結婚商売

結婚商売【133話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は133をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

133話 ネタバレ

結婚商売【132話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は132話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 遺言状の中身

ビアンカはザカリーの遺言状を大まかに推測していた。

しかし、実際に内容を両目で確認してみると、頭をハンマーで強く殴られたような衝撃が押し寄せてくる。

普通遺言状には領地と爵位、軍事権と作物に対する権限、私的な財産一つ一つ誰に譲るようにという内容が書かれているものだ。

しかし、ザカリーの遺言状の内容は単純で簡潔。

ビアンが一目で確認できるほど。

<ビアンカが子供のいない状態でザカリーが死んだら、二人の結婚を無効にしてブランシュフォール家に帰し、アルノー家の領地と財物はすべてブランシュフォール家に帰属すること>

遺言状を確認したビアンカは苦笑いした。

あまりに呆れて笑いしか出てこない。

結婚を無効にしながら財物はすべてブランシュフォール家に帰属させる?

何という慈善事業なの?

ザカリーの遺言状は話にならなかった。

子供のいない状態でのビアンカは婚姻無効にしたり、財産を譲り受けたり。

二つのうち一つだけを選ばなければならない。

ザカリーの遺言状は皆無だった。

ビアンカが見た未来の夢では、遺言状の存在が取り上げられなかった。

ウィグ子爵がこの遺言状を漏らした可能性もあり、もしかしたらヴァンサンかもしれない。

ビアンカがザカリーの安危に関心なくフェルナンと不倫をしながらも、ザカリーのすべてを受け継ぐという事実に恨みを抱くのが不思議ではならなかったからだ。

幸い、今のヴァンサンはビアンカに敵対的ではなくて素直に遺言状について教えてくれたが、内容が内容なので喜んでばかりはいられない。

 



 

ビアンカの頭の中が複雑になる。

「お父様はこの遺言状の内容をしているの?それとも、そもそも私の父とこんな契約をして私と結婚したのだろうか?一体どうして?それは何の意味があるの?」

いずれも不確実な推測に過ぎない。

しかし、その中で確実なことの一つは、まさにザカリーが今まで避妊してきた理由がこれと関係があるという事実だった。

死後、ビアンカを手放すために。

ビアンカと連結論を作らないために・・・。

遺言書の中身は一方的にビアンカに有利だった。

あまりにも有利だったので、かえって疑いが沸き起こるほどに。

果たしてそれは死に限った考えなのだろうか?

もしかしたら、ザカリーは今まで自分と離婚する日だけを待っていたのではないだろうか?

そう考えた瞬間、ビアンカのお腹に怒りが込み上げてくる。

それが飛躍であることは彼女も知っていた。

しかし、ザカリーを信じてきただけに、より大きな裏切り感が彼女を巻き込んだ。

「いいや、そんなことはしないわ・・・。でも夫の死後、また娘に戻る奥さんだなんて・・・。それはどんな夫婦?結局、彼は私を妻だと思ったことがないという話に他ならないじゃない。いつも死を警戒しながら、同時に私との別れを思い出したってこと?」

喉が詰まったビアンカは唇をギュッと噛む。

込み上げてくる息を何度も飲み干すビアンカの目元が潤んでいた。

 



 

そのようにビアンカが遺言状の真意について噛み締めている矢先、ザカリーが訪ねてきた。

彼女は混乱した感情を隠し、毅然として真っ直ぐな態度で彼を迎える。

ビアンカの顔は真っ青になっていたが、ギュッと閉じた唇が彼女の断固たる決意を示した。

「・・・ビアンカ」

ザカリーの呼びかけにもビアンカは何も答えず、彼をじっと見つめる。

いくら毅然としたフリをしようとしても隠すことができなかった混乱と裏切り感がビアンカの緑色の瞳に揺れていた。

「だから避妊していたのですか?」

震える声の先が割れる。

衝撃を受けないふりをしようとしたが、口を開けると同時に溢れ出る悲しみに到底耐えられなかった。

感情的に振る舞ってはいけない。

そうしてもザカリーからまともな返事を聞くことはできないのだから。

彼女はどこまでも遺言状の内容について論理的に問わなければならなかった。

それを分かっていながらも、一度頭のてっぺんに熱が上がると、ビアンカは自らを制御することができなかった。

真っ白に空いた頭の中。

ビアンカの唇は何かを吐き出しそうに動いても、そのすべてを口の中に隠しておくように固く閉ざされた。

ビアンカは貝殻のように固く閉ざされた口を辛うじて開けて、どもりながら自分の本音を打ち明ける。

「私は・・・、あなたが私を認めたと思いました。あなたのそばに立つ資格がある、あなたの奥さんとして・・・、それで・・・」

「あなたは認められる必要はない」

ザカリーはキッパリと言い切った。

ビアンカは茫然自失のまま、彼を見上げる。

影越しにザカリーの顔は、まるで夜明けに出会った幽霊のように。

針を刺しても入らないような冷静な表情。

見知らぬ彼の顔に向き合ったビアンカの体に一瞬鳥肌が立つ。

今まで彼のことをたくさん知っていると思っていたのに・・・、それは傲慢な錯覚だったという囁きが耳元をかすめて通り過ぎた。

ザカリーは戦争を宣告するかのように固く付け加える。

「敢えてそうしなくても、あなたが私の妻であることに変わりはないのだから」

 



 

遺言状の中身は想像以上に簡潔でしたね。

夢の未来で遺言状が適応されなかったのが気になります。

ザカリーとヴァンサン以外に遺言状の中身を知った人物がいたとか?

結婚商売【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...