結婚商売

結婚商売【206話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は206をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

206話 ネタバレ

結婚商売【205話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 5月の花嫁③

楽団が演奏し、人々は歓呼した。

皆の祝福の中でガスパルとイボンヌの結婚式は盛大に行われる。

イボンヌが満面の笑みを浮かべたまま周辺に向かって手を振るほど余裕があったのとは異なり、ガスパルは結婚式の間ずっと目立って緊張した表情だった。

無愛想で表情がなく、鉄壁の騎士と呼ばれるのが信じられないほど、彼の顔色は一日中刻々と変わっていた。

結婚式の司式が終わって誓約書まで書いたのに、信じられないのか彼はそばにいるイボンヌの手をギュッと握っていた。

そして、とうとう涙ぐんだりもした。

その姿を見たソヴールは飲んでいたワインを吐き出し、ロベルは顔をクシャクシャにし、ヴァンサンはあごが抜けるように口を大きく開けた。

それほどに信じられない光景なのだ。

結婚式がある程度終わった時、席に座っていたザカリーが席を立つ。

「今日のように良い日に賞は欠かせない。ガスパルは聞け。過去十数年間、私を誠心誠意補佐し、今回の戦争で命をかけて妻とアルノー家の後継者を守り抜いた功績を認め、私はあなたに男爵位とともに領地を授けるようにする」

ザカリーの言葉が終わるやいなや、周囲から歓声が上がった。

あらかじめ知っていたビアンカはニッコリ笑って手を叩いて、ロベルとソヴールはビックリして目を大きく開けて、すぐに歓声を上げながらガスパルの元に駆けつける。

「とても人生が広がったな、ガスパル!」

「おめでとう。ちくしょう、結婚も出世もお前が一番先だなんてな!」

ロベルとソヴールが、ガスパルの両側で彼の首に腕をかけてぶら下がっている間、いざ当事者であるガスパルは戸惑いながら目だけをパチパチしている。

イボンヌも信じられないのか、手で口を覆っていた。

 



 

ガスパルは後になって正気に戻り、ザカリーに頭を下げる。

彼は震える目でザカリーを見上げた。

簡単に信じるにはあまりにも夢のような話だ。

世襲されない騎士家の長男として生まれ、自分も騎士になるためにどれほど苦労したことか!

それなのに男爵だなんて。

亡くなった父が喜ぶ姿が目に浮かんだ。

そして何より嬉しいのは、イボンヌがただ騎士の妻ではなく男爵夫人になることだった。

感激していたガスパルは、かすれた声でやっと答える。

「・・・光栄です、公爵様」

ガスパルが頭を下げると、再び歓声が上がった。

彼の人生において今日ほど幸せな日はないだろう。

しかし・・・。

興奮で揺れたガスパルの目つきが速いスピードで沈んだ。

彼の顔はいつもの鉄壁、それ自体になった。

ガスパルは決然と口を開く。

「ですが、領地は過分です。まだ私がアルノーでやるべきことが残っている分、領地を降ろしていただくのはもう少し時期を延ばしてください。私にはまだ足りません」

彼の言葉に周囲は息を吸った。

領地のない爵位は、ただの名誉職に過ぎない。

ガスパルの決定は常識的にナンセンスだった。

当惑したソヴールは声を低くしてガスパルを引き止める。

「おい、今すぐ撤回しろ。それじゃあ何の意味もない・・・」

その時、ガスパルのそばにイボンヌが並んで頭を下げた。

誰もがイボンヌがガスパルを厳しく叱責すると信じて疑わなかった。

それもそうだろう、領地のない男爵夫人はただ騎士の妻と大きく変わらない生活を送るためだ。

男爵夫人として保障された安らかな生活をそのまま台無しにしてしまったガスパルに酷く腹が立ったと思った。

 



 

イボンヌは頭を下げてザカリーに懇願した。

「私も夫と同じ考えです。私はもともと何も学んでいませんし、何も知りませんので、領地を任されても滅茶苦茶になるでしょう。しばらく奥様のそばで領主夫人の義務について学べるように、慈悲深く理解してください」

ガスパルに続き、イボンヌまで。

結婚したばかりの新婚夫婦が並んで投げた衝撃宣言に皆が息を吸った。

ビアンカも信じられないように瞬きをする。

領地について知ることがなくても領地を作ることができるという先例が、まさにビアンカではないか。

皆に衝撃を与えたイボンヌの顔は淡々としていた。

これ以上深く考えることもなく、彼女は所信を持って言葉を続ける。

「それに奥様はまだ解放されていないじゃないですか。私がずっと奥様の世話をしてきた分、ずっとそばにいてあげたいのです。そしてもし許されるなら、赤ちゃんまで私が育てるのが望みです・・・。どうか、奥様をもう少しお迎えできるようにお許しください」

イボンヌが頭を下げて祈った。

彼女の言葉はすなわち、侍女として働き続け、後日子供の乳母になりたいという言葉に他ならなかった。

 



 

ガスパルが男爵!

領地を受け取らないと言ったのはイボンヌのためでしょうか?

結婚商売【207話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...