結婚商売

結婚商売【158話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は158をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

158話 ネタバレ

結婚商売【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 今日の勝利を君に

アラゴンは優れた騎兵部隊で、馬乗りの実力なら周りに相手にできる者はいなかった。

彼らは生まれつきの略奪者だった。

しかし、ザカリーが登場する。

彼の騎士団はアラゴンに対抗でき、そして彼らを追い抜くことができる唯一の騎兵隊。

ザカリーが戦場に出てからは、暴れていたアラゴンの勢いが鈍くなり、ザカリーはアラゴンとの戦争で連戦連勝を記録する。

しかし、今回だけは彼の長所である騎兵を活用するのが難しかった。

騎兵の長所は優れた機動性と攻撃力だが、それに比べて防御力が足りない。

どれだけ長期戦に入るか分からないだけに、一つ一つの軍事が重要だった。

不足している軍事数では、築作りも容易ではない。

それで、どうすればいいか悩んでいた瞬間、訪ねてきたダボビル伯爵の支援群は、まさに乾いた空に恵みの雨のようだった。

戦場は小さくて浅い稜線が波打つような場所。

そのうち、ザカリーがいる場所は背後に山を背負っている最も大きな稜線だ。

アラゴン軍も彼らと向き合い、軍を整備する。

両軍の勢いは拮抗していた。

 



 

全ての準備が終わった。

黒馬の上に乗ったザカリーは、鎧の上に家紋の紋章である銀色の盾の中に黒いオオカミが刻まれた黒いコートを着る。

いずれ地獄の阿鼻叫喚に変わる戦場を見る彼の黒い瞳は、戦争の熱気で揺れていた。

先に足を踏み入れたのはアラゴンの騎兵部隊。

彼らの馬は最も厄介な弓兵部隊に向かっている。

しかし、弓兵の前には穴と丸太の罠が。

アラゴン軍が一瞬停滞したとき、ザカリーが叫ぶ。

「弓兵、照準!発射!」

弓兵たちは一糸乱れずに長弓を持ち上げ、弦を引いたまま弓を射る。

一気に打ち上げた矢が真っ黒に空を埋め、一気にアラゴン軍を突き破った。

「歩兵の方が空いている!そっちに向かえ!」

混乱しながら右往左往していたアラゴンの騎兵部隊は、隊長の言葉に従って歩兵がいる場所に馬を走らせる。

しかし、騎兵隊が歩兵隊の前に到着したとしても、事態は容易ではなかった。

歩兵が耐え続けている間、アラゴン騎兵の上には矢が降り注いだ。

それは無意味な消耗戦に他ならない。

アラゴン軍は十数回も突撃を試みたが、アルノー軍の戦列を全く乱すことができなかった。

戦争は言うまでもなく、アルノー軍の大勝利に終わる。

「後退!後退しろ!」

隊長は歯を食いしばってザカリーを睨みながら後退命令を下す。

今日の状況は一変した。

戦列を整備し、支援軍を呼び寄せて再び対決した方がいいと判断したのだ。

隊長の命令に疲れ果てていたアラゴン軍は、今だと思って慌てて後退し始める。

 



 

引き潮が抜けるように一気に散らばるアラゴン軍を見て、ザカリーは慌てて叫んだ。

「後退できないようにしろ!今度は完璧に掃討しなければならない!」

今回の機会を逃せば、彼らも対策を立ててくるだろう。

勝機を掴んだこの機会に、アラゴン軍を完全に根絶しなければならなかった。

しかし、アラゴン軍は騎兵であるため、退却速度が速い。

アラゴン軍より機動力が足りなかったアルノー軍は、後退する彼らに追いつくことができなかった。

ザカリーはイライラして馬の手綱を握る。

短時間で決断を下さなければならない。

彼の頭の中が危険と得られるものを何度も繰り返した。

その時、アラゴン軍の退却速度が次第に遅くなり始める。

アラゴン軍の後方が騒然としていた。

何が起こっているのかを調べるために、ザカリーは目を細める。

遥かに離れていた距離がどんどん近づき、その時になってようやくアルノー軍もアラゴン軍の後方で何が起きているのか理解した。

「あれは・・・!」

反対側の稜線の上で、真っ白な兵士たちが姿を現す。

無紋で真っ白なチェニックは高潔な神の象徴で、聖騎士団だけが羽織ることができる。

「聖騎士団!」

セブランに聖人が現れたという噂を知っていたため、聖騎士団が誰の肩を持つかは明らかだった。

アルノー軍の顔は希望に、アラゴン軍の顔は絶望に包まれる。

だが、なぜ聖騎士団がここに現れたのだろうか?

ソヴールとロベルは、この状況が信じられないかのように口を大きく開けていた。

ビアンカが聖人であることを知っていたマルソーも驚いたのは同じ。

聖騎士団が志願するとは思っていたが、こんなに早く来るとは思わなかったのだ。

ザカリーは苦笑いした。

彼女に気にすることを作りたくなかったのに、結局こうやって助けてもらった。

(ありがとう、ビアンカ・・・)

ザカリーは腰の剣を抜いて叫ぶ。

「神の意志は私たちにある!セブランよ!神に捧げる勝利のために進撃せよ!」

ザカリーの号令とともに、アルノー軍は動き、それと同時に聖騎士団はまるで真っ白な津波のようにアラゴンを押しつけた。

結局、アラゴンは1人2人と地面に倒れ、大地にそびえ立っているのはアルノー軍と聖騎士団だけ。

圧倒的な勝利と心強い支援軍に、アルノー軍は皆歓声を上げる。

ザカリーは歓喜に満ちて勝利を満喫するアルノー軍を見守ると、唇をニッコリ上げたまま静かに囁いた。

「今日の勝利を君に、ビアンカ」

 



 

アラゴン軍に勝利したザカリー。

聖騎士団の登場で、アルノー軍にもビアンカが聖人だと知れ渡ることでしょう。

彼らの反応が気になりますね。

結婚商売【159話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は159話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...