2度生きるランカー

二度生きるランカー【60話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。

今回は60話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

ある日豪の元に届いた双子の弟・駿の訃報。

虚無感を感じる彼の元に駿の懐中時計が届く。

そして豪はその中に隠された駿の日記によって、駿が道半ばで力尽きた太陽神の塔・オベリスクへと誘われていく―。

弟の復讐に燃える豪が挑む、痛快アクションファンタジー!

 

豪(カイン):主人公。弟の復讐の為に塔に登る。龍魔眼という能力を持つ。

駿:豪の弟。死んだ後も、様々なアドバイスを豪に残す。

パント:一角族。「雷霆拳」という固有スキルを持つ。

エドラ:一角族。「慧眼」というあらゆる物を見抜く能力を持つ。

へノーヴァ:塔の鍛冶屋。駿にとって父親のような存在でもあった。

リオント:青花島を治める五武神の一人。元アルティヤメンバー。

バハル:火拳。レッドドラゴンの幹部。元アルティヤメンバー。

【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...



 

60話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 孵化

フェニックスに感謝を告げた後、ピッピが翼を広げながら走ってきた。

「私の子供があなたの卵を気に入ったようですね」

カインはピッピが卵を握っている様子を見て微笑む。

その時、生命の火花が突然卵に近づいた。

卵が全てを吸収すると、2メートルくらいの大きさに変化した。

「卵がここまで大きくなることは珍しい。ドラゴンが生まれるか?」

その後、卵は光に覆われて輝きました。

「「何が起きた?」」

カインとフェニックスが同時に喋り、卵を見ます。

しかし、卵は孵化しませんでした。

どれだけ待っても何も起こりません。

 



 

  • 原因不明

『うーん・・・、こんな不思議な現象を見たことない。なぜ其方の卵が孵化しないのか分からない」

「問題は何だと思いますか?」

『正確には「問題」ではない」

フェニックスの声は少し気分を害したように聞こえた。

生命の火花は、フェニックス⾃⾝の魂の⼀部。

⾔い換えれば、フェニックスの魂に問題があると言ったようなものだった。

カインは自分の過ちに気づき、すぐに謝罪した。

「すみません、失礼な発言をお許しください」

『構いません。⼈間は私たちとは違う視点から物事を⾒ていることを理解しています」

その後、フェニックスは卵に焦点を合わせた。

『しかし、認めざるを得ないが、これは確かに異常です。卵の中の獣はもう完全に発育しているのが分かるが、出てこれない理由があるのかもしれない」

カインもこれについては、何の手がかりも無かった。

『少し時間をかけて卵を観察しましょう」

彼はフェニックスの提案に従うしかなかった。



 

  • 孵化しない理由

『⾼品質の炎をもう1つ与えることは出来ませんが、通常の品質の炎を作ることは特に難しいことではない。もう⼀度試してみましょう 』

カインは、もう⼀度素材を集め始めた。

必要な材料をもう⼀度集めた後、卵はさらに1メートル成⻑し、⾼さが3メートルになった。

「はは・・・」

『孵化する前にこんなに⼤きく成⻑する卵を⾒たことがない」

この⾏き詰まりにも関わらず、カインは卵との繋がりが強くなっていることを感じた。

卵の幸せが⾃分に伝わってくる。

(しかし、これが続けば、俺はこの階で⻑い間⽴ち往⽣してしまう)

フェニックスは⻑い間考えを整理した後、卵について慎重に意⾒を述べました。

『たぶん・・・、これが理由かもしれない・・・』

フェニックスの呟きに、カインが反応した。

「それは何ですか?」

「動機」

カインは困惑した表情になった。

「ご存知のように、夢はすべての神話上の獣にとって最も重要です。彼らは夢を⾷べ、常に夢を追い求めています。そして、夢がない場所には、⽣まれることを拒むと聞いています」

フェニックスが何を言いたいのか理解出来て、カインは僅かに動揺した。

『私の知る限り、ほとんどの⼈間は、⼤きくても⼩さくても夢を持っています』

フェニックスの両⽬が、カインの魂を⾒つめている。

『あなたに、夢はありますか?』

「・・・」

フェニックスが推測したように、彼には夢がありませんでした。

どちらかといえば、それは彼の復讐でしょう。

カインにとって夢は些細なことであり、⾯倒なことだと思っていた。

「それがこの事態を引き起こしているのですか?」

彼は予想もしなかった困難に直⾯していた。

『とりあえず、時間をかけて状況をクリアしてください。急いで決断すると、進⾏が遅れるだけです」

 



 

夢。

カインは崖の端に座り、考えを整理した。

「難しい問題だな。俺に解決出来るものではない」

彼は復讐を実⾏する以外の⽬的について考えたことが無かった。

ちょうどその時。

ピッピがカインの膝の上に座った。

「あなたは私を元気づけるためにここに来たのですか?」

「ピッ!」

カインは彼⼥の考えをある程度読むことが出来る。

卵の中の獣は病気では無いので、彼⼥が友⼈を守ってくれると。

「もし俺があなたを一杯にして、俺の夢さえ必要としないとしたら?」

カインは孵化するまで卵に⽣命の炎を与え続けることを計画していた。

それでも孵化を拒否した場合。

「他の3つの伝説の獣のエネルギーを与える」

アビスタートル、ボイドドラゴン、セイバートゥースタイガー。

塔の歴史の中で、4つの伝説の獣すべてのエネルギーを持っている間に孵化した卵はありませんでした。

その考えに到達し、カインは微笑んだ。

同時に、巣で寝ていた卵が狂ったように震えた。

 



 

  • 一角族

その夜、カインは新しい計画を⽴てた。

龍魔眼では卵のステータスは分からない。

卵に圧倒的な量の栄養素を供給しても⼤丈夫かどうかを確かめなければなりませ
ん。

カインが今必要としていたのは、エドラの慧眼でした。

「彼らは何処に?」

パントとエドラがまだこの階に⼊っていないことを明らかでしょう。

スタート地点に残したマークはまだ破壊されていなかったから。

『すみませんが、訪問者が来ます』

「訪問者?」

カインはフェニックスの発⾔に頭を上げた。

突然いくつかの画像が彼の頭に流された。

画像には、⻑い⽑むくじゃらの髪の男がいました。

「⼀⾓族?」

 



 

二度生きるランカー【61話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめました。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...