2度生きるランカー

二度生きるランカー【76話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は76話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

76話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 敵襲

シャノンは慌てて、外に⾶び出した。

彼の頭はただ⼀つの質問で満たされていました。

どうして?

「彼ら野蛮⼈は他の部族に⼲渉しないはず!」

彼は戦争のための戦略を⽴てることを忘れていました。

それは、一角族の到着がどれほど衝撃的であったかを物語っています。

彼らをサポートするシングルランカーはいません。

クラムが彼らの⼿に渡った場合、レッドドラゴンは間違いなく戦争に負けるでしょう。

シャノンは、到着した⼈々の中にランク付きがいないことを望んでいました。

そうすれば、彼らは流れを変えるチャンスがあります。

少なくとも、武王がここにいないことを望んでいました。

しかし、シャノンが外に到着すると。

彼は世界が破壊されるのを経験しなければなりませんでした。

⽉明かりに照らされた夜、敵は隕⽯のように落下していた。

彼らが建物に着陸すると建物は倒壊し、寺院に着陸すると寺院は倒壊する。

彼らは邪魔だったもの全てを破壊した。

それが建物であろうとプレイヤーであろうと、彼らは全てを破壊しました。

「歌うハンマー?そして電気技師!なぜ彼らはが?」

歌うハンマー、サイロン、そして電気技師、トリビア。

ある⽇静かに姿を消した2⼈のランカーは、防御のために設定された全ての罠とメカニズムを破っていました。

そして、さらに馬鹿げたことが。

 



 

  • 歩く災害

要塞の遠くの屋上に、誰かが⽴っていました。

シャノンをその場で凍らせたオーラ。

全ての⽝⻭を明らかにした笑顔。

武王。

かつて「歩く災害」と呼ばれていた男がここに。

「そんな馬鹿な・・・」

シャノンは⾔葉を続けることが出来ません。

嵐はクラムを完全に覆うのに⼗分な⼤きさになり、それはすべて武王の拳に集まった。

武王が拳を打ち抜くと、凝縮した空気がすべて膨張し、爆発を引き起こした。

爆発は要塞を灰に、そしてそれを取り巻くすべてのものも同時に。

部族を封鎖するために動員していたレッドドラゴンのプレイヤーは、反撃すら出来ません。

この光景を遠くから⾒守っていたシャノンは⼀⾔も⾔えなかった。

「あのクソリーダー!」

一角族のメンバーは彼らの王に怒りを露わにしていた。

武王がすべてを破壊したので、彼らは何も出来なかったからです。

しかし、武王はにやにや笑いました。

「怒っているなら、あなたたちも何かをしませんか?」

この時点で、レッドドラゴンのメンバーはモチベーションを失っていました。

彼らの勇気も消えました。

台⾵や地震のような⾃然災害を止める事は出来ません。

シャノンにはもう⽴つ⼒がありません。

すると突然。

武王はシャノンがどこにいるかを発⾒し、一瞬で接近した。

「ねえ」

彼はまるで親友を呼んでいるかのように⾔った。

「は、は、はいぃ!!」

気づけば彼のズボンは濡れていた。

「あなたは⽣きたいですよね?」

彼の全⾝は恐怖から震えていましたが、武王が⾔っていることに気づきます。

「はい、⽣きたいです・・・!」

シャノンは他に何も考えられませんでした。

彼が考えていたのはここから逃げることだけ。

⽬の前の怪物から逃げたかった。

武王はその答えを期待しているかのように微笑んだ。

「それなら私はあなたにチャンスを与えます」

武王は再び微笑み、⻭をむき出しにした。

 



 

  • 武王の提案

「・・・彼らは危険だ」

一角族のパフォーマンスはあまりにも素晴らしかった。

11階の最⼤の都市であるクラムが征服されるのあっという間でした。

実際、街を破壊するのにたった5分しか経過していません。

一角族の戦争戦術は単純でした。

⼒で壊す。

⼀⾔で⾔えば、彼らは無敵でした。

そのうえ。

「武王が太陽を割ったときにも⾒たが・・・。あの打撃・・・。あれは俺がコピー出来るものではない」

武王がもたらした打撃は、残像のようにカインの頭に残った。

街の半分を爆破する可能性のある⼀撃「ブレイクヘブン」

武王はおそらく彼に、そのレベルの強さに到達するために彼が⼀⽣懸命修行しなければならないことをカインに⽰したのでしょう。

⾃信がなかったら、諦めるべきだと。

もちろん、カインにそのつもりはない。

彼が努⼒を続ければ、いつかそこにたどり着くでしょう。

エドラは眉をひそめながら静かに不平を⾔った。

「父は何をするつもりですか?彼が戦場を⽀配し続けるならば、お兄様は戦う機会がありません」

エドラは、武王がカインに⾮常に期待している事を知っていました。

武王は、カインが好きなだけ戦うことを許可すると断⾔していた。

その瞬間。

彼らがいた要塞に何かが⾶んできた。

それは武王でした。

「お⽗さん?」

彼はまるで近所を散歩したばかりのように⾒えた。

武王は⼿に持っていたものを地⾯に投げました。

シャノンを含む5⼈のプレイヤー。

彼らはレッドドラゴンのトップランクのプレイヤーでした。

しかし武王の前では、彼らは尻尾を⾜につけた⽝のように⾒えます。

そして、武王はあごでカインを指さした。

「戦え」

「えっと、どういう・・・?」

彼らの視線はすべてカインに向けられた。

武王は⾮常に⾯⽩がっているように笑った。

「あの男と戦ってください。あなたが彼を倒したら逃します。どうだ?」

「・・・!」

武王が投げたばかりの爆弾の真っ只中に。

パントはまたとんでもないことをしている⽗親を⾒ながら⾸を横に振った。

「・・・はぁ。あの老人は」

 



 

クラムがあっという間に壊滅しましたね・・・。

これが一角部族の力!

大半は武王の功績でしたが汗

武王の提案は5人のランカーとの戦いですが、これまでの印象だと、シャノンはあまり強くなさそうですが、どんな展開になるでしょうか?

 

 

二度生きるランカー【75話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は75話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【77話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は77話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...