結婚商売

結婚商売【92話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は92をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

92話 ネタバレ

結婚商売【91話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇室への献上品

「セリーヌのことはあまり心配しないでください。彼女も馬鹿げた子供ではないので、すぐに現実に気づくでしょう。そして、あなたに莫大な借金があることが分かるはず。正直、無闇に揶揄った代償にしてはとても手厚いからですね」

オデリー王女の言葉に、ビアンカは苦笑いした。

あまり期待していないからだ。

ビアンカは低く首を横に振りながら自嘲気味に呟く。

「憎む人が一人くらいいるのが肯定的なこともありますので」

「伯爵夫人は心が広いのですね」

「心が広いからというよりは、私を憎む人々に慣れているだけです」

「あら、それは私も同じです。私たち、通じることが多いようですね」

ビアンカとオデリーはお互いを見つめ合い、すぐに心を一つにして笑い出した。

 



 

セリーヌに関する仕事の話題はこの辺でいいだろう。

ビアンカは自然に目的の会話に向かって舵を切る。

「それでも私のために王女がセリーヌを引き取ってくれたじゃないですか。そもそも侍女を受け入れるつもりはなかったはずなのに・・・。急に教育を受け持つようになったことがどんなに面倒なことか私もよく分かります。私も廉恥を知っている人だけに、それに対する謝罪の意味でプレゼントを持ってきました」

「プレゼントですか?そんな、気にしなくていいのですよ」

オデリー王女は優雅に手を振るが、ビアンカはそっと笑いながらイボンヌに向かって手振りする。

一歩下がっていたイボンヌは、今まで持っていたお盆をオデリーの前に差し出した。

トレーの上に載せてある小さな箱を開けると、白いレースのハンカチが姿を表す。

オデリー王女の目が大きく開き、青い瞳が一際生き生きと輝いた。

「あら、これは・・・」

「単なるハンカチですので、王女様に献上するには相応しくありませんが、私が苦心して絞ったハンカチです。取るに足らない腕前を披露して申し訳ありません。どうか王女様には慈悲深く受け取っていただきたいです」

「何を言っているのですか。今、首都ではこのハンカチが金糸で編んだ織物よりも有名なのですよ?」

「そのように歓迎していただけると光栄です」

喜ぶオデリーの姿に、ビアンカの口元が自然に上がる。

オデリーがレースにあまり関心がないのではないかと内心心配していたのだ。

ビアンカは領地に早く帰ることになったが、宴会に参加してあの騒ぎを起こしたことが全てレースを紹介するための思惑があっただけに、仕上げまで完璧にしなければならなかった。

自分の行動が収益創出に繋がらないなら、意味もなく仕事をしていたことになるのだから。

ビアンカがレースを編んだことを皆知っているので、興味のある人はアルノー家に書信を送るつもりだ。

しかし、一時美しいと思っていたのも目に見えなければ、忘れてしまうものだ。

ハンカチのように、よく使うが第一印象を決めない些細な品物は特に・・・。

もっと手に入れたい欲望を煽る必要があり、そのためにビアンカはオデリー王女にレースをプレゼントしたのだ。

オデリー王女がレースを気に入って、よく使ってくれれば使うほどいい。

アルノー領地に戻ったビアンカの代わりに、オデリー王女がレースの広報役を十分に果たしてくれるのだから。

オデリー王女のドレス、宝石、装身具一つ一つがセブラン貴族の慕いの対象だった。

オデリー王女が使うハンカチなら、誰もが欲しがるだろうから、セブラン貴族たちはレースを探し回るだろう。

それは宴会に出席できなかった人たちも!

 



 

ビアンカが満足そうな笑みを浮かべているとき、感嘆と共にレースのハンカチを触っていたオデリー王女が躊躇しながらビアンカの顔色を伺った。

傲慢で有名な彼女が顔色を伺うなんて!

ビアンカは内心驚いたが、そのような気持ちを表に出さないように努力した。

しばらく躊躇するように唇を甘やかしていたオデリー王女が尋ねる。

「もしかして余分なものもありますか?」

「あ・・・」

ビアンカは切なく呻き声を上げた。

すぐに渡せる余分がなかったからだ。

そもそもラホズに来るとき、レースのグッズをたくさん持ってこなかった。

彼女が首都でやろうとしているのはハンカチを宣伝することであって、販売することではなかったからだ。

ハンカチは貴族にとって消耗品に他ならなかったが、だからといって消えるものではない。

だから沢山渡すよりは、少数の人間にだけ渡すつもりだった。

それが他の人たちを更に苛立たせるだろうから。

ビアンカは、もしオデリーが不快に思うのではないかと顔色を伺いながら慎重に答える。

「残念ながら私の手が遅くて・・・。そんなに沢山作れないので王家の女性の分までを作るのが限界でした。それに王女様に進呈したものは少し差がありますので・・・、もし王女様がもう一つ望めば努力してみるようにします」

「いいえ、それで結構です。ただでさえ王子妃と王妃殿下に差し上げようと思っていただけですから」

オデリー王女はスッキリしたように肩をすくめながら背もたれにもたれかかった。

彼女が王子妃と王妃の面倒を見ると思わなかったビアンカの目が大きく開く。

「王女様は思慮深いのですね」

「男たちが面倒を見ないので、せめて私でも面倒を見るしかないので。みんな夫の名誉を気にしていますので、こんな些細なことまで欲しいと言えないみたいです。面白いですよね。その夫たちは些細なことにも欲を出しますが」

「公務で忙しいので気にしないのも当然です」

ビアンカは顔色を伺いながら口答えした。

相手が王と王子という点で下手に相槌を打つこともできない。

オデリーも、特にビアンカが心から彼らを弁護しているとは思わなかった。

彼女は独り言を吐くように、父親と兄のもどかしさをずらりと並べる。

「お父様もお兄様も、直接言わなければ妻たちが何を望んでいるのか気にすることも考えません。結婚前は言わなくても面倒を見ていたと思うのですが。本当におかしいですよね」

オデリーの口元に嘲笑が乗せられていた。

家族を愛することとは別に、彼女は非難は凄かった。

「アルノー伯爵は勤勉な男です。きっと伯爵夫人が何が必要だと言わなくても、勝手に用意してくれているはずです。違いますか?」

「・・・その通りです」

「そんな男は珍しいです。ご存じですか?私のお兄様は王子様より服をもっと頻繁に着替えるんですよ」

オデリーには兄が二人いたが、彼女が言う兄はゴティエのことだ。

彼女はジャコブを兄と呼んだことがない。

 



 

ビアンカとオデリーは良好な関係を築けそうですね。

レースを王家に献上することで、アルノー領地のレースは更に有名になるでしょう。

ビアンカの当初の目的は達成できそうで良かったです。

結婚商売【93話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめました。 ネ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...