結婚商売

結婚商売【209話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は209をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

209話 ネタバレ

結婚商売【208話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 出産②

そんな中、産婆が産室の外に急いで飛び出した。

産室の前で待機していたザカリーと目が合うやいなや、産婆は彼に近づく。

彼女の年老いた顔には隠せない不安が潜んでいた。

「ビアンカは、まだ便りがないのか?」

「陣痛だけが続いています」

「もうこんなに時間が経ったのに、まだ陣痛ばかり続いているのか!」

ザカリーは拳を握りしめる。

彼の手は冷や汗で濡れていた。

産婆を責めても変わることがないということを知りながらも、行き場のない沸騰した気持ちでつい声が高まってしまう。

産婆アルノーで生まれた全ての子供を受け入れたと言っても過言ではなく、ビアンカのような例がこれまでなかったわけではない。

もちろん、終わりが良かったことはなかった。

産婆は沈重に付け加える。

「もう苦痛で力が尽きているので、いざ力を入れなければならない時に疲れていて力を入れられないこともあります」

「その話だと、つまり・・・」

「ここでもっと時間を遅らせては大変なことになります。どちらにしても決断を下さなければならない時が来るでしょう」

産婆はザカリーの顔色をうかがってそれとなく告げる。

決断を下さなければならないということがどういう意味なのかは明らかだ。

ザカリーの顔が真っ青になる。

彼の体が揺れるやいなや、3部族長が一斉に駆けつけてザカリーを支えた。

しかし、彼らもまた茫然自失となっている。

ザカリーは辛うじて口を開けた。

「ビアンカは、ビアンカを・・・・」

舌がもつれて上手く発音できない。

ザカリーは頭を振った。

こういう時こそ、自分がしっかりと気を引き締めなければならない。

彼は無理やり理性をかき集めた。

決心するまでもない当然のことだ。

彼の黒い瞳が断固として輝く。

「何が起ころうともビアンカだけは生かせ。分かったか?」

ザカリーの命令は哀願に近いほど切迫していて、産婆は決然として頷いた。

 



 

その時、産室から産婆を助けていた女中の一人が急いで飛び出してきて産婆を呼ぶ。

「奥様が!」

「じゃあ、私はこれで・・・!」

「早く入ってくれ、早く!」

産室の中の状況が心配だったザカリーは産婆の背中を押した。

真っ青になった顔色で、彼は産室をぼんやりと眺める。

産室から孤軍奮闘する叫び声が響いた。

ほとんど拷問を受けるに近い叫び声。

むしろ自分が苦痛を受けることができればどんなに良いだろうか。

ビアンカは紙で指を切ることさえ稀にない、貴い身なのに・・・。

あの苦しみをどう耐えているのか想像もできなかった。

部屋の中をあちこち歩き回っていたザカリーが跪く。

彼は両手を握り締めたまま、神に祈りを捧げた。

どうか・・・、どうかビアンカが無事でありますように。

どれほど切実だったのか、彼の祈りが天に届くかのようだった。

 



 

どれくらい経っただろうか。

悲鳴が一瞬にしてピタリと止まった。

突然の静けさにザカリーはびっくりして顔を上げる。

彼の瞳が不安そうに揺れた。

「うあああああん!」

ビアンカの悲鳴の代わりに鳴り響いたのは、子供の泣き声。

あまりにも雄々しく、産室の向こうまで鳴り響くほどだった。

ザカリーは瞬きをする。

状況を受け入れるのが容易ではなかった。

「今・・・」

ザカリーが事態把握をする前に、産室の扉が開く。

出てきたのはイボンヌだった。

苦労し続けたのか、彼女の身なりは乱れていたが、顔だけは明るい。

「お嬢様です!お嬢様が生まれました!」

「ビアンカは?ビアンカは無事なのか?」

イボンヌの笑顔を見ると、ぼんやりと答えが分かったようだが、自分の目で直接見なければ信じられなかった。

ザカリーはイボンヌが答える前に飛び起きて産室に入る。

女中たちが産室を行き来しながら奔走していた。

その真ん中、ビアンカがベッドに青白い表情で横たわっていた。

疲れ果てて体を支えられないビアンカの背中に、女中の一人がクッションをつけてくれている。

彼女の青白い頬には汗びっしょりの髪がくっついていた。

ビアンカはザカリーを見つけて微かに笑う。

唇を動かすのが限界らしく、彼女の笑みは疲れていた。

感激したザカリーがビアンカに近づく。

彼の唇はなかなか今の気持ちを吐き出すことができなかった。

先に口を開いたのはビアンカだった・

「あなたの顔は・・・、どうしたのですか?子供は私が産んだのに・・・、あなたが苦労した顔ですよ」

ザカリーの顔が歪む。

自分の気苦労は、ビアンカの苦労とは比べ物にならない。

ザカリーはベッドの上に散らばったビアンカの細い腕をじっと見つめた。

喉越しにムカムカするのが絶えず跳ね上がり口を開けることができない。

 



 

女の子が生まれました!

最初は嫌な予感がしましたが、ビアンカも子供も無事なようでホッとしましたね。

結婚商売【210話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...