結婚商売

結婚商売【135話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は135をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

135話 ネタバレ

結婚商売【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 真っ赤な悲鳴

しかし、だからといって全ての問題が解決された訳ではない。

未来を考えれば、さらに漠然としていた。

(ザカリーが死んで得られる自由は意味がない・・・)

ビアンカはすぐにでもザカリーの遺言状を取り消し、妊娠の危険性であれ何であれ直ちに避妊を止めるよう叫びたかった。

しかし、ここまで剛健な立場なら、ザカリーは簡単にビアンカの頼みを聞き入れてくれないだろう。

(どうやって彼を説得する?)

ビアンカは口をギュッと閉じて頭を転がした。

しかし、絡み合った糸を引き出すように考えは中々纏まらない。

そんな彼女の沈黙をどう受け入れたのか、ザカリーの勢いが瞬く間に急変した。

「そうだろうね」

優しくビアンカを説得しようとした姿は影もなく、自問自答する彼の声は威嚇的でさえあった。

びっくりしたビアンカは頭を上げてザカリーを見上げる。

彼の黒い瞳は、火がついた炭のように燃え上がっていた。

「あなたにとって私は、そんなに頼りない男ですか?」

 



 

ザカリーもおかしくなりそうだった。

ビアンカが自分に隠す秘密があることと共に、真心を信じてくれないことは思ったよりもザカリーを窮地に追い込んだ。

自分のことを一体どう思って、自分が彼女を捨てると思ったのだろうか・・・。

自分が彼女を家に帰すと・・・。

そう考えると、もどかしくて死にそうだった。

ザカリーの唇の先が自嘲的に捩れる。

ビアンカと初めて会ったとき、ザカリーはすでに成人しており、彼女は7歳の子供だった。

ザカリーは自分が保護者であり、大人であるだけに、常にビアンカのために理性を守ろうと努力した。

それが大人である自分の義務だと思ったから。

それで、今まで一生懸命我慢し続けた。

ビアンカと向き合って声を上げたり怒ったりもせず、大げさに言ったりもせず・・・、大人の余裕と心強いところだけ見せようと努力してきた。

しかし、これまで積み重ねてきた努力が一瞬にして砂の城のように崩れる。

自分の人生において、ここまで激情的だったことがあっただろうか・・・?

自分を信じてくれないビアンカが恨めしかったりもした。

断言するが、十数年の結婚生活の中でビアンカに恨みが湧いたのは今回が初めてだ。

それだけ今回のビアンカの発言は、ザカリーの心の奥底に隠されていた逆鱗に触れた。

「私が頼りないから、こんなことをしているのですか?」

「あなたこそ・・・」

ビアンカはやっと話を切り出した。

ザカリーの激情的な訴えは女心を揺るがすほど切々としたが、ビアンカの表情は依然として固いまま。

ザカリーだけが悔しいのではない。

彼女にも言いたいことは多かった。

ビアンカの唇に自嘲の色が浮かんだ。

「私に子供をくれないのは、私が頼りないからでしょう?」

「そうではありません!私はどこまでもあなたを心配して・・・!」

「私も同じです!」

ビアンカが叫び、真っ赤な悲鳴が部屋の石壁にぶつかってこだまする。

 



 

ザカリーがなぜ避妊するのかは理解した。

しかし、頭で受け入れたからといって心ですぐに受け入れるのは難しいものだ。

特にビアンカはどうしても子供を育てなければならない分だけもっと。

ビアンカは息を吸った後、やっと話を続ける。

「私に確信をください」

「何の確信?子供がいなくても、私にとってあなたは唯一の妻です。あまり不安に思わないでください」

「それじゃあ駄目です」

ビアンカは歯を食いしばった。

なんとかザカリーを説得し、少しでも早く子供を持たなければならないのに・・・、彼の防御は鉄壁のように堅固だ。

ビアンカが唯一の妻だというザカリーの確答にも安堵できないまま、これほど子供を持とうとするのには全て理由がある。

彼女だからといって、ザカリーの思いやりを無惨に無視したいわけではない。

しかし、未来は刻々と迫っていた。

彼女が見た未来通りなら、ザカリーはあと6年後、ビアンカが23歳の時に戦死することになる。

ザカリーの死はそれより早いかもしれないし、遅いかもしれない。

しかし、神様がビアンカを選択して未来を見せてくれるほどなので、結局は訪れる未来に他ならなかった。

ビアンカには確信が必要だった。

自分が未来を変えられるという確信が。

そうすることでザカリーを生かせるという確信が。

彼女がこれまでささやかに変えてきたことは、確かではない。

レース、修道行、大人の冊封・・・。

その全てがビアンカの人生においてザカリーの死と同じくらい大きな転換点なのかと聞かれたら、断固として首を横に振るだろう。

ビアンカが考えた未来を変えるための、確実な一歩は、まさにザカリーとの子供を持つこと。

過去にはなかったもの。

夢から覚めた彼女が一番切実に願ったこと。

ビアンカが回帰したと信じた当時、彼女は無力に追い出されないためにザカリーとの子供を持つと誓った。

あれほど強い誓いが何の意味も持たないはずがない。

神がそこまで按配していたら、ビアンカが子供を持とうとしたことがザカリーの死を阻止することと何らかの関係があるのではないだろうか?

 



 

これまでずっと我慢し続けたザカリーに限界が。

お互いに主張し合うことで妥協点は見つかるのでしょうか?

ビアンカが望む確信の具体的な内容とは?

結婚商売【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...