結婚商売

結婚商売【146話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は146をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

146話 ネタバレ

結婚商売【145話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は145話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 予言に近い本能の囁き

ザカリーは、ビアンカが倒れるのを見るやいなや彼女の名前を呼びながら床を蹴った。

「ビアンカ!」

幸いなことに、ビアンカが床に倒れる前に、ザカリーは彼女を安全に捕まえることができた。

ザカリーは急いで腕に中に抱かれたビアンカを調べる。

彼女はすでに気絶していた。

頬に手を当てると冷たさが感じられるような青ざめた顔色。

一体何が彼女をここまで窮地に追い込み、死を目前に控えた人のように怯えさせているのだろうか。

ザカリーは長い間ビアンカの疲れに濡れた顔を見つめる。

彼女の心を楽にしてあげたいが、それが直ぐに不可能なことだというぶつかりに彼の息の根が詰まった。

自分はこんなにも無力な男だったのか?

自壊感が込み上げるほどだ。

歯を食いしばったザカリーは、そのままビアンカを抱き上げて彼女の部屋に向かう。

それが今すぐ、彼がビアンカのためにできる唯一のことだった。

 



 

ビアンカは、まるで城の劣塔から押し出されたかのような浮遊感を感じながら起き上がる。

「はあ・・・!」

彼女は息を切らし、乱れた頭を2、3回振った。

居場所はとても慣れ親しんだ自分の部屋だったが、一体なぜ自分がここにいるのか分からない。

確かにザカリーが帰還して、彼から戦争の知らせを聞いたはずなのだが・・・。

ビアンカはワンテンポ遅れて、自分が気絶したことに気づいた。

「はぁ・・・、私は気絶したの?」

普段どれだけ頭を悩ませても気絶したことなんてないのに。

いくら衝撃的なニュースだとしても、プライドが傷つくほどだった。

その時、ビアンカのそばでそっと尋ねる声が聞こえてくる。

ザカリーだった。

「起きましたか?」

ビアンカは乾いた地面がガラガラに割れるような喉の痛みを堪えながら苦労して尋ねる。

「私は・・・、どのくらい気絶していましたか?」

「一時間ぐらいだ」

そんなにも・・・。

ビアンカは嘆いた。

短いと言えば短い時間だったが、そもそも彼女に与えられた時間は少ない。

自分にはやるべきことが多いのに・・・。

「時間がないのに・・・」

ビアンカは低い声で呟き、まだ混迷の目を覚ますために頭を振る。

苦労して複雑に頭の中に積み上げたものが、1回の気絶と共に全てメチャクチャに崩れ落ちて入り混じった。

彼女はできるだけ冷静に状況を把握しようとしたが、それほど簡単なことではない。

ザカリーはそのようなビアンカをじっと見つめていた。

彼の視線がビアンカの状態を伺うように顔色を見ていた。

「普段からこんなに気絶することが多いのですか?イボンヌは初めてのことだと言っていましたが」

「気絶までしたのは初めてです」

「そんなに衝撃的でしたか?何がそこまで?」

ザカリーの質問にビアンカの言葉が詰まる。

今の彼女は、満タンの不安を隠す余力さえなかった。

ビアンカはザカリーを真っ直ぐ見つめながら口を開く。

「あなたの戦争です」

 



 

「戦争は慣れ親しんだことだ。私はあなたと結婚して数えきれないほど戦争に出てきた。いつものように、あなたはここでゆっくり休んでくれればいい」

ビアンカを安心させようとするザカリーの説得にもかかわらず、彼女は簡単には落ち着かなかった。

彼の言葉は彼女の耳を掠めるだけ。

ビアンカはザカリーの腕にしがみつきながら哀願した。

「行かないで」

「そんなことはできません、ビアンカ」

「あなたが危ないのです」

「戦争は常に危険を伴いますが、あまり心配しないでください。まもなく勝利と共に戻ってきますから」

「今回は本当に危ないんです!」

同じ言葉が繰り返されることに耐えられなかったビアンカは、真っ赤な悲鳴を上げながらザカリーの裾をギュッと掴んだ。

ザカリーは戦争で生きているかのように戦争を恐れなかった。

一方、ビアンカはいつも暖かくて快適な城にいる。

彼としては、ビアンカの戦争に関するアドバイスはそれほど真剣に受け止められないのも当然のこと。

普段なら、ビアンカも不安であっても、ここまで意固地になって阻止することはないだろう。

しかし、今回の戦争はこれまでと違う様相を呈していた。

彼女は今回がザカリーの命を脅かす戦争になることに気づいたのだ。

それは予言に近い本能の囁き。

ザカリーを握った手には汗が溢れていた。

彼女の頬にも冷や汗が流れている。

ザカリーを止めようとするビアンカは必死だった。

ビアンカが興奮しただけに、ザカリーは声を上げないように努力する。

彼は手の甲でビアンカの頬を撫でながら優しく尋ねた。

「何がそんなに怖いのですか、ビアンカ。心配しないでください。いつものように勝利して帰ってきますから」

「今回だけは違います!あなたが死ぬこともあるんですって・・・!」

大声で叫んだビアンカは、一瞬息が詰まるようにゴロゴロと音を立てる。

彼女の細い喉がはためいていた。

ザカリーは慌ててビアンカの背中を軽く撫でる。

彼女は彼の固い腕にしがみつき、興奮を抑えることができないまま過呼吸に。

辛うじて呼吸が安定したビアンカは水気の切れた声で苦労して哀願した。

「どうか行かないでください」

「私の代わりをする人がいません。私が参戦しなければ、セブランが焦土化するでしょう。アラゴンが彼らを踏み躙り、蹂躙するだろう。そこで終わりではありません。彼らは結局、このアルノーまで侵略します。その時になって鎮圧するには遅すぎるのです!」

静かに説明しようとしたザカリーの声が結局高まってしまう。

遅ればせながら彼は口をギュッと噛んで首を横に振った。

ここで自分まで興奮してはいけない。

ザカリーは静かにため息をつき、落ち着きを取り戻そうとした。

 



 

二人の会話が辛すぎます・・・。

このままでは会話が並行状態のままですが終わりは見えるのでしょうか?

結婚商売【147話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は147話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...