2度生きるランカー

二度生きるランカー【61話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は61話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

61話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 謎の男

なぜパントとエドラがまだ来ていないのか疑問に思っていた。

カインは男が⼿紙のようなものを⽚⼿に持っていることに気づく。

「道を開いてくれませんか?」

フェニックスに向かって⾔う。

「分かりました」

⾒知らぬ者が⼦供たちに危害を加えるのを防ぐために⾃分の領⼟を封鎖していたフェニックスは、男の道を邪魔していた獣に避けるように命じました。

 



 

  • 一角族 ヤヌ

男はフェニックスの巣からかなり離れた池に連れて⾏かれた。

「はじめまして!私の名前はヤヌと言います」

獣と対峙していたときの鋭い印象とは異なる。

彼のオーラから判断すると、彼はおそらくパントのレベルに近いでしょう。

(けれど、彼の笑顔は・・・嘘ではないようだ」

龍魔眼でヤヌを調べたが、敵意は⾒られない。

初対面の相手がどうしてこんなに友好的であるのか理解出来ません。

「なんでそんなに俺を⾒ている?」

「ああ!ご迷惑をおかけして申し訳ありません。あなたに会えてとても嬉しくて、失礼であることに気づいていませんでした」

ヤヌは申し訳なさそうに指で頬を掻いた。

「それは気にしていないが。なぜあなたが俺の事に詳しいのか理解出来ない」

「うふふ。私はあなたについて沢山の話を聞いています、カインさん。ようやくお会い出来ました」

「俺について?誰から?」

「私たちの部族であなたがどれほど有名なのか・・・、ああ、待ってください。私はこれについて話すことを許されていません。とにかく後でわかります」

「・・・?」

パントとエドラが自分のことを話したに違いないと仮定して、彼はただ肩をすくめました。

「さて、あなたが持っている⼿紙は、俺宛のものか?」

「ええ。ご存知かもしれませんが、パント様とエドラ様からのものです。彼らは何も言わずに姿を消したことを謝罪したいと言ってます。詳細は手紙の中に」

カインは中から⼿紙を取り出した。

手紙に使⽤されている⾔語は一般用語ではなく、一角族の⺟国語でした

しかし、突然明るい光が輝き始め、紙から解き放たれた。



 

  • エドラからの手紙

『こんにちはお兄様、エドラです。まず最初に、何も言わずに去った事をお許し下さい」

「おい!何してるんだ!え?それは⼿紙か?プハハ!お前が誰に⼿紙を送るのか、俺には分かるぞ!」

「黙って出て⾏け!・・・うわぁ、今のは気にしないで。もううるさい!私が⼿紙を書いているのが⾒えないの?・・・ごほん」

その⼿紙には、パントとエドラの声が混ざっていた。

「面白い兄弟だ」

カインは思わず笑ってしまった。

『あのバカ兄貴!ええと!お兄様、私たちがあなたにこの⼿紙を送らなければならな
かった理由は・・・」

「なあ、俺も何か伝えても良い・・・」

「出て⾏け!!!」

 



 

  • 合流出来ない理由

その後、エドラは、一角族が緊急の状況にあり、王族である2⼈は召喚されたと説明した。

しかし、詳細を秘密にしていました。

彼らがどれほど親密になったとしても、カインはまだ部族の部外者です。

それを少し悲しく感じました。

(俺は、悲しいのか?)

彼の⼼の中に不思議な気持ちが湧き上がった。

⼆⼈は仕事が終わったらすぐに後を追うと⾔ったので、カインは⼼配せずに登り続けるべきです。

最後は「気をつけて」という⾔葉で終わりました。

カインは⼿紙を折りたたんでヤヌを振り返った。

「パントとエドラは元気ですか?」

「ええ、彼らは元気です。特にパント様は・・・」

「いつもと変わらないな」

ヤヌは変な顔をした。

「どうしました?」

「もっと聞いてくると思いました」

「何を?」

「二人がここに来られなかった理由についてです」

「俺が尋ねたら教えてくれるのか?」

数秒熟考した後、ヤヌは苦笑いを浮かべた。

「ええと、出来ません」

「それが俺が尋ねなかった理由です」

納得した様⼦で、ヤヌは何度かうなずいた。



 

  • 伝説の領土

「すごい!伝説の獣の領⼟が見渡せます!」

ヤヌは、フェニックスの領⼟に属する森全体を探索しながら⾔った。

カインはフェニックスに、ヤヌが巣を除く領⼟を⾒て回る許可を求めた。

ヤヌは本当に⽝のようでした。

予想通り、フェニックスはこれに悩まされていました。

『私はそのような抑制されていない⼈間を⾒たことがありません。私の⼦供たちが彼を⾒て、彼のようになるのではないかと⼼配し始めています」

ヤヌが次の場所に移動するのを⽌めて彼に質問をした。

「既に11階は通過していないのか?」

ヤヌは頭の後ろを引っ掻いて笑った。

「ご存知かもしれませんが、ほとんどのプレイヤーは伝説の獣の領⼟に⼊ることは出来ません。私たちの部族でさえ、私たちの王と、数⼈の⻑⽼たちのみです」

「そうなのか」

「実際、私もあなたがここにいるなんて信じられなかった。しかもフェニックスです、あなたは知っていますか?彼らはとても強力で壮⼤です・・・、彼らは素晴らしいのです!」

ランカーでさえ、伝説の獣と戦うことを望んでいません。

ヤヌのような普通のプレイヤーにとって、彼らの領⼟に⼊るには多くの勇気が必要です。

『ごほん・・・、⼈間は思ったほど悪くないのかもしれないわね。帰る前に好きなだけ滞在できると⾔ってください」

ヤヌはその知らせを聞いた後、興奮し、探検を続けた。

 



 

  • 招待

⼀⽅で、カインは⾃分の獣の卵について⼼配し始めました。

彼がエドラの助けを必要とした2つのこと。

⿊のブレスレットと神話上の獣の卵です。

試練をクリアするために、卵の問題を素早く解決する必要がありました。

「どうしたらいい?」

問題に苦しんでいる間、ヤヌは突然⾛り回るのをやめ、好奇⼼旺盛な⽬でカインを⾒つめた。

「何か見つけたのか?」

「うーん、助けが必要そうに見えたので。私に出来ることはありますか?」

「どうしてそんな事を?」

「エドラ様が⾔った「彼はとても完璧な男なので、私たちの助けを必要としないだろうが、彼が問題を抱えているのを⾒たら、あなたが彼を助けてください」と」

カインはヤヌを信頼できるかどうかを少し考えた。

「待って待って、あなたは私を信頼していないようです。私は超能力者の候補者です!」

カインは一角族の超能力者を知っていました。

歴史を持つ一角族は、常に塔で最強の部族でした。

しかし、最も重要な要素は、他ならぬ超能力者の存在です。

一角族は通常、他の⽒族の危害から彼らを保護するために、彼らの存在を隠していると聞いています。

「⼼配しないでください。超能力者は⼈々が思っているほど素晴らしいものではありません。しかし、私はあなたに保証します。必ずお役に立てると思います!ねぇ?」

フェニックスも彼⼥の意⾒を言う。

『その者に意⾒を求めることをお勧めします。超能力者は、彼らが知られているものとは異なり、彼らに許可された「記録」を研究する「学者」のようなものです」

彼⼥の提案を聞いて、カインは悩みを任せることに決めた。

「うわ〜・・・。あなたの話を聞いたことがありますが、これほどに素晴らしいとは思いませんでした!」

ヤヌは今、まるで怪物に直⾯しているかのようにカインを⾒ていました。

「まずは整理しましょう。今必要なのは、エドラ様が持っている慧眼です。それは正
しいですか?」

「ああ」

「それなら、私たちの部族がいる場所に⼀緒に行きましょう。それが最も簡単な解決策です」

驚いたのはカインだった。

「ふふ。⼀部の⻑⽼もあなたに直接会いたがっています」

カインは状況を理解できなかったが、彼に⾔えることが⼀つあった。

それは彼が⼀⾓族の場所に⾏くことが出来るという事。

彼の⽬は明るく輝いていた。

 



 

 

二度生きるランカー【60話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめました。 ...
二度生きるランカー【62話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は62話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...