2度生きるランカー

二度生きるランカー【74話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は74話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

74話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 武王の実力

弟の⽇記には、⾼位のスキルについては何も含まれていません。

しかし、カインは⾃分の⽬で確認したかった。

特に9人の王の頂点に⽴った武王の強さを。

「はぁ・・・。先⽣になるのは本当に簡単なことではありませんね。うーん。何を⾒せたらいい?」

昔々、彼は多くの異なる武功を知っていて、それら多くの数を習得したので、「歩く図書館」と呼ばれていました。

それから武王は考えた。

彼がカインを教えることを計画していた武功は八極拳だったので、彼はその⼀部を⾒せる。

「私は普段、これを他の⼈に⾒せません。あなたのためだけに見せるので、注意深く⾒てください。これは、ブレイクヘブンと呼ばれる八極拳の⼀部です」

武王は位置を取り始めた。

突然、彼の周りの雰囲気が変わり、重くなりました。

カインの⽬は武王に固定され、龍魔眼で全てを⾒た。

彼の呼吸、マナ循環、筋⾁の動き、そして彼の⾏動を。

カインの将来の⽬標は彼の⽬の前でした。

そして、武王の中に眠っていた獣が現れる。

武王の存在は巨⼈のように成⻑し、まるで彼だけが世界に存在するかのように。

エドラは青褪め、後退した。

彼⼥は⾝を守るために地⾯に剣を突き刺します。

カインでも安定を保つのは⼤変だった。

魔法回路は狂ったように体の中で暴れ回る。

彼の視線は、まだ武王にありました。

まったく新しい世界。

武功を超えた強さ。

カインが到達しなければならなかった頂上はすぐそこにありました!

武王は⼿を引き上げました。

彼の⼿は⻘みがかった光を放ち、空中に線を引き、空の太陽を切り裂いた。

その後。

ヒュッ

太陽が・・・、2つに分かれます。

「・・・!」

カインは信じられないほどの光景に⽬を広げた。

エドラは自分の⼝を⼿で覆った。

無⾳の悲鳴が響き渡る。

2つに分かれていた太陽がバラバラになり、闇が降りてきました。

世界は暗闇に溺れる。

光は1つもありませんでした。

そして、⼿品のように、太陽はその場所を取り戻し、世界は再び光を得ることが出来た。

カインは⾔葉を超えてショックを受けました

「あんなことが・・・可能なのか?」

力の差が⼤きすぎて、龍魔眼でさえ追いつくことが出来ません。

「ふぅ!⼒を使うと肩が少し痛くなります。見ましたか?」

武王は肩を回しながら話します。

「私たちは今夜出発するので、遅れないでください。エドラ、あなたは彼に⾷べ物を与えなさい。OK?私は休憩します」

その不可解な出来事が起こった後、武王は静かに姿を消しました。

「いつか・・・」

新しい種類の情熱がカインの⼼に⽕をつけた。

「いつか私は彼を超えます」

彼が克服しなければならなかった夢が、初めてカインの⼼の中で生み出された。

「あー疲れた」

カインとエドラが⾒えなかった場所で。

武王は⾃分が⼀⼈だと思ったとき、右腕をマッサージしました。

[なぜあんな⾃慢をしたの?]

霊媒師は彼を叱った。

「でもホン、⾃分の弱点を⼦供に⾒せられないですよね?」

彼はニヤリと笑った。

[彼のモチベーションが無くなったらどうするのですか?]

「その時はその時までです」

武王は冷たい⼝調で話した。

武王の⽬には期待が⾒えた。

2⼈の弟⼦が出会ったら、それを⾒るのも楽しいでしょう。

この戦争の間に沢山の⾯⽩いことが起こるだろうと思わずにはいられなかった。

 



 

  • 開戦

夜が来た。

武王が戦争の始まりを告げると⾔ったのはその夜でした。

メンバーの総数は約500⼈。

その⼀⼈⼀⼈が戦⼠でした。

数が少ないにも関わらず、彼らが放ったオーラは1万⼈の軍隊に匹敵した

武王がスピーチを始めた。

「私たちが外に出てからしばらく経ちましたので、皆さん怖いですよね?ズボンを濡らしていませんか?私が皆さんをチェックします」

彼の演説は真⾯⽬ではなく冗談でいっぱいだった。

戦⼠たちは王と⼀緒に冗談を言い合う。

一角族が最強の軍事⼒として留まることができた理由は、この怠惰のためでしょう。

彼らは間違いなく⾃分たちが負けるとは思っていません。

そして彼らの⽬は武王を⾮常に尊敬していました。

「死なないでください。もし死んだら、私はあなたたちを地獄まで追いかけ、⽿を引きずり戻します。分かった?」

「かしこまりました!」

「それでは⾏きましょう。遊ぶ時間です」

武王が叫び声を上げた後、戦⼠たちは事前に与えられたチケットを破りました。

カインも全⼒で⾃分のチケットを破った。

開戦が始まる。

 



 

  • サイロン

都市クラムまで。

彼らは休むことなく旅することを計画した。

⽉明かりだけが彼らのために輝く。

「⾃⼰紹介をしませんか?私はサイロン」

突然、カインの前に何かが近づく。

ハンマーの下には、ハーフリングの⼩⼈がいた。

サイロン。

彼は有名なランカーとして広く知られています。

ハーフリングとドワーフは似たような体格です。

ドワーフの顔はとても筋⾁質でしたが、ハーフリングは⼦供のような顔をしています。

サイロンも例外ではありません。

外⾒は⼦供のような姿でしたが、実は⾊々なことを経験した元気なお年寄りでした。

「カイン」

カインはサイロンをちらっと⾒て、またまっすぐ前を向いた。

サイロンは困惑した表情で彼を⾒る。

その態度にサイロンは眉をひそめる。

「うーん。他のゲストに会ったことがありますか?実はあなたを歓迎するためにパーティーを開くつもりでしたが、あなたはアーカイブに3⽇以上滞在していたので」

サイロンが彼と仲良くしたかったのは、武王が⾒たものを⾒ることが出来るだろうと思ったから。

しかし。

「カイン!こっちに来なさい!」

武王がカインを呼んだ。

カインはサイロンに頷き、武王がいた場所に姿を消した。

「大丈夫?」

サイロンを静かに追いかけていたクイズは笑った。

顔がフードで覆われていたので誰なのか分かりづらいが、皺は彼が⽼⼈であることを⽰していた。

「とにかく」

サイロンの⽬はイライラして⽬を細めた。

「彼の実力を⾒た後、彼が今までと同じ態度をとる余裕があるかどうかを確認します」

 



 

太陽を割るってヤバすぎます!!

武王一人で勝てるのでは?

それとも、カインが倒そうとしているのは武王のレベル?

そうだとすると、果てしないですね・・・。

 

 

二度生きるランカー【73話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は73話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【75話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は75話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...