2度生きるランカー

二度生きるランカー【80話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は80話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

80話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 槍武神

カインは⼀晩中部族の質問に悩まされていた。

彼がセミランカーを倒したと聞いたので、みんなが好奇⼼旺盛です。

それが起こるたびに、彼は疲れていると⾔い、エドラが皆を押しのけました。

武王が与えたポーションで少し回復しましたが、それは彼の体に与えられた全ての損害が突然消えたという意味ではない。

しかし、怪我が必ずしも悪いことではありませんでした。

⾃分の体を癒すために魔法を⼊⼒し続ける必要があり、その為、カインは休むことなくマナを回復した。

体から⽼廃物が放出されると、新しい回路が開き、すでにそこにあった回路はより頑丈になりました。

シャノンとの戦いを振り返りながら体を癒す。

「先見の明」を使って戦いに勝つことはほとんどなかったが、そのスキルがなければ負けていただろう。

焦点と第六感。

武王が自分に与えた宿題を評価する。

八極拳と天国の翼を完全にマスターする⽅法について熟考した。

パントとエドラは、カインが深く考えている事に気づき、静かに部屋を出る。

二人は今回の戦いが武道家にとってどれほど重要かを知っていました。

これを通して、彼は成⻑を経験するでしょう。

「俺はかなりひたむきに頑張ってきたつもりだが、兄貴と⽐較することすら出来ない」

パントは廊下を歩いているときに⾸を横に振った。

カインを⾒るたびに、決意を固めたおかげで、こんなに短い時間で成⻑できたと感じた。

彼は⾃分の限界を乗り越えようとし続けたので、それは少し危険だとさえ思う。

まるで何かに追われているように。

彼の⽬標は何なのだろうか?

「そうそう。今⽇はフランクが来ることになっている⽇ですか?」

フランクは武王の弟。

そして別の名前、「槍武神」の名前で知られていました。

青花島を監督する武道の⼀⼈。

一角部族をこの戦争に引き込んだ⼈物。

彼は今朝、訪問するというメッセージを送った。

武王の演技で半分は姿を消しましたが、町はとても⼤きく、部族のメンバーは簡単に泊まる場所を⾒つけることができました。

そして驚くべきことに、街は平和でした。

レッドドラゴンは反撃を行わなかったから。

それは一角部族の強さを知っているからでしょう。

武王の存在を彼らは警戒していた。

フランクはこれを知っていて、彼の利益のためにこれを使⽤しました。

部族との関係を公然と明らかにし、レッドドラゴンに警告する。

それは政治的な動き。

武王は槍武神を嘲笑しましたが、彼らは兄弟であったため、武王は彼の要求を否定しませんでした。

パントとエドラは槍武神と良い関係を築いています。

「とりあえず、あなたはここで兄貴の世話をして下さい。フランクも彼に会いたかったようですので」

エドラはため息をつき、カインのいる部屋のドアを静かな⽬で⾒た。

突然。

ドアが破裂してカインがいなくなった。

彼は急いでいるように⾒えた。

エドラは何が起こったのか尋ねる前に、ホールの窓から⾶び出したカインを追いかけます。

彼女は何か悪いことが起こったと感じた。

最初に兄と⽗に話すのが賢明だったのかもしれないが、彼⼥は⻭を⾷いしばってカインを追いかけた。

 



 

  • 異常事態

カインは崩壊都市をあっという間に通り過ぎ、11階のステージを通り過ぎた。

可能な限り全力疾走し、魔法回路が再び過負荷になり始める。

しかし、それでもカインは走り続けた。

南に向かうことにのみ焦点を合わせて。

「いったい何が起きた?」

カインには⾒えなかったが、いくつかのことに繋がりを感じることが出来た。

一角部族の村にある神話上の獣の卵と、もう1つはピッピへのもの。

はピッピと卵が何を考えているのかを、少しだけ感じることが出来た。

近づくにつれて、繋がりも強くなります。

卵との繋がりは弱くなり、ピッピとは強くなる。

カインは戦争で忙しかったので、彼らに連絡することが出来ないでいた。

時間があれば、彼らに会いに行こうと思っていましたが・・・。

たった今、繋がりを通して、カインはピッピの不吉な考えを捉えた。

表現するのが難しい感情。

恐れ。

恐怖。

それは、ピッピの普段から明るく幸せな考えとは完全に異なっていた。

フェニックスに何かが起こったことに気づく。

フェニックスを傷つけるのは誰?

伝説の獣は下の階で最強の存在。

⾼位のプレイヤーでさえ簡単に倒すことが出来なかったので、彼らは放っておかれました。

11階は戦闘部隊と⼀緒に無数のランカーで溢れている。

クラムは唯⼀の静かな場所でした。

他の場所は、2つの⽒族間の緊張に満ちていました。

何⼈かのランカーがフェニックスに挑戦しようとするのは不思議ではありません。

伝説の獣は危険でしたが、それを打ち負かすのだけの価値があったから。

所有する内丹は貴重。

「どうして俺は予想していなかった?」

⾃分を責める。

戦争についてもう少し考えていたなら。

しかし、カインは武功を訓練することに夢中になっていたので、ピッピとフェニックスのことを完全に忘れていました

南に近づくにつれて、ピッピと彼の繋がりは深まる。

ピッピが恐怖に震えているのを感じることが出来た。

「フェニックスの存在を感じられない」

不安が彼の頭を満たします。

 



 

  • 惨劇の後

[あなたは「フェニックスの領⼟」に⼊った]

しかし、フェニックスの視線を感じることも、頭の中にある彼⼥の声を聞くことが出来ません。

フェニックスの領⼟は完全な荒れ地へと化した。

⽊々が倒され、神話上の獣の死体がいたるところに横たわっています。

誰かがいた。

(彼は少なくともバハルのレベルにいる)

そしてカインが⼊ったとき、フェニックスの巣は完全に破壊されていました。

⼊り⼝は落ちた岩で覆われて、⽕と剣の兆候が至る場所に。

ここで残忍な戦いがあったことは明らかでした。

ビグリッドを引き抜く。

無駄にする時間はありません。

ピッピとの繋がりは消えかけている。

魔⼒を最⼤化し、強⼒な⾵を放って、通り抜ける道を作った。

崩れた岩の向こうに、カインは奇妙な空間を⾒た。

輝く光の障壁は、岩をかろうじて遮っています。

障壁の中で、カインは血だらけのピッピを発見した。

いつ止まっても不思議ではない鼓動を感じる。

 



 

フェニックスは死んだようですね・・・。

カインが母親を感じた相手なのに、この展開は辛いですね。

幸いにも、ピッピはまだ生きているので、彼だけでも助けたいところです!

 

 

二度生きるランカー【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...