結婚商売

結婚商売【117話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は117をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

117話 ネタバレ

結婚商売【116話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は116話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ザカリーの心配事

祝聖式を終えたビアンカが大司教室を出るやいなや、イボンヌとガスパルが駆けつけてきて彼女を迎えた。

イボンヌの視線が青白いビアンカの顔を几帳面に見る。

「奥様、大丈夫ですか?どうして顔色がこんなに悪いのですか?」

「大したことないわ。久しぶりに長く立っていたからだと思う」

ビアンカが無造作に答えた。

とんでもない言い訳だったが、イボンヌが聞くにはもっともらしく聞こえる。

「確かに、今日教会まで歩いてこられただけでも大変だったと思いますが・・・。帰り道には馬車を呼びましょうか?」

「王女様もいらっしゃるから、大丈夫よ」

ビアンカは手を振った。

そのようなビアンカとイボンヌの対話を聞いていたガスパルの視線が、ビアンカの瞳の深いところをじっと眺める。

普段の信仰心とはかけ離れている彼女だ。

そんなビアンカが大司教と単独面談・・・。

きっと大司教室で何かあったはずなのに、それが何かまでは分からなかった。

ビアンカの顔をどれだけ几帳面に見ても同じだ。

ガスパルが見守る中でもビアンカの顔色は刻々と暗くなっていく。

「でも疲れたわ。王女様に挨拶をして帰りましょう」

ビアンカがふらふらと歩く。

彼女を支えようとするイボンヌの手も拒み、一人で屈せず歩いていった。

頑固なほど一貫した態度で。

 



 

ビアンカが礼拝堂に戻ると、彼女と向かい合ったオデリーとカトリーヌがビックリした。

彼女たちから見てもビアンカの状態が悪く見えたからだ。

ビアンカがぎこちなく笑いながら「もう帰ります」と話す前に、二人が彼女の背中を押す。

「早く帰って休んでください。このままでは倒れそうです」

「そうです。今日は無理しすぎじゃないですか?」

「そうですね。私たちも、もう帰る予定なので、伯爵夫人も気にしないでください。あ、馬車。馬車を呼ばないと」

ビアンカが大丈夫だと言おうとしたが、オデリー王女が一歩早かった。

彼女が先頭に立って馬車を呼ぶと、ただでさえ疲れていたビアンカの気力では止められなかった。

オデリーの強圧的な決定に、ビアンカの後ろにいたイボンヌは心の中で歓呼する。

 



 

そのように宿舎に帰ってきたビアンカは一日中ぼうっとしていた。

その翌日も宿舎に閉じこもる。

ビアンカは一日中窓の外だけを見つめながら何かを噛み締め、また噛み締めた。

イボンヌが声をかけても、気まずく答えたり無視したりするのが常だった。

ぼんやりとしていた彼女の視線が遠くを凝視する。

彼女が何にそんなに取り憑かれているのか、さっぱり分からなかった。

ザカリーもすぐにビアンカの異変に気づく。

確かに教会に行く道を見送る時は普段と同じだったが、戻ってきた彼女の姿はどこかおかしかった。

ひょっとしたらと思ったザカリーは、護衛としてつけておいたガスパルとロベルにあの日の出来事について尋ねる。

オデリー王女と二人きりで行くと思ったらダボビル伯爵夫人が同行したのは予想外のことだったが、それは大したことではない。

むしろロベルの目には雰囲気が良いのがとても親しく見えたというほどだから、ビアンカの気分を最優先に考えるザカリーの立場では嬉しいことだ。

ただ、ガスパルの言葉の中で気になることがあった。

まさにビアンカが大司教と面談したということ。

「ビアンカが・・・、大司教に会った?」

「はい。プレゼントも用意して行かれました。最初はオデリー王女に渡すプレゼントだと思ったのですが・・・」

前もってプレゼントまで用意した?

偶然の出会いではないということだ。

普段の信仰心とは程遠いというガスパルの主張にザカリーも同感するところだった。

そんな彼女が何のために大司教に会うというのか?

ザカリーの疑問に答えるように、ガスパルは続ける。

「大司教に奇跡の事例について聞きたいことがあると仰いましたが、正確にどんな内容なのかは分かりません。奥様が単独面談を主張されたので・・・」

「単独?」

ガスパルの言葉が落ちるやいなや、ザカリーの顔が石のように固まった。

ガスパルはザカリーの顔色を伺ってうなずく。

「ええ、奥様が強硬でしたので」

「何の話をしたかは分からないと」

「はい。中で会話の音が聞こえましたが、聞き取れるほどではありませんでした」

「大きな音は聞こえてない?」

「はい。ただ、大司教室から出てきた奥様の顔色が疲れていました。単純に外出を長くした後遺症なのか、それとも会話内容のためなのかは私もよく・・・」

聞けば聞くほど、もっと迷宮に落ちていく気持ちだった。

奇跡の事例?

なぜそんなことを聞いたのかはともかく、それがそんなにビアンカを揺るがすことなのか?

他のことがないか考えてみろと叱咤しても、ガスパルは面汚く頭を下げるだけ。

 



 

ザカリーからすればビアンカが大司教と話しただけで、どうして変になったか分かりませんよね。

このままでは迷宮入りですし、直接ビアンカに聞くしかないでしょう。

結婚商売【118話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は118話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...