2度生きるランカー

二度生きるランカー【62話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は62話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

62話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 出発の準備

カインはフェニックスの巣に戻った。

『出発するのですか?』

「すぐに戻ってきます」

『そうでしょうね。しかし、私の⼦供は信じていないと思いますよ」

フェニックスは微笑んだ。

彼⼥が⾔ったように、ピッピが洞窟の中から⾶んで来て、卵の上に着陸しました。

彼⼥はカインに友達を巣に残しておくように頼んだ。

ピッピを説得しますが、卵から離れようとしません。

「私の子供よ」

フェニックスは柔らかな声で囁いた。

そして、何度か彼⼥を安⼼させた後、カインはなんとか卵を奪うことが出来ました。

 



 

  • 母親

『さて、一角族のあるところに⾏くとのことですが、どうやって卵を運びますか?』

「出てこい」

カインはモンスターを召喚し、卵を浮かせて運ばせた。

「こうすれば、卵を運ぶのに問題はないはずです」

「あなたがすでにそのブレスレットをマスターしているのを⾒て、私は⾮常に驚いています。なんて⾯⽩い⼈間なんでしょう。次会う時、あなたの精神はどれだけ成長しているのか楽しみです」

カインは、チュートリアルを終えた後に得た最⼤の報酬はおそらくフェニックスに会うことだと思った」

ほとんどのプレイヤーはフェニックスを恐れていましたが、彼にとって、彼⼥は親切で寛⼤で気さくな⼥性でした。

(考えてみると、これまで関わってきた仲間はみんないい⼈でした)

彼らがいなかったら、彼は怒りと復讐だけに駆り⽴てられながら⾃分⾃⾝を犠牲にしたかもしれません。

しかし、良い友達以上のもの・・・。

(彼⼥は俺に・・・、お⺟さんを思い出させます)

「また近いうちに会いに来ます」

「気を付けて」



 

  • 塔からの脱出

ヤヌは多くの異なる獣の卵を⾒たことがありましたが、彼の⼈⽣でこのサイズの卵を⾒たことはありませんでした。

「準備が出来ました。しかし、私は本当にあなたの部族を訪問することを許可されていますか?部外者が村に⼊ることは固く禁じられていると聞きました」

彼らは塔を登るために⽣まれました。

しかし、その⼈気にもかかわらず、一角族についてはあまり知られていません。

それは、⼀⾓族が部外者との交流を嫌っていたからです。

彼らは塔の外のどこかに村を建て、他⼈が⼊らないようにしました。

しかし、ヤヌは笑顔で答えた。

「それらはただの噂です。誰も⼊れないのなら、どうやって村を運営するのですか?」

「そうか?」

「噂について・・・その⼀部は、過度に保護的な⻑⽼たちが⼈々を私たちから遠ざけようとしているためだと思います」

ヤヌはポケットから2枚の⼩さな紙を取り出し、そのうちの1枚をカインに⼿渡した。

「これは?」

「塔を⼀定時間退出できるチケットです」

ヤヌはチケットを2つに引き裂いた。

カインもすぐにチケットを引き裂いた。

[塔を終了しますか?]

気づけば塔への⼊り⼝にいました。

 



 

  • 合流出来ない理由

「こっちです」

カインの注意を引いた後、ヤヌは通りを疾⾛した。

やがて二人は、街から外れた何もない場所に到着した。

「今から、私が⾏う全ての手順に従って下さい。間違った⼿順を踏むと、ルート全体
が台無しになり、永遠にここに閉じ込められてしまう可能性があります」

ヤヌは⼀歩前進した瞬間、ヤヌの全⾝が消え始め、地⾯に⾜跡だけが残った。

「龍魔眼」

ヤヌの⾜跡を⾒るために龍魔眼を使用した。

すると、彼の前に突然広⼤な草原が現れました。

しかし、突然の思いがカインの頭に浮かんだ。

「ヤヌの助けなしにこの迷宮を通り抜けることは出来るだろうか?」

龍魔眼の焦点を調整すると、迷宮の⽋陥を⾒ることが出来た。

カインはヤヌの⾜跡をたどりながら、足跡を調べた。

そしてそのおかげで、彼はいくつかの事実を理解することが出来ました。

「足跡は、複数の弦が絡み合っているように⾒えるが、実際には1本の弦です」

[「龍魔眼」のスキルスキルが向上しました。31.9%]

 



 

二度生きるランカー【61話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【63話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...