結婚商売

結婚商売【110話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は110をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

110話 ネタバレ

結婚商売【109話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は109話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • フランシスの要望

「プレゼントを気に入ってくださったようですね」

「とても気に入っています。こんなに貴重なものは初めて見ました。どうやって蝋燭に彫刻することを考えたのでしょうか。それに、彫刻の腕前も私が見てきた彫刻家の中でも最高です」

どこで手に入れたのか露骨に聞くのは品位のない行為であるだけに、フランシスはビアンカをそれとなく見た。

しかし、不安な心情をすべて消すことはできなかったのか、ニッコリと上がった口元が小さく震えている。

もしもビアンカが一つだけ手に入れた聖物や、正常でないルートで手に入れたのなら、蝋燭をもっと手に入れようとする彼の思惑が水の泡になるのだから。

神のご加護なのか、幸いにもビアンカの返事はフランシスが望む答えそのままだった。

「私たちの領地で後援する彫刻家の実力が優れているおかげです。蝋燭は神様が私たちの言葉に耳を傾けているという象徴的なものではないですか。彼の誠実さがよく受け入れられたようで、私も嬉しいです」

「感動的なお言葉です」

ビアンカは蝋燭を彫刻した彫刻家が幼い子供ということは秘密にした。

そして、何か信実な意図があったかのように包装する。

同じ物なら、人は最もらしい事情のある物に魅了されるものだ。

もともと芸術というものは何を包装するかによって感動と価値が変わるものだから。

 



 

そのようなビアンカの意図通り、フランシスは嘆かわしいため息をつく。

正直、他の言葉よりもビアンカが後援する彫刻家という言葉に歓声を上げたかった。

彼の所属がハッキリしているということだから。

フランシスは笑顔でビアンカに注意深く言った。

「失礼でなければ、このように彫られた蝋燭をもう少し手に入れることができますか?11個、いいえ、あと2個でもいいのです。法王聖下に進呈したいのですが、ご存知のように教壇で祭式を行う際、祭壇の上に蝋燭が計12本、聖像の下に3本使われるではないですか。こんなに貴重な贈り物を出してくださったのに、こんな逆提案をすることになって恥ずかしいのですが・・・」

フランシスは自分が大司教であることに大きな誇りを持っている。

王の前でもあまり頭を下げないフランシスがビアンカの前で驚くほど戸惑う姿にヨハンはビックリしていた。

しかし、初めて見たときの神聖さを考えると、そのようなフランシスの行動が理解できないわけではなかった。

顔色を伺うように低姿勢を取るフランシスの姿に、かえって当惑したのはビアンカだった。

気に入ると思っていたが、ここまで蝋燭を高く評価するとは・・・。

今回の供え物がどれほど重要なのか分からなかったから、彼の態度に戸惑うのも当然だ。

蝋燭ならいくらでもある。

駆け引きして他のものを得てもいいかもしれないが、むしろ測りすぎるような態度は真実性を落とす。

それに蝋燭は消耗品だ。

今度蝋燭を駆け引きにしたとしても、次はそう甘くないはず。

むしろ今回大司教が供え物として法王庁に捧げて法王の目に入ったりしたら、次は大司教が何としてでも蝋燭を手に入れなければならないので、ビアンカとしては投資に値する。

 



 

ビアンカは快く答えた。

「神様から授かった才能ですから、神様のために使うのは当然のことです。ただ進上した蝋燭ほど立派なものはありませんので、それに比べて大きく落ちない程度のものはあります。それでも宜しければ・・・」

「もちろん大丈夫ですよ!信徒様の広い慈悲と大きな配布に感動しました」

フランシスは明るい表情を浮かべた。

彼も頭を一生懸命転がしていたのだ。

もし法王聖下が次の祭式にもこの蝋燭を使おうとするならば・・・、アルノー伯爵夫人と法王庁間の連結役を自分が引き受けることになる。

自分を通じてのみこの蝋燭を得ることができるのだから、枢機卿になることはもちろん、教壇内で自分の発言権も強くなるはずだった。

フランシスは、将来の光明を照らす伯爵夫人が大好きだった。

彼の目にはビアンカがまるで自分を枢機卿に導く神の伝令のように見える。

彼はそんなにケチな人ではなく、受けた分だけ施せという神の戒めを常に守ってきた。

ビアンカが望むことは何でもない聞いてあげようと思い、フランシスは優しく尋ねる。

「信徒様が私たちのためにこのような貴重なものを贈ってくださったのですから、当然時間を割いて差し上げるのが正しいですね。私に聞きたいこととは何でしょうか?」

ついにビアンカが望む言葉が出た。

ビアンカは唾をごくりと飲み込み、慎重に話し始める。

「・・・しばらく人を下がらせてもいいでしょうか?」

「もちろんです」

「奥様!」

「・・・困ります、奥様」

フランシスの答えが出るやいなや、イボンヌとガスパルが反発する。

いくら相手が大司教とはいえ、身分と名誉が彼の本質を代弁するものではない。

ビアンカを脅かそうとしたジャコブも身分は王子だった。

ジャコブとの一件があったので、彼らは簡単に引き下がろうとしなかった。

彼らの忠心と心配はビアンカも理解している。

しかし、いざとなれば回帰に関する話を持ち出すこともある状況。

彼らを送り出さなければならなかったビアンカは断固として言った。

「ここは大教会よ。大司教の前で醜態を見せないでちょうだい」

「ですが__」

「家臣になった立場で主人を心配するのも当然です」

本人の道徳性と大教会の安全を疑われたにもかかわらず、大司教はむしろビアンカを引き止めた。

今の彼は自分の右頬を叩く人にも左頬を差し出せるほど心が寛大になった状態だ。

らしくないフランシスの慈悲と余裕にヨハンが目を大きく開く。

「あまり心配しないでください。ここは神の視野が届く教会です。ただ告解室で告解する。そう考えれば心が楽になると思います」

 



 

フランシスもかなりの野心家。

彼だったからこそ、ビアンカの計画も上手く成功したのでしょう。

ようやく大司教に質問できる機会が。

大司教の答えが気になるところです。

結婚商売【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は111話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...