2度生きるランカー

二度生きるランカー【65話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は65話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

65話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒドゥンクエスト

【ヒドゥンクエスト/雇われた戦⼠】
説明:最近のレッドドラゴンと青花島の対⽴は戦争につながり、塔の多くのプレイヤーが戦いの準備をしています。一角族は、その⻑年の中⽴性に終⽌符を打ち、傭兵として戦争に参加する準備をしています。

制限時間︓終戦まで
報酬︓
1.族との一角族との親密さ+150
2.⽉の種
3. ???

この申し出に驚いたのはカインだけではなかった。

⻑⽼たちと部族の他のメンバーも初耳のようです。

パントとエドラでさえ、驚いて武道の王を⾒ました。

それだけ深刻な問題なのでしょう。

カインは自分の心臓が激しく動いていることを感じる。

どちらのギルドにも復讐対象がいる今回の戦争に、彼は参加する方法を探していました。

今回のクエストは、カインの求めていたものです。

そして卵の問題も解決出来るという幸運。

(しかし、何故中立派の彼らが戦争に?)

彼が知る限り、⾮常に⻑い間、一角族は塔で⾏われた主要なイベントに⼲渉していません。

しかし、何らかの理由で、彼らは⻑年の習慣を捨てることを決意した。

(チョンファドの槍神(槍武神)。彼は⼀⾓族の出⾝でした)

おそらく、彼が関与しているのでしょう。

王に尋ねても、答えははぐらかされます。

おそらくそれが彼がワンホーン族が彼ら⾃⾝を巻き込むことに決めた理由でした。

しかし、今回の戦争で両ギルドは確実に疲弊するでしょう。

大きな抵抗なく彼らを殺すことが出来るかもしれません。

「もし私が戦争に参加したとしたら、私はどの役割を果たさなければならないでしょうか︖」

「まあ、そのように考えることは容易に想像できます。しかし、物事は⾒た⽬ほど簡単ではありません」

今回の戦争に傭兵として参加する事を、部族の全員が肯定しているわけではなかった。

武道王は、握りしめた⼿に頭をもたせながら微笑む。

「だからこそ、多くの⼈に助けてもらおうとしています。正直⾔って、あなた以外に9⼈くらいいます」

カインは少し考えた。

(彼はそう⾔うが、彼が実際に戦いに向かえば、数⼈の⻑⽼を除いて、すべての戦⼠が彼に従うでしょう)

一角族は王と部族への絶対的な忠誠で知られている。

しかし、どういうわけか、カインは王の申し出に答えることが出来ませんでした。

(彼が何を考えているのか分からない)

武道王がカインに提供した条件は、彼にとって好意的すぎました。

しかし、カインがこの問題について考える前に。

「いつまでそこに座って私を⾒つめるつもりですか?はい又はいいえ、あなたの答えを教えてください」

武道王は彼に決断を急いだ。

結局、カインは彼に答えた。

「参加します」

武道王は満⾜して頷いた。

部屋の残りの⼈々も武道王の決定に同意したようです。

パントとエドラだけが何か⾔いたいことがあるようでしたが、雰囲気のせいで⼝を開けることが出来ません。

 



 

  • 異議あり

「それでは・・・!」

武道王が最終判決を下そうとした瞬間。

「私は反対します」

ボディーガードの1⼈が前に出ました。

⻑⽼たちは⾯⽩がってボディーガードを⾒ている間、パントは眉をひそめて、エドラは冷ややかな表情を浮かべる。

武道王は異議を唱えたボディーガードに尋ねました。

「チャン。あなたの意⾒は何ですか?」

「お詫びします、王よ。けれど、11階をクリアしていない彼のような⼈を参加させる意味があると思えません」

チャンはイライラした表情でカインを睨みつけた。

その表情は、チュートリアルで会った時のパントとエドラのような雰囲気でした。

激しく抗議するエドラと、傲慢なチャン。

⼆⼈の間には緊張した雰囲気がありました。

誰かが彼らを⽌めなかったら、彼らはここで戦いを始めるようにも⾒えます。

「そこまで」

武道王の拍⼿で、好戦的な雰囲気はすぐに散らばりました。

「とにかく、チャン。あなたはカインを信頼できないと⾔っています、それは正しいですか?」

「はい」

「それなら、彼をテストしましょう」

「お父さん!」

エドラは武道王に叫んだが、彼は彼⼥の⾔葉を無視した。

「みなさん、5分でトーナメントホールに集まってください。そこで彼のテストを始めます」



 

  • 兄貴分

武道王の発表後、⼈々は宮殿から出ていきました。

パントとエドラはカインに近づく。

「ごめんなさい、お兄様」

「兄貴。状況が少し悪くなったかもしれない」

「⼼配するな。これは、俺がゲストメンバーとして参加した瞬間に必ず起こると分かっていた」

エドラの話によると、チャンはパントと同じ後継者の一人で、王になる可能性はパントよりも上の可能性がある。

チャンの目的は、兄貴分と慕っているカインを倒すことで、パントの失脚を狙っているとの事でした。

そして、彼は幼いころに塔の30階に到達していると言います。

カインは彼⼥が⾔いたいことを理解した。

彼⼥はカインに戦ってほしくなかった。

彼⼥は彼が怪我をするのではないかと恐れていた。

カインは笑顔を浮かべる。

二人が自分を心配してくれることを嬉しく思った。

「⽉の種が必要なら、私たちが⼿に⼊れますから・・・」

「心配するな」

カインは⼿を伸ばしてエドラの髪をしわくちゃにした。

エドラの⽬は驚きで広がる。

「⾃分で出来る。じっと座って⾒ていろ」

「で、でも・・・」

「兄貴に任せておけ」

 



 

一角族は戦いを専門とする種族なので、チャンのように快く思わない人は出てくるでしょう。

ここでカインの実力を示す事で、村の人々に信頼されて欲しいですね。

ちなみにチャンは30階まで到達したと言ってますが、エドラとパントの実力はどれくらいなのでしょうか?

それと、塔の最上階って何階なのだろうかと改めて思いました。

次回のバトルが楽しみですね!

 

 

二度生きるランカー【64話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は64話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【66話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...