2度生きるランカー

二度生きるランカー【70話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は70話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

70話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 2つの魅力的な報酬

カインの⽬の前にクエストウィンドウが現れた。

「八極拳?陰の剣?」

その二つが何であるかは分かりませんが、武王が直々に稽古をつけてくれると言う報酬だけでも十分に価値があります。

しかし、それに見合うだけの難易度です。

「4日以内に武功を会得か?なんてこった・・・」

自力で会得するという考えは確かにありましたが、ほんの数日間で達成する事は不可能なクエストにも思えます。

それにも関わらず、カインは拳を握りしめた。

エドラは⼼配そうにカインを⾒たが、彼の決意の⽬はかつてないほど明るく燃えていた。

「それで、どこに⾏けばいい?」

 



 

  • スキルアーカイブ

「ここがスキルアーカイブです」

カインは村の端にある建物に案内された。

4つの巨⼤な建物が⼀列に並び、⼊り⼝は強⼒な戦⼠によって守られていました。

エドラの付き添いがあるにも関わらず、カインはアーカイブに⼊る前に徹底的な検査を受けなければならなかった。

許可されている以外の建物に入れば処刑されると、エドラは言います。

そして、カインがアーカイブに⾜を踏み⼊れる。

「わあ!」

驚愕の叫び声がカインの唇から逃げ出した。

カインは膨⼤な量の本に圧倒される。

それは、塔での一角族の⻑い歴史の証拠。

「このアーカイブには、全ての武功のスキルの書物から、魔法の巻物、錬⾦術のマニュアル、及び古代の本に⾄るまで、あらゆる種類の⽂書があります」

スキルアーカイブの説明を通して、エドラの声は誇りに満ちていました。

⼤まかな⾒積もりでも、この場所には何百万冊もの本があります。

武功を会得するのに役⽴つ本を選ぶのに、多くの時間を浪費しなければならないでしょう。

カインの苦しみに気づいたエドラは⼼配そうな⼝調で話した。

「お兄様、本当は私も・・・」

「大丈夫。お前が俺を助けることが出来ないことを知っています。エドラが俺の為に交渉してくれた事に感謝している。お前がいなかったら、俺はこのアーカイブに⼊ることすら出来なかっただろう」

カインは本を精査する前に、2つのスキルを発動する。

【戦闘意志】

【龍魔眼】

この2つのスキルを使用する事で、カインは自分にとって必要な本の見極めと、膨大な知識量を即座に詰め込む事が出来ます。

自分の知らない単語、そして足りないものについて書かれている本を、彼は優先的に選ぶ。

カインは本全体を暗記することにした。

本に書かれている⾔葉や概念のいくつかを理解出来なかったとしても、異なる書物で同じ単語に遭遇すれば、それらの意味を理解出来るでしょう。

幸いなことに、【戦闘意志】の効果でカインの記憶⼒は⼤幅に向上していました。

「・・・」

カインが完全に夢中になっていることに気づいたエドラは、ゆっくりと彼の側に近づく。

カインが選んだ本は、全て武功の基礎を確⽴するための本でした。

彼⼥をさらに驚かせたのは、カインが現在読んでいる本。

(それは・・・腱変換経典ですか?お兄様はどうやってそれを選んだのですか?彼は事前に武功の知識を持っていたのでしょうか?)

腱変換経典は、最も基本的な武功の書物であり、内部鍛錬、武器の習得、フットワークを含むすべての武功の基礎でした。

この武功を学ぶことで、体の「外側」と「内側」の両⽅を鍛えることが出来ます。

したがって、それを習得できた場合に限り、様々な武功を学ぶための最も強固な基盤になります。

腱変換経典を理解するには時間がかかりすぎる為、現在では誰も読まない本でもありました。

しかし、エドラは他の⼈が知らないことを知っていました。

⼟台を築くのに時間がかかりますが、腱変換経典で研ぎ澄まされた体は、他の武功を⾮常に素早く⾃然に取り⼊れることが出来る。

(問題は・・・、時間が短すぎるという事)

エドラは⼼配そうな眼差しでカインを見つめた。

 



 

  • 新たな力

カインは腱変換経典を読み終えた後、すぐに別のスキルの本に⼿を伸ばした。

本を読み終えると、すぐに別の本を読み始め、それを終えた後、もう⼀度新しい本を⼿に⼊れ・・・。

カインは延々と読み続けました。

最初は⼀冊の本を読むのにかなりの時間がかかりましたが、読み終える本が多ければ多いほど、読む速度は速くなりました。

スピードだけでなく、難しい⽤語に関する理解も改善を⽰すようになります。

カインは習得した知識を魔法回路に応⽤し始めた。

その時。

[あなたは魔法回路の新しいコンセプトを確⽴しました。あなたは龍人族がまだ探求していない新しい分野を開拓しました]

[あなたは簡単には達成できない成果を上げました。追加のカルマが提供されます]

[あなたは新しい特性「マナフレンドリー」を獲得しました]

[新しい称号「パイオニア」を取得しました]

[新しい称号「マナに祝福されし者」を獲得しました]

[新しいスキル「マナコントロール」が作成されました]

いくつかのメッセージがカインの目の前を満たしました。

[98階の神々と悪魔が好奇⼼を持ってあなたを⾒始めました]

 



 

4日間しかない短い期間ですが、常に効率的に動くカインなら習得出来るでしょう。

最後のメッセージで98階という言葉が出ましたが、最上階は100階なのでしょうか?

謎がまだまだ多いので、これからが楽しみです♪

 

 

二度生きるランカー【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【71話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は71話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...