

「⼼配することは何もありません。今回の結果で、いくつかの前向きな変化がありました」

「どういう意味ですか?」

ジョードは新聞の記事を見せる。

[ヘブリオン学園の魔法使いが敵に対して剣を上げる]

「今では、⼤評議会以前と⽐べて状況が変わっています。⻄王国の市⺠だけでなく、国の王たちもアウターの深刻さに気づきました。そして、あなたのおかげで、ヘブリオン帝国の印象は劇的に改善された」

「そうだと嬉しいです」

「交渉がうまくいけば、ヘブリオン帝国と⻄王国の間の最前線が統⼀されるかもしれません」

「そうなることを願っています」

ジョードは立ち上がって、部屋を出て行きました。

⻑くて疲れた会話が終わりました。

「⻄王国とヘブリオン帝国の関係の改善・・・か」

デジールは深く考えます。

「しかし、アウターは私たちが懸念する必要のある「真の」敵ではない」

脅威としてのアウターの出現にも関わらず、真の敵は変わらなかった。

シャドウラビリンス。

将来現れる最悪の災害。

デジールはまだ本当の敵について話していません。

これは、⾃分がリターナーである理由を説明せずに、他⼈を説得するために努⼒を費やす理由はないと判断したため。

「準備を始める時が来たな」

デジール⾃⾝の⼒は、この来るべき災害の決定的な要因になるでしょう。

この計画を実⾏に移すと、デジールは段階的に最終⽬標に到達することが出来ます。



 

  • とある酒場

プリレチャ王国の⼈⾥離れた村。

この村には観光客や商⼈が頻繁に訪れました。

⿊ビール 。

この村には居酒屋が1つしかありませんが、このビールの味は有名でした。

「ねえ、ハンス。あのニュースを聞いたか?」

とても暑い夜。

⾸都からのいくつかのニュースが到着し、村はいつも以上に賑やかでした。

「何かあったのか?」

「嘘だろ?新聞を読んでいないのか?」

彼らは首都で起きた事件について話していた。

それは歴史書に記録されるほどの重要な出来事でした。

起こったことの噂はすでに⼤陸全体に広まっていた。

居酒屋全体が騒々しい中で、ハンスは一人の客に違和感を感じます。

「あの男は誰だろう?」

居酒屋の隅で、誰かがビールを飲んでいます。

彼はフードを被っていたので、顔を⾒るのはほとんど不可能でした。

ハンスの友⼈は声を低くした。

「・・・彼はここに数⽇間滞在している⾒知らぬ⼈です。誰も彼の顔を⾒たことがない」

⾸都での事件のため、かつて訪れていた商⼈は最近は来ていません。

観光客や旅⾏者は⾔うまでもなく。

友⼈がハンスの⽿に囁いた。

「誰かが彼をアウターとして通報した。明⽇までに返事が来るはずだ」

「え?お前は彼がアウターだと⾔うのか?」

「声を抑えろ!」

フードの男は相変わらず静かにビールを飲み続けていた。

 



 

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...