2度生きるランカー

二度生きるランカー【67話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は67話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

67話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 奇襲

当初、カインはそれを聞き間違いと思った。

「5日?15日じゃなくて?」

ドキドキする⼼を抑えて冷静さを保とうとしながら、カインはもう⼀度武道王に尋ねた。

「何故そんなに早いのですか?」

「どういう意味でしょう?」

「いいえ、ただ・・・。11階のプレイヤーはまだ準備ができていないようでしたから」

確かに戦争の話は聞いたが、その話に具体性は無かった。

「だから私は5日後と言ったのです」

「・・・?」

「私たちが戦争を始めるのです」

「・・・!」

その時、カインは彼の意図を理解した。

一角族が突然11階に現れ、警告なしにレッドドラゴンに攻撃を仕掛けた場合・・・。

それは虐殺になるでしょう。

武道王は笑みを浮かべます。

「私たちは隔離から抜け出すことを決めたので、最初の印象は大事ではありませんか?」

 



 

  • 計画の準備

「5⽇後か」

ホールを出た後、カインはゆっくりと考えを整理して通りを歩く。

戦争は彼が予想したよりも近かった。

カインは⽬の前で起こる戦争を考えて震える。

彼は戦争を恐れていません。むしろ、それは喜びから来た震えでした。

「ついに来た」

カインが剣を敵に向ける時が。

最前線に⽴つことが出来ないのは少し残念でしたが、⽚側に⽴って反対側を打つという考えだけで喜びに満ちていました。

もちろん、カインは自分の計画を誰かに伝える予定はありません。

それでも我慢できない笑みを浮かべる。

マスクで顔の表情が見えないのは幸運でした。

⼼を冷やすために、カインは武道王が⾔った計画について考え始めた。

「最初の標的はバラックから離れた都市クラムだと⾔ってたな」

クラムは11階にレッドドラゴンによって建てられた都市。

一角族が街を襲撃し、それを⼿に⼊れるとしたら・・・。

「武道王が望むように、彼らの強い印象を作り出すのに間違いなく⼗分でしょう」

カインは⾃分の現状を振り返った。

装備の修理と、これまで使用したスキルが戦争に通用するかの調査。

「5日間で成長することは可能なのだろうか?」

カインは⾃分のスキルと装備を調べて、改善の余地があるかどうかを確認した。

彼の頭に浮かんだのはイージスの盾。

同時に3つ以上のプレートを制御できれば⾮常に役⽴ちます。

しかし、たった5⽇以内で制御をマスターする⽅法がないことを知り、すぐにその考えを却下した。

カインは、マナをコントロールするために一角族が発展させた⽅法「ムゴン」について考
えた。

彼はパントとエドラに尋ねることを考えた。

「そう言えば・・・」

少し⼼配な思いが突然頭に浮かんだ。

「フェニックスとピッピにどのように伝えるべきだろうか?」

カインはすぐに戻ってくると彼らに約束したが、状況はその約束を守ることを許さなかったようだった。

「まぁ、11階に⾏くときに少しの間彼らに会いに行こう」



 

  • 予言の人物

「本当に大丈夫なのか、ホン?」

カインが去ったトーナメントホールの中で、武道王は頭を上げて空中に尋ねました。

会場には誰もいなかったが、⽿元に声が響く。

その声はカインが迷宮を一人で脱出した時に聞いた声と同じ相手だった。

その声は預言者の声です。

『星座はそう⾔っています。私が⾃分の予測を間違えたことがありますか?」

「そんな事はありません」

武道王は⾸を横に振った。

彼⼥が⾔ったように、現在の預言者は決して誤った予測をしていませんでした。

一角族がこの繁栄した時代に到達できたのも彼⼥のおかげです。

『彼が行ったことを思い出してください。彼は外部からの援助なしに私たちの迷宮を突破し、エドラの⽀持を得ました。彼はすでに可能性を⼗分に証明していると思いませんか?」

武道王はうなずいた。

彼⾃⾝も、迷宮を⼀⼈で通り抜けた⼈がいると聞いて驚いたのだから。

「私は彼にいくつか教えてみたいと思っています」

『彼を弟⼦にするつもりですか?』

武道の王様は笑顔でうなずきました。

「可能であれば、ね」

 



 

一角族は奇襲でレッドドラゴンを攻め入るつもりなのですね。

イメージ的に正々堂々と戦うイメージがありましたが、これは戦争なので間違っているとは思わないです。

残り5日間でカインはどこまで強くなることが出来るのでしょうか?

武道王が教えてくれれば、彼は格段にパワーアップしそうですね♪

 

 

二度生きるランカー【66話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【68話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...