結婚商売

結婚商売【156話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は156をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

156話 ネタバレ

結婚商売【155話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 芳しくない状況

ザカリーが戦争に出てからもう1ヶ月が過ぎた。

アルノー領地を離れてビアンカにあんなに豪語したが、いざ戦場の形勢はそれほど良くはない。

何よりも士気が底をつくと、勝つ戦争も簡単には解決できなかった。

百戦無敗の名将であるザカリーの下で数えきれないほど多くの戦場を転々としてきたアルノー軍だったが、彼らは皆不安を隠すことができなかった。

他でもなく、ゴティエ王子の死のためだ。

ゴティエ王子の象徴的な意味もあったが、彼の死によっていざという時に彼らを救ってくれる支援軍がいないということに対する衝撃が大きかった。

第1王子派の貴族たちはゴティエ王子の死とともに自分の生きる道を求めてバラバラに。

特に、第2王子の方に傾くようになった人が多かった。

情勢についてよく知らないビアンカが鋭く王位の序列を把握したのとは異なり、他の人々はそれでも王世子であるアルベールよりも第2王子であるジャコブの方が優位だと考えたのだ。

何よりもアルベールは若過ぎた。

一方、ジャコブは今が全盛期だ。

問題があるとすれば、ジャコブの出身が忌まわしいことぐらいだろうか。

私生児を極端に嫌悪するセブランにおいて、ジャコブの母親が彼を産んだ時期と契機は噂になるほどのことだった。

しかし、結局、ジャコブの母親はセブランの正統な王妃に。

今さら彼の出身を言いがかりに王になれないと言う名文には足りないだろう。

みんなジャコブのご機嫌とりに忙しかった。

アルベールを支持しなければならない貴族たちが離脱すると、セブランの情勢が混乱するのも当然だ。

そのような状況で辺境の戦争にまで気を遣うことはできない。

しかも出場している相手がジャコブと仲の悪いザカリー、彼なら尚更だ。

 



 

実際に現在、ザカリーが支援軍を要請する書簡を送ったが、何の知らせもなかった。

ザカリーは滅多に来ない支援軍に歯を食いしばる。

今回の戦争は何とか突破できるだろうが、アラゴンとの戦争はこれで終わりではない。

果たして自分はどれくらい耐えられるだろうか?

1回?それとも2回?

このような戦況が遅々として長引けば崩れるのも時間の問題だ。

いざとなったらブランシュフォール家に支援を要請すればいいが、そちらも今はままならない状況だった。

ザカリーが王世子アルベールの護衛を任せたのが、まさにブランシュフォール家なのだから。

ビアンカがそれとなく教えてくれた通り、ゴティエの暗殺疑惑とともにアルベールの暗殺可能性について伝えただけに、ブランシュフォール家も忙しいのは目に見えていた。

その上、ビアンカにジョシュアンを戦争に参加させないと豪語しただけに、そちらに支援軍を要請することもできない。

それはある意味やや愚かな、男としてのプライドだ。

 



 

緊迫した状況だったが、領地にガスパルを置いてきたことに後悔はしていない。

むしろガスパルを置いてきたので、このような状況でもザカリーは理性を維持できているのかもしれない。

ビアンカが送ってくれるという聖騎士団を思い出す。

しかし、ザカリーは首を横に振った。

彼女が聖人であるというビアンカの言葉を疑っているわけではない。

しかし、ビアンカが聖人だから教団が聖騎士団を派遣してくれるとは思えなかったのだ。

ザカリーは聖人について詳しくない。

セブランに聖人が登場したことでアラゴンが停滞するかもしれないという噂を聞いたことはある。

しかし、それについて深く考えなかった。

聖人がそこまで教団に影響を及ぼすのか疑わしいからだ。

そのような考えは今も変わらない。

当事者のビアンカの護衛ならともかく、夫である自分の戦争を助力するなんて・・・。

アルノー領地に帰ってくるやいなや当日未明に出場することになり、ビアンカと話す時間が短く、残った時間さえ夫婦関係をするために全て過ごしてしまった。

そのため、ザカリーは聖人の存在意義と教団が聖人をなぜ全心全力で支援するのか緊密な内情までは知らなかった。

聖人に対する教団内の意見がどうかるか分からないだけに、ザカリーは生半可に期待しないことにした。

戦争はそうでなくても不確実な要素が溢れている場所だ。

それだけに、彼が戦争で考慮すべきことは全て確実なことでなければならなかった。

兵舎の中で考え込んでいたザカリーは深いため息をついた。

周辺の状況が複雑でも、彼がすべきことは決まっている。

勝利とともに領地に戻ること。

そしてビアンカを抱きしめて彼女の体の隅々まで休む暇もなくキスをすること・・・。

ザカリーはその日だけを称え、厳しく自身の心を鞭打った。

 



 

戦況は想像以上に芳しくないようです。

ザカリー本人の暗殺も心配ですが、首都からの支援が全くない状況。

聖騎士団の応援はいつ頃になるのでしょうか?

結婚商売【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...