2度生きるランカー

二度生きるランカー【63話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は63話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

63話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 近道

カインは⾃分が正しい⽅向に進んでいることを確信した。

「これなら、⾃分でこの迷路を通り抜けることが出来るはず」

ヤヌの次のステップを⾒ていると、何らかのパターンがあることに気づきました。

その後・・・。

カインは迷路の終わり近くまで正しく推測し続けた。

ヤヌの⾜跡があった場所に残されたカインは、霧の端に通じるまっすぐな道があることに気づきました。

ヤヌを追う代わりに、探し出した道に向かった。

「え?な、なんで!?」

ヤヌの心配にも関わらず、カインは霧のエリアの終わりに到達することができました。

景⾊が広がると、家々が密集した丘を下った村を見た。

カインは頭の中で鳴る声を聞いた。

『あら・・・。部族の助けを借りずに部外者が迷路を通り抜けたわ・・・、あなたは誰?」

声はとても粗くて⽿障りで、⽼婦⼈を思い出させます。

『私が誰なのか知りたくてたまらないでしょ?⼼配しないでください、私たちはすぐに会うでしょうから。では、さようなら」

⾔いたいことを⾔った後、未知の声は消えました。

ヤヌの緊急の声によって、カインの考えはすぐに中断された。

「ああ!あなたは何をした?なぜあなたは私について来なかったのですか?」

ヤヌは幽霊のように⻘ざめた顔で⾛ってきた。

「近道をした」

「・・・え?」

何を⾔っているのか分からないかのように無表情で返事をした。

「あなたが⻑い道のりを進んでいることに気づきました。だから私は短い⽅法をとっただけです」

「・・・」

ヤヌは⼝を開けて⾔葉を呟くことが出来なかった。

「それは・・・、可能ですか?」

 



 

  • 一角族の里

迷宮はほんの数分間調べただけでは、部外者が理解できるものではありません。

ヤヌは、なぜカインが「怪物」と呼ばれたのかを理解するようになりました。

ヤヌの視線を無視して、カインは村に⼊って周りを⾒回した。

「多少違うと思いましたが、普通の⽥舎の村と⼤差ないな」

村の普通の姿に少し驚いた。

道路の⽚側には、広い畑が点在していて、⻨わら帽⼦をかぶった⼈があちこちで作物の世話をしているのが⾒えます。

ただの静かな⽥舎町でした。

カインは村⼈たちが自分を⾒つめ始めたことに気づく。

話し合っていた村⼈たちは、いきなりカインをキラキラと⾒つめ始めた。

彼らはヤヌが最初にカインと会ったときと同じ⽬をしていた。

村の奥深くに⼊ると、村中からカインを⾒るために多くの⼈々が集まった。

動物園で猿になったような気がした。

⾒た⽬で強さを評価している⼈もいれば、スパーリングをしたいという明確な熱意を⽰している⼈もいます。

「ちょっと待て、村は今深刻な問題を抱えていると思っていたが。どうして彼らの誰もが⼼配しているように⾒えないのだろうか?」

カインがその疑問を考える前に、すでに村の中⼼に到達していた。

家から、馴染みのある人物が彼に駆け寄ってきました。

「お兄様!」

それはエドラでした。

彼⼥はカインの到着を外で待っていたようだった。

おそらく、ヤヌが事前に彼⼥にメッセージを送っていたのでしょう。

おなじみの顔が⾒えると、カインの硬い表情が和らぎました。

「元気だったか?」

カインはエドラの肩を軽く叩いた。

彼の優しい態度はエドラを少し驚かせたが、彼⼥はすぐに恥ずかしそうに笑った。

「わあ!私たちの「氷姫」がこんなに明るく笑っているのを⾒たことがありません」

「パトラ様が⾔ったことは本当だったようですね?」

エドラは村⼈たちを睨みつけた。

村⼈たちは視線を逸らしますが、笑いを⽌めません。

その光景から、一角族の雰囲気を垣間⾒ることが出来ました。

⼈々はとても幸せで、陽気で、⾃由奔放に⾒えました。

しかし、彼らは普通の農⺠に見えるが、⼀⼈⼀⼈が偉⼤な戦⼠でした。

カインを最も驚かせたのは、彼らが⾃分たちの⼒を隠すのがいかに上⼿かということです。



 

  • 武道王

カインとエドラが会話をしていると、群衆の中から中年の男が現れた。

隣に護衛がいるにも関わらず、カインの視界に⼊ったのは中年の男だけだった。

彼は典型的な友好的で愛想の良い農夫のように⾒えましたが。

(・・・強い)

最初にバハルに会ったときに感じたプレッシャーに似ています。

「彼が武道の王か」

一角族の⻩⾦時代への道を開いたと⾔われる王、そして全プレイヤーの中で最強の「ナインキング」の⼀⼈。

⽇記を思い出している間、武道王は突然カインに微笑んだ。

ひどい寒気が彼の背⾻を伝わった。

「おお!あなたは見えるのですか?」

「・・・!」

「迷宮を自力で渡ったと言うのも、嘘ではないようですね」

武道王は顎をこすり、カインを興味深く⾒守っていた。

「⽗さん、兄貴は何を⾒たのですか?」

隣に⽴っていたパントは、率直に⽗親に尋ねました。

「お前のような未熟者が100万年経っても決して⾒ることができない何かだ」

パントが怒りを飲み込んでいる間、武道王は再びカインを⾒た。

「私が聞きたいのは・・・」

彼の突然の⾔葉はカインを緊張させた。

武道王の⽬は完全に暗くなりました。

パント、⻑⽼、護衛、そして他のすべての⼈々も不安で汗をかき始めました。

カインは間違いを犯したかどうか⾃問し始めた。

「いつ私の娘を連れて⾏くのだ?」

 



 

やっぱりカインは規格外ですね。

龍魔眼の力も凄まじいですが、それは使いこなせる能力があって機能しますからね。

後はその行動力。普通の神経ならヤヌの後を追いますからね汗

そしてエドラたちと合流し、エドラのデレは強くなったのでしょうか?

最後は父親も登場し、お決まりの言葉ですね笑

次回はバトル回でしょうか?

 

 

二度生きるランカー【62話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は62話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【64話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は64話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...