結婚商売

結婚商売【170話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は170をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

170話 ネタバレ

結婚商売【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ウィグ子爵②

まるでザカリーの頭の中を覗くように確信するジャコブの態度が不審だったウィグ子爵は、不安を抑えらないまま言葉を濁した。

「もし彼が兵士を何人か連れて行くとしたら・・・、どうやって罠に嵌めるのですか?」

「そういえば、ちょうどあの近くのカリアの森には待ち伏せしやすい場所があったよ。道が狭くてたくさん連れて行けず、待ち伏せした側では兵士を隠すのに良い場所が・・・」

自分の頭で考える意思がないウィグ子爵がもどかしかったジャコブは怒りを抑えようとする。

おそらくザカリーが今までウィグ子爵を生かしておいたのは、あまりにも愚かで相手にする価値さえないためではないかという気がするほどだった。

もちろん、ジャコブも彼がザカリーを殺せると期待していなかった。

彼にそのような能力がある方がもっと驚くほどだ。

しかし、脅威程度にはなるだろう。

さらにアルノー軍の後方をアラゴンが打つようにすれば、時間稼ぎができるかもしれない。

最大限ザカリーが帰還するのを遅らせなければならなかった。

「そうしてもしザカリーを消すことができれば、彼に帰属した領土と爵位はあなたのものになる。あなたがまさにアルノー伯爵になるんだ」

「わ、私がですか?」

「そうだよ。君じゃなければ誰ができる?君はアルノー伯爵の唯一の血肉じゃないか。現在、彼の相続者はビアンカだが、私が奪還すればアルノーとは何の関係もなくなるだろう。だから当然あなたが残ったものを得なければならない」

 



 

ジャコブはウィグ子爵を優しく誘導した。

愚かでありながらも自尊心が高く、欲深い彼はザカリーを殺して得られるものを考えながら口を開く。

少しでも頭を働かせば、これが簡単ではないことを理解できるはず。

しかし、伯爵になれるという事実がウィグ子爵の目を濁した。

計画自体は落とし穴であることが明らかなほどずさん。

その過程でウィグ子爵が間違える可能性もあるだろう。

しかし、それはジャコブの知ったことではない。

いいや、むしろこの機会にウィグ子爵まで片付けてしまいたかった。

ジャコブの側に立って彼の顔色を伺う相手だったが、ジャコブはウィグ子爵のような人物が大嫌いだ。

彼に関してだけはザカリーに同情するほどに。

能力が全くない者が長男だという理由だけで家門のすべてを得るのは不合理だった。

彼の兄、ゴティエがそうだったように。

あえてウィグ子爵にこの仕事をさせるのも、そのような理由のため。

ザカリーが嫌いで、彼が死ぬことによって一番得をする相手だから誘いやすかったが、それと同時にジャコブも遠慮なく片付けてしまいたいウィグ子爵の上にゴティエを重ねていた。

「ウィグ子爵」

「はい、殿下」

「今回のことは必ず、何があってもやり遂げなければならないだろう。あなたがこの仕事を成功すれば伯爵、いや侯爵になるかもしれないし、もし失敗したら・・・」

ジャコブはニッコリと笑いながら、後ろの言葉を飲み込む。

しかし、彼が何を言いたかったのかは、あえて聞かなくても明らかだった。

ウィグ子爵は唾をごくりと飲み込んだ。

ジャコブは親しみやすい手振りで彼の肩を叩きながら囁く。

「心配しないで。今度の仕事さえ上手くやり遂げれば、誰も君の家柄を侮辱しないだろうから。上手くやり遂げればいいだけさ」

ウィグ子爵はザカリーを殺し、自分が得る輝かしい未来を思い浮かべながらゆっくりと頷いた。

 



 

ジャコブが侵略してから一週間ほど経っただろうか。

アルノー城は敵の攻撃を阻止するのに忙しかった。

戦争の指揮を執ったのはガスパルだ。

彼は鉄壁のように守り、悪鬼のように城壁にしがみつく者たちを完璧に阻止していた。

ヴァンサンはその隣で補給品を管理している。

矢がどれくらい残っているのか、食料は十分なのか。

ビアンカも忙しかった。

できることがないからといって何もしないわけではない。

彼女が引き受けたのは後方支援。

ビアンカは女性を集めて兵士の食料を準備し、壊れた鎧を修理した。

「お湯は沸いた?北西の城壁に持って行きなさい」

「はい、今すぐ移します、奥様」

ビアンカの指示の下、使用人たちは沸かした水と鉛を城壁にかける。

城壁をよじ登っていた敵軍たちが悲鳴を上げ、地面に落ちていった。

いつも綺麗に整えられていたビアンカの真っ白な肌は、所々灰がついて真っ黒だ。

崖の上の花のように孤高だった彼女の乱れた姿に、ヴァンサンが訳もなく罪悪感を感じた。

奥様をきちんと仕えられずこうなったと考えた彼は深く頭を下げる。

「伯爵様に伝令を出したので、もう少しだけ耐えてください、奥様」

「いつ頃来られるのかしら」

「ここから辺境まで行くのに時間がかかり、報告を受けたからといってすぐに回軍しにくい点を考慮すると、早くても6週間ほどでしょう」

 



 

ウィグ子爵の計画が成功するとは思えませんが、それでも時間稼ぎにはなるはず。

ますますザカリーが回軍するのが遅れてしまいそうです。

6週間も耐えられるのでしょうか?

結婚商売【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...