結婚商売

結婚商売【191話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は191をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

191話 ネタバレ

結婚商売【190話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 断罪

一、二。

少しずつ家臣たちが離れていったが、ジャコブは走り続けた。

振り返る余裕もない。

彼は恥辱に歯を食いしばる。

自分がこんなに追いかけられたことがあるだろうか?

自分はいつも追いかける方だった。

王座も、ビアンカも・・・、得るために駆けつける側だった自分が一瞬にして地面に投げ出された敗北者に。

ジャコブの心は並大抵ではなかった。

しかし、それも長くは続かない。

ジャコブを追い抜いてきたアルノー軍が彼の前を塞いだ。

彼はすぐに馬の頭を回そうとしたが、そちらもまたすでに立ちはだかっていた。

彼らは徐々にジャコブを包囲して近づいてくる。

「くっ!」

「逃亡はもう終わりです、王子様」

兵士たちをかき分けて現れたのは、ザカリーの3部族長の一人であるソヴールだった。

平民の出自に余り目立つ戦果もない男。

トーナメントでも余り活躍できなかった男。

このジャコブが、こんな奴に追われるとは。

屈辱を極めた。

ジャコブは逃げ場を探して目を丸くしたが、アルノー軍は彼をしっかりと封鎖している。

ソヴールはにこやかに笑いながら彼のところへやってきた。

「王子様が戦争に何度か出たことがあるとはいえ、私は生涯戦場を転々としました。逃げる兵士を追うのは造作もありません。王子様だからといって、あまり上手に逃げるわけではありませんから」

「・・・私は王家の血統だ。あなたがここで私を捕まえても、アルノー伯爵は私を手放すしかない。反面、私を放してくれれば、後で大きな謝罪をしよう。爵位と領土を与える」

ジャコブは虚勢に満ちた脅迫をしてくる。

図々しい彼の表情とは違って、背筋に乗って冷や汗が流れていた。

通じるかどうか、それはジャコブが提示できる最後のカード。

「そうですね・・・、私は平民出身だから、頭がちょっと悪くて。王子様が何を仰っているのかよく分かりません」

ソヴールはいつもの軽薄な態度で肩をすくめる。

皮肉を言っているのが露骨なので、ジャコブは歯を食いしばった。

そんな中、ソヴールは油断せず、すぐ兵士たちに目を向ける。

鷹が爪で握った餌を放さないように、ソヴールはジャコブを徹底的に捕らえた。

 



 

ジャコブが連れて来られたのは、アルノー城の真ん中にある広々とした壇上。

鎧が剥がれたまま網で縛られた彼は、誰が見ても捕虜の格好だった。

にもかかわらず、依然として頭をぴんと上げていた。

王族として屈しないという気概。

だが、兵士二人が強制的に屈服させると、反抗する術がなかった。

乱れた黄金色の髪が彼の顔に降り注ぐように流れ落ちる。

まだ諦めていない青い瞳が煌めく湖の細石のように輝いた。

戦争をしながら苦労したにもかかわらず隠すことのできない美貌だったが、アルノー領地の領地民たちには、ただ恥知らずに名誉を知らない王子に過ぎなかった。

集まった領地民たちは皆、ヒソヒソと悪口を言いながらジャコブを指差す。

怒った群衆の中で、ジャコブは見物対象に他ならなかった。

皆がお互いの顔色を伺いながら躊躇し、突然誰かがジャコブに石を投げる。

彼の頭に石が当たり、金髪に鮮やかな赤い血が流れた。

そして、みんなが手に持っていたものをジャコブに投げる。

ジャコブは、その中でも黙々と座っていた。

何を考えているのか分からない表情。

かえって鳥肌が立つほどだ。

人々はざわめき、思わずジャコブに向かって振り回す石を静かに下ろした。

 



 

そんな中、ザワザワと群衆が別れた。

登場したのはザカリーとビアンカだ。

ザカリーがビアンカをエスコートしながら歩いてくる姿は、まるで追従者が女神を崇拝しているようだった。

ジャコブの前にビアンカとザカリーが立つ。

その時になってようやくジャコブの目に感情が響いた。

ジャコブは屈辱と渇望、怒りに満ちた視線でビアンカとザカリーを睨んだ。

彼は日に来るように呟く。

「あなたたちは私を殺せない。セブと王家への忠誠の誓いを忘れたわけではないよね?」

「家臣の城に剣を突きつけた王に忠誠を守る家臣がどれだけいるだろうか?」

ザカリーが冷たく問い返す。

これまで王族という理由だけで強引に敬語を使ってきたが、もはや尊敬はなかった。

ザカリーの黒い瞳は、火種が眠っている炭のように燃え上がっている。

「そして君が王族なので貴族の領地内で処罰できないことは私もよく分かっているし、私の愛しい妻も知っている事実だね」

 



 

ソヴールの活躍が多くて嬉しいです!

王族を処罰することはできないはずですが、ビアンカの作戦が成功したのでしょうか?

結婚商売【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...