2度生きるランカー

二度生きるランカー【79話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は79話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

79話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 今後の課題

「ごほっ・・・」

シャノンの⼝から⾎が流れ出す。

普通ならば、誰もが死を恐れるはずなのに。

「・・・笑っている?」

唇が震えていたが、確かにシャノンは微笑んでいた。

「良かった・・・。これで部下が・・・⽣きていける・・・!」

「あなたは死ぬことを恐れていないのですか?」

「もちろん怖い。私は・・・⽣き続ける為にあらゆる事を行ってきた」

「それなら、何故?」

「突然・・・、私は恥ずかしくなったのだ・・・。武王を⾒て・・・、私は・・・」

シャノンは部下を大切にしていた。

最初から、彼は⾃分の⼈⽣を気にしていなかった。

いいえ、以前は気にかけていたが、それでも部下を救うために考えを変えた。

弟の⼈⽣にシャノンのような⼈がいたら。

シャノンは満⾜のいく表情を⾒せ、息絶えた。

「お兄様」

エドラが駆け寄ってカインを⽀える。

パントは、「化け物がさらに⼤きな化け物になった」と呟いていた。

セミランカーを倒すことはとても意味のある事。

又、パントは知っていた。

カインが最も重要なカードを隠していた事を。

チュートリアルで⾒せた⿊い剣、及び、獲得した全てのアーティファクトは使⽤されませんでした。

「頑張りましたね。⾒ていて楽しかったです」

カインは武王が投げた瓶を捕まえて飲んだ。

痛みは徐々に消え、魔法⼒がゆっくりと再⽣する。

気分が良くなった後、武王に質問をした。

「焦点とは何ですか?」

カインは間違いなく⽋陥を刺したが、それらは消えて、どこかに現れた。

「偽物です」

「いいえ、あれは動きを偽造することとは⼤きく異なっていました」

「同じ概念です。唯⼀の違いは、それが可能性なのか現実なのかという事」

「・・・?」

武王はどのように説明すべきかを考えました。

「敵の剣があなたにほとんど触れたとき、剣には多くの「可能性」がありました。攻撃か防御に使⽤されるかどうか。それはより多くの可能性につながる可能性があります。理解出来ますか?」

カインはうなずいた。

「では、これらの多くの可能性から選ぶとき、どのように選びますか?」

「状況に合ったものを・・・」

「焦点は可能性を選択する⼒です」

「・・・可能性」

それは先⾒の明に似ていた。

「実際、簡単ではありません。剣を振るたびに、さまざまな可能性を⾒なければなりませんから。間違えると、一瞬で死ぬ可能性さえあります」

武王はニヤリと笑う。

「マナを極限まで訓練したプレイヤーが得る力です。そして、焦点も実際にはそれほど完璧ではありません。あなたが特定のレベルに到達し、第六感が向上すると理解出来るでしょう」

カインが改善できる2つのこと。

焦点と第六感。

しかし、両⽅とも極端な訓練を通して達成しなければいけない。

カインは拳を握り締めた。

シャノンが⽰した感覚を自分も持ちたかった。

その後に。

(継承プロセスを終了する必要がある)

やることは多いけれど。

カインは強くなる⽅法がたくさんあることに満⾜していた。

重い体を押し上げ、シャノンをソウルコレクションに加えた。

「彼の部下たちは・・・」

武王は、カインが何を⾔おうとしているのかを知っているように、彼の言葉を振り払った。

「私は弱い⼈を襲うほど邪悪ではありません。⼼配しないでください」

それは彼がシャノンの部下を放っておくことを意味した。

カインは黙ってうなずいた

久しぶりに全⼒を尽くした後、ただ休みたいと考えていた。

そして、青花島とレッドドラゴンの最初の戦いが終わる。

 



 

  • 大きな話題

クラムの知らせはタワー全体に広がり、⼈々は恐怖に震えた。

一角部族の予期せぬ参戦。

そして、ニュースの広がりとともに、青花島も彼らの剣を抜いた。

その過程で、彼らはレッドドラゴンの⽀持者も排除した。

レッドドラゴンも動き始める。

11階は捨てるだけのカードでしたが、簡単に後退するのを彼らは好きではないから。

そして他のニュースが広まり始めた。

セミランカーのシャノンと他の2⼈のプレイヤーがホーダーに⽴ち向かい、死亡したこと。

⾼層階ではそれほど⼤きなニュースではありませんでしたが、低層階では⼤きな重みがあった。

 



 

  • レッドドラゴンの動き

バハルは、フレイムビーストの副リーダーが提出した報告書を読んで、苦く微笑んだ。

一角族の助けを借りて、青花島は11階の⼟地の80%を占領した。

レッドドラゴンのプライドは⼤きく傷つき、夏の⼥王が最も怒っていました。

冷たくて理性的だったバハルは、その理由を理解出来なかった。

フレイムビーストは影のように行動した。

そして、ブレイズ、アナコンダ、レイヴン、ウルフ分隊などの戦闘部隊も同行します。

彼らは11階の⾸都を⾒下ろしている。

彼らの使命は、その都市のすべての⽣命体を取り除くこと。

そして、レッドドラゴンが街の頂上に到着した。

 



 

  • 刀武神

刀武神は道に沿って歩く。

戦争は既にに始まっていたでしょう。

一角部族の参加により、レッドドラゴンはおそらく今苦しんでいるはず。

彼はすべての混乱の中で、ある計画を実⾏した。

伝説の獣は塔を象徴する⽣き物。

もしも彼ら全員が死んだら?

⼤混乱は免れないでしょう。

それが青花島の勝利を保証する確実な⽅法。

「移動します」

彼の命令で、無数の影が動き始める。

彼らはその地域のすべての獣を殺した。

刀武神の唇が震える。

どこかでフェニックスを感じることが出来たから。

 



 

  • フェニックスの予感

[・・・何かが起きている]

フェニックスは⾃分の領⼟で起こっている混乱に⽬を細める。

彼⼥は⼈⽣で初めて、簡単ではないかもしれないと感じた。

⼦供たちは忙しく遊んでいて、⾛り回っていて、世の中を気にかけていません。

すると、⺟親の視線を感じていたピッピが頭を傾けた。

 



 

ギリギリでシャノンに勝利したカイン。

今後の課題も見えた彼にとって、今回の戦いは大きな経験になったでしょう!

一角部族の活躍で青花島が有利な状況。

そんな中での刀武神の暗躍。

フェニックスは果たして無事なのでしょうか?

 

 

二度生きるランカー【78話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は78話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【80話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...