結婚商売

結婚商売【208話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は208をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

208話 ネタバレ

結婚商売【207話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 出産

結局、ガスパルに与えた領地は一定期間アルノーが管理し、領地の収益金を棒給に上乗せすることにした。

ガスパルもイボンヌも、それまで拒否することはなかった。

披露宴は夜通し続く。

賑やかな歌声が結婚式場から絶え間なく流れていた。

残念ながら、ビアンカは早く寝室に戻る。

ビアンカが心配だったザカリーも一緒に席を外した。

さらに、このような日であればあるほど、上官が早く抜けることが雰囲気を生かすことを彼も知っていた。

ビアンカとザカリーはベッドに横になる。

ザカリーがビアンカに腕枕をして、ビアンカもザカリーのそばにピッタリくっついていた。

窓越しにケラケラと笑う声が風に乗ってくる。

ビアンカはザカリーの胸に頭を置いたまま静かにその音を聞いた。

そんな中、ビアンカが突然尋ねる。

「ザカリー、あなたは私たちの結婚式の日を覚えていますか?」

「もちろん」

ザカリーは指でビアンカの髪を撫で下ろして答えた。

あの日を忘れるわけにはいかない。

結婚式を思い出したザカリーの口元にニッコリと曲線が描かれる。

ビアンカは結婚式を思い出そうとするかのように眉をひそめた。

どれだけ集中したのか眉間に皺ができたが、残念ながら記憶が全く思い浮かばない。

「実は私はちょっとぼんやりしています。すごく泣いたことしか覚えていなくて・・・」

「そうであれば、全部覚えているのと同じだろう」

ザカリーの声の先に低い笑みが広がった。

結婚式の最初から最後まで泣いていた幼いビアンカの姿が目に浮かぶ。

いくら考えてもそこまでじゃなかったと思うのだけど。

思い出せない人の主張は無力なだけ。

 



 

ビアンカは唇を挫いた。

「最近のあなたは、それとなく図々しくなったようです」

「あなたの言う通りに趣味をちょっと変えてみたんだ。真剣な顔で冗談を言うことで」

「今は全然真剣な顔じゃないわ。私を揶揄うことを楽しんでいるじゃないですか」

ビアンカが不平を言うと、彼女の頭の上でもう一度笑いが起きる。

声を聞いただけでも、ザカリーがどれほど楽しんでいるかをハッキリと感じた。

ザカリーはビアンカをなだめるように付け加えた。

「あなたが子供を産んで、もう一度結婚式をすればいい。そうすれば、あなたも今度の結婚式は覚えているだろう」

「結構です。賑やかな宴会はあまり好きではありません。思い出は他のものに頼めばいいですから」

ビアンカは眠そうな声で呟いた。

眠りが瞬く間にドッと彼女を押し寄せる。

そうでなくても昨日の夜遅くまでイボンヌの結婚祝いを作るために睡眠が足りなかったのだ。

ビアンカはザカリーの腰に腕を振り、パチパチと目を閉じた。

ザカリーはそんなビアンカの肩を包むように腕を回し、彼女の背中を叩く。

小さくて細い肩がすぐに均等な息づかいとともに揺れた。

窓の外から叫び声が聞こえてくる。

酒に酔ったソヴールが池に落ちてもがき、ロベルがソヴールにあれこれ小言を言う声も混ざって入ってきた。

そして間もなく眠りのカーテンが垂れ下がったように、騒ぎも静まっていく。

ビアンカは呻き声を上げながら寝返りを打つ。

ザカリーはそのようなビアンカを見下ろしてニッコリと微笑んだ。

月がひときわ明るい夜だった。

 



 

収穫祭が過ぎ、ビアンカの出産日が間近に迫っていた。

出産予定日の数日前から、ビアンカは痛みに苦しんでいた。

痛みがどれほど酷いのか、悲鳴さえ上げられないほどに。

手持ち痛と陣痛を見分けるのは難しかった。

そのため、ビアンカは早くから用意された産室に移り、産婆をはじめとする彼らは早くから待機し、ビアンカの揚水が爆発するのを待った。

待機しているのは産婆だけではない。

ビアンカが産室に入ったことを基点に、ザカリーも全ての業務を手放した。

ザカリーは乾く木のように枯れていた。

彼は乾いた口を何度も舌で潤し、イライラしながら産室の外を歩く。

産室の中からビアンカの苦痛に満ちた呻き声と悲鳴が時々流れ出た。

産室で何が起こっているのか分からないだけに、ザカリーは漠然と待つしかできない。

ザカリーはできるだけ否定的な考えをしないように努力した。

戦争でも敗北を念頭に置けば、上手くいく戦争も泥沼に陥るものだ。

ザカリーは聖書のように肯定的な考えを呟く。

その傍で、ヴァンサンと3人の部族長もいた。

女のイボンヌはビアンカと一緒に入って産室に入って彼女の世話をすることができたが、男たちは何の役にも立たなかった。

訳もなく演舞場の埃の匂いがすると言われて、産室に背中を叩かれるだけだ。

心配しているのは領地民も同じだった。

もともと体の弱い奥様なので、このまま上手くいかなかったらどうしようと戦々恐々とした。

彼らは仕事中に何度も心配そうに城の方を眺める。

 



 

いよいよビアンカの出産!

男の子なのでしょうか?女の子なのでしょうか?

無事に出産できるといいのですが・・・。

結婚商売【209話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...