結婚商売

結婚商売【152話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は152をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

152話 ネタバレ

結婚商売【151話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は151話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ザカリーの告白

まだ気がつかなかったビアンカはザカリーをじっと見上げた。

彼の表情は耐え難い焦りで覆われている。

今にもビアンカに触れたくて、どうしたくて堪らない様子で。

ザカリーとビアンカの舌が絡み合い、お互いに誰が先と言うまでもなく抱きしめた。

それほど長くない時間の間、二人は乱れるほど乱れる。

石壁から寒気が染み出る冬になったにもかかわらず、二人の間の空気は熱く盛り上がった。

しばらく息が切れた隙を狙ってビアンカは喘ぎながらザカリーに尋ねる。

「あなたは?あなたは・・・、私が・・・、嫌いじゃないのですか?仕方なく結婚することになった相手だから責任感で___」

ビアンカは投げかけた質問に、ザカリーは手を止める。

彼はビアンカから上半身を離し、彼女を見下ろした。

ビアンカを凝視するザカリーの目つきは真剣だ。

「もちろん最初は責任感でした。あなたは7歳で、私は大人でしたから。どうにかして君の責任を負わなければならないと誓った」

ザカリーは苦笑いする。

結婚式の日、悲しそうに泣いていた幼いビアンカを思い出してしまう。

これまでのところ、彼はビアンカが自分を嫌っていると信じて疑わなかった。

自分に向き合うだけで口をギュッと閉じて顔をしかめるので、好きだと思う方が変だろう。

それでもビアンカが自分の妻であるだけに、彼女に最善を尽くすことを誓った。

そうしている間に時間が経って、数回の季節が変わる。

子供はあっという間に育った。

泣き虫だった少女は青白く気品のある淑女として咲き、ザカリーは次第に彼女から目を離すことができなくなる。

 



 

成長したビアンカは、ザカリーの心の中に欲望という火をつけた。

本人が禁欲的だと信じていただけに、ザカリーは体を飲み込むような激しい炎にびっくりしてしまう。

私の枠の中で、私が育てた花嫁・・・。

そんな不穏な心が湧き上がるたびに、ザカリーを自分を鞭打って気を引き締めてきた。

自分が欲を満たそうとすればするほど、彼女にとって悪人にならざるを得ないということをよく知っていたからだ。

ザカリーはビアンカを傷つけたくなかった。

ビアンカと結婚する前、ザカリーは成功だけを見て生きてきた。

それでブランシュフォール家との結婚も承諾した。

しかし、ザカリーが自分の心に垂れ下がった欲望を自覚した後、彼は自分がビアンカのために成功しようとしていることに気づく。

彼女にもっと良いものを与えるために。

彼女にとってもっと良い夫になるために・・・。

彼は与える愛しか知らなかった。

貰うことは期待すらしないまま破廉恥な欲だと考えて乗り切ってきた。

ビアンカが自分を好きになる理由よりも嫌いになり理由をもっと多く挙げることができるのに、どうしてビアンカに愛されるという希望を抱くことができるだろうか?

 



 

それはビアンカと体を交えてからも同じ。

ビアンカが自分を受け入れたのは、ただの夫である自分への順応のためだけではなかっただろうか?

結局は自分に順応して生きなければならないという、そんな諦めのある順応・・・。

そんな考えがザカリーの頭の片隅に残っていた。

それでもっとビアンカに優しくしようと努力し、彼女の顔色を伺ってきた。

それだけに、ザカリーは今この甘い夢のような時間が信じられないでいる。

「でも一年、一年が過ぎて・・・、君の責任を負わなければならないという考えが、君の責任を取りたいという考えに変わっていた。君はいつも私の妻でした、ビアンカ。私が愛することができる相手はあなただけで、私が愛した相手もあなただけだ。私があなたを愛しているのでなければ、誰も愛を知らないだろう」

ザカリーの告白にビアンカは息を吸う。

ザカリーに触れた部分が焼けたように熱い。

ビアンカは頭が熱くなる気分で思わずザカリーから視線を逸らし、吃りながら口を開く。

「今まで、好きと言ってくれたことないじゃないですか。私が好きだと・・・」

「私の本心があなたに拒否されるのが怖かったです、ビアンカ。英雄という威名の下、私はこんなにも臆病なのです。あなたに確信してもらうまで、私の心一つまともに告白できない・・・」

ザカリーの言葉はビアンカの心情を代弁していた。

ああ、私たちは同じ考えでお互いの周りを空回りしていただけなのね。

私たちはいつも同じことを考えていたんだね・・・。

ビアンカは、とうとう堪えきれなかった涙をこぼす。

彼女の薄緑色の瞳に涙が重ねられた。

「あなたはまだ泣いているのですね」

ザカリーがビアンカの目を手で優しく拭く。

 



 

お互いの空回りに気づいた二人。

このままどんどん進展して欲しいですね!

結婚商売【153話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は153話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...