2度生きるランカー

二度生きるランカー【75話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は75話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

75話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 八極拳の習得

「私を呼びましたか?」

カインは武王の側に⾏きました。

「彼らと話すのが面倒そうだったからな」

「いいえ、⼤丈夫です」

「私がお前を呼んだ理由は、クラムを包囲する前に、八極拳を教えるためだ。今から、⼀度に⼀つの動きを教えます。前にも⾔いましたが、同じ動きを⼆度教えません」

カインの⽬が輝いた。

戦いが終わった後に武王のレッスンが始まると思っていたので、予想よりも早く学ぶことが出来そうです。

「最初に学び始める前に。なぜ私がお前にこれを教えようとしていると思う?」

カインは躊躇うことなく答えた。

「解放魔法⼒の効率を上げるためではないですか?」

武王は満⾜したようにうなずいた。

「正解です。武功とは、戦闘スキルを⾼めることです」

それは彼が天国の翼のマナコントロールを作ることからすでに知っていた。

魔法の⼒の蓄積に耐えることができる器、体を持たなければなりません。

カインは武功も魔法の⼒を解放することだと考えていました。

武王はニヤリと笑う。

「私が教えようとしている八極拳は最も優れた技の1つであることを意味します。何故かって?私が作ったからです」

武王は自画自賛した。

「つまり、あなたは本当に感謝すべきだということです。八極拳を学んだのは2⼈だけ。そして、あなたで三人目です」

つまり、八極拳を学んだ⼈々が、武王の⼒を引き継ぐ者でした。

「八極拳は単純な拳スキルではありません。どんな種類の武器でも機能します。使⽤する武器を選択するのは好きではないからね」

武王はもう⼀度⾃慢した。

「これからは⼀歩ずつお⾒せしますので、よく⾒てください」

カインは龍魔眼を使って動きを追う。

[龍魔眼の習熟度が向上しました。27.6%]

「これは、八極拳の最初の段階合計32ステップのうちの最初のステップです。理解出来ましたか?」

武王は悪魔のように微笑んだ。

それが最初の段階であったとしても、初⼼者は⼀度⾒ただけでは覚えられないでしょう。

彼が⼀度だけ⾒せると⾔ったのは、ただの冗談でした。

カインが⼿順を覚えられなかった場合、彼はそれを使って⾃分の「素晴らしさ」を⽰すことを計画していた。

しかし。

「はい。すべて覚えました」

「・・・え?」

カインは⾃信を持ってうなずいた。

武王が困惑した⾔葉を出すと、カインは武王が⾏った動きを真似た。

それらはまったく同じで、完璧でした。

「こんな事が・・・!?」

基本的な⼿順をコピーするのは簡単ですが、細部までコピーするのは困難です。

しかし、それはカインには影響しませんでした。

カインが龍魔眼を使ったことを知らない武王にとって、それは驚異的な光景。

(彼は私が思っていたよりも怪物だ!)

武王はすべてが正常であるかのように笑いを装う。

「よく出来ました。これで混乱していたら、あなたは私の弟⼦に相応しくありません。次のステップに進みます」

 



 

  • 呼び方の変更

カインはクラムが⾒えるまでに最初の段階の32ステップを終えていた。

武王、エドラ、パント、そして他の戦⼠たちは⼝をそろえて⾒つめていました。

「ええと・・・予想通り!あなたが私の弟⼦なら、これくらいの事は当然です」

「彼は慌てています」

「彼は⾮常に不快そうです」

「エドラお嬢様はどうやってあのような怪物を⾒つけたのですか?」

武王への欲求不満を感じていた⼈はみんな幸せそうな表情でした。

カインはマナの循環がスムーズになったように感じた。

もちろん、基礎を学んだばかりなので、⾃然になるまでには少し時間がかかりますが、もっと訓練すれば解決出来るでしょう。

(使ってみたい)

自分がどれだけ変わったか。

「陛下」

「先生です」

「・・・?」

「私を先生と呼んでください」

「・・・OK。先生」

「他に何か欲しいものが?」

カインは真剣な表情で武王を⾒た。

「このクラムでの戦い、私に任せてもらえますか?」

「何?ははは!」

武王はもう驚かなかった。

この⼦供の欲望はどこまで届くのだろうか?

カインが八極拳を試したかったからだと推測するのは容易です。

しかし、武王は強く拒否した。

「出来ません。一角族の他のメンバーも実力を試してみたいと思っています」

武王が他の戦⼠を鋭く⾒ました。

彼らは皆熱狂的にうなずく。

獲物を決して⼿放さないように。

仮に武王が許可を与えたとしても、彼らは命令を無視するでしょう。

「そして同じことが私にも当てはまります」

カインは目を輝かせている武王の⽬を⾒た。

「しかし、あなたがどれだけ武功を学んだかを知る必要は確かにあります。うーん・・・」

戦⼠を落ち着かせ、カインのスキルを確認する⽅法。

彼はある名案を思い浮かべた。

「じゃあ、これはどう?」

 



 

  • シャノン

彼らは「ホワイトドラゴニアン」と呼ばれていました。

レッドドラゴンの81のグループのうち、序列8位。

チームリーダーであるシャノンは、この状況をまったく好まなかった。

彼は下階のプレイヤーを嫌っている。

彼らが強いプレーヤーに対して弱く、弱いプレーヤーに対して強いのを⾒たとき、彼は吐き気を催したように感じました。

だから彼は、住⺠を哀れだとしか思えなかった。

シャノンはバハルを尊敬し、いつかフレイムビーストになりたかった。

しかし、彼は跡形もなく突然姿を消した。

彼が次に何をしようとしているのか誰も知らない。

「戦争が始まる前に彼に会えたら良いのだが」

ドンっ!!

彼はバランスを崩して倒れたが、すぐに杖を使って起き上がる。

普通の爆発ではありません。

彼は⾚い炎と⿊い煙が空に昇るのを⾒ました。

「誰がこんな事を・・・?」

ドアが破裂し、彼の部下が⼊ってきました。

「悪い知らせです、リーダー!敵が攻撃をしました。それが・・・」

「誰だ?青花島?」

「そ、それは⼀⾓族です!」

「・・・何?」

シャノンの顔は思いがけない⾔葉に固まった。

 



 

初期段階ですが、一回で覚えれるカインは凄いですね!

それとも、龍魔眼の能力が優秀過ぎる?

珍しく、武王も驚いていますよね笑。

クラムをカイン一人で攻略すると思っていましたが、少し展開が違うようですね・・・。

次回は一角部族の実力が披露されるのでしょうか?

 

 

二度生きるランカー【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【76話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は76話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...