2度生きるランカー

二度生きるランカー【64話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は64話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

64話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 聞き間違い?

「・・・?」

カインは聞き間違いと思い、目を細める。

「エドラを連れて⾏く?彼は結婚について話しているのですか?しかし、なぜ突然そんな事を?」

「お⽗さん!!」

⽗親の突然の質問に、エドラは彼に怒鳴りました。

普段は眉を上げないエドラが恥ずかしい表情で、顔全体が⾚く染まっている。

「エドラ、私たちの部族の伝統をもう忘れたのか?チャンスがあれば、良い⼈を奪わなければなりません。私があなたの年齢の頃、お⽗さんもお⺟さんと結婚しました・・・」

「私のプライベートにまで踏み込まないで!!」

「ははは。恥ずかしがる必要はありません」

エドラの雰囲気は、今すぐにでも剣を抜きそうな感じだった。

しかし、武道王は笑うのを止めないので、彼⼥はさらに怒る。

半分まで剣を引き抜くと、彼は笑うのを止めて大きな拍手をした。

「とにかく、私たちの村にゲストが来るのは久しぶりです。ゲストを外に⽴たせることはできませんね。⼊ってください。お茶を飲みながら会話を続けましょう」

 



 

  • 王の強さ

カインは武道王によって⼤きな部屋に案内された。

中はとてもシンプルで、一見ここが王の住む場所とは思えなかった。

カインは椅⼦に腰を下ろし、クッキーを⼝に持っていく。

あまり⾵味豊かではありませんでしたが、ローストした種のサクサク感とほのかなナッツ感が⾷欲をそそりました。

(考えてみると、パントとエドラが⾁を⾷べているのを⾒たことがないな)

そう考えていると、武道王が服を着替えて部屋に入ってきた。

絶妙な⾦⾊の刺繡で飾られた雄⼤な⿊い服装。

「遅れて申し訳ありません。これの服に着替えるのに少し時間がかかりました」

「よくお似合いだと思います」

「ははは。私も昔はたくさんの⼥の⼦を泣かせていました・・・」

武道の王はそれから、彼が昔どれほど素晴らしかったかについて⾃慢し始めた。

カイン以外の皆はこの状況に慣れているようです。

しかし、カインは彼を少しおしゃべりな⼈だと思っただけだった。

「さて、話に戻りましょうか?」

約15分後、武道の王は話題を戻しました。

カインは席から⽴ち上がって、正式な挨拶をする準備をした。

しかし、武道王は既にカインの情報を知っていた。

これまでの記録を全て覆してきた異例のルーキー。

彼はカインのこれまでの行動を全て把握していた。

思わず警戒を強めたカインは、席から飛び出した。

護衛も即座に警戒し、剣に手をかける。

部屋の⼈々は、予期せぬ出来事の変化に⼾惑っていたように⾒えた。

武道王はそれから命令的な声で話しました。

「座りなさい」

「・・・」

(動くことが出来ない・・・)

カインは⾒えない鎖に縛られているかのように動けなくなった。

冷たい汗が背中に流れる。

(彼は本物の怪物だ)

それでもカインは、怯まずに反撃の機会を伺う。

ゆるぎない精神に満ちた彼の⽬を⾒て、武道王は⼤きな笑顔を浮かべた。

『⼼配しないで。現在、事実を知っているのは3⼈だけです」

彼の⾔ったことから判断すると、武道王が秘密を他の⼈に開⽰することはないようです。

⻭を⾷いしばって、カインは落ち着いた表情で彼を⾒つめた。

雰囲気が安らいだことに安心し、護衛の警戒も弱まった。

長老たちはため息をつき、パントとエドラも呆れた表情を浮かべます。

「ごめんなさい、お兄様。私の⽗は意地悪で・・・、そして気難しい⽼⼈です。彼は⾯⽩い相手と思うときは、すぐに彼らを挑発し始めます。ですから、彼の不正⾏為を許してください」

「・・・大丈夫だ」



 

  • 取引

「それでは、ビジネスに取り掛かりましょう。ヤヌのメッセージのおかげであなたが抱えている問題を知っています。それはあなたが問題を抱えている巨大な卵のことですか?」

「はい、そうです」

そしてカインは卵をテーブルに置いた。

「メッセージを読んだとき、私は半信半疑でしたが、これは・・・」

「私は獣の卵についてすべて知っていると思っていましたが、こんな卵は初めて見た。この巨⼤な卵の中には何が⼊っているのだろうか?」

卵がテーブルに置かれるとすぐに、⻑⽼たちがその周りに集まり、調べ始める。

「彼らは私たちの部族の⻑⽼です。彼らがここで得た知識はあなたにも役⽴つはずです」

「彼らは解決策を⾒つけることが出来ると思いますか?」

しかし、武道王は肩をすくめて答えました。

「知りません。頭脳労働は私の専⾨分野ではありませんので。しかし、彼ら以上に知識を持っている人物を私は知りません」

カインはその答えから、武道王が⻑⽼たちに対して抱いていた深い信頼を感じた。

約1時間後、⻑⽼たちは話し合いを終えた。

「私たちの⽂書で同様のケースを1つ⾒つけることが出来ました。あなたの卵も、このケースに属していると思われます」

「それは何ですか?」

長老の話によると、卵の中身は伝説の獣と同じヴォイドドラゴンらしい。

カイン、武道王、パント、そして部屋にいたすべての⼈々が驚いて⻑⽼を⾒つめました。

4体の伝説の獣の1体であるヴォイドドラゴンは、その中で最強であることが知られていました。

パントは羨望の表情でカインを見ます。

そして、理由は不明だが、卵が異常に大きくなり過ぎているらしい。

これを治療するには、「月の種」というアイテムが必要だった。

カインはその状況に⼾惑った。

弟の⽇記から得た遺物や秘薬に関する幅広い知識にもかかわらず、「月の種」という名前の
アイテムを聞いたことが無かったからです。

エドラはカインの混乱に気づいたようで、⽉の種が何であるかを簡単に説明した。

「⽉の種は、私たちの部族内で世代から世代へと受け継がれてきた珍しいハーブの1つです。私たち以外の⼈種はその使⽤法を知らないので、⼀般的に知られているハーブではありません」

「どうすれば、⽉の種を⼿に⼊れることが出来ますか?」

カインは武道王に尋ねる。

月の種を一つ育てるのに15年かかります。

彼はそれを無償で渡す事は出来ないと言った。

エドラは何か⾔いたいことがあるようだったが、⻑⽼たちが彼⼥を⽌める。

約1分後、カインは慎重に⼝を開いた。

「ご覧のとおり、お返しに提供できる物はありません。私はどの⽒族にも属しておらず、後援も受けていません。少し時間を頂ければ・・・」

「お金では交換出来ません」

「・・・」

ヴィグリッドとイージスを除いて、どれも武道王の⽬を満⾜させることは無いでしょう。

カインがこの問題に苦しんでいたとき、武道王は突然笑い出した。

「実際にアイテムを交換する必要はありません。代わりに、私たちのために「⾁体労働」をして欲しいのですが」

それは現在起きている、レッドドラゴンと青花島の戦争に傭兵として参加する事だった。

 



 

闘いは起きませんでしたね(笑)

むしろ、王はエドラを貰って欲しいと言うくらいですし。

今のところ、女性キャラはエドラ以外少ないので、今後の展開に注目ですね!

そして卵の中身はドラゴンのようで、まだまだ孵化には時間がかかりそうです・・・。

カインはこのまま傭兵として参加するのでしょうか?

 

 

二度生きるランカー【63話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【65話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は65話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...