結婚商売

結婚商売【100話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【結婚商売】を紹介させていただきます。

今回は100をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

贅沢な悪妻、ビアンカ・ド・アルノー。

人々に見捨てられ死にかけていたその時、ビアンカは奇跡的に18歳に回帰する。

絶縁したも同然の実家、アルノー伯爵令の人々も私を嫌っている。

孤立した私の立場を見つけるには、後継者が必要だ…。

「あなたの子供を産む準備ができました」

「…その話はあとにしよう」

「私たちの結婚はいくらだったでしょうか。 その代をすると言っているのです」

夫の子供を産まなければ。夫を誘惑してでも、説得してでも。

 

ビアンカ・ド・アルノー:主人公

ザカリー・ド・アルノー:ビアンカの夫。

イボンヌ:ビアンカの専属使用人。

ソヴール:ザカリーの側近。

ロベル:ザカリーの側近。

ガスパル:ザカリーの側近

【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

100話 ネタバレ

結婚商売【99話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は99話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ダボビル伯爵家

勝利パーティーが終わった日、カトリーヌは髪の毛と同じくらい顔を真っ赤にして宿舎に戻った。

自分の優柔不断な行動がダボビル伯爵家の名誉を傷つけたからだ。

夫が婿に来てダボビル伯爵家のためにどれだけ献身したかを誰よりも知っているのは自分だった。

それだけに、彼女は夫の役に立つどころか、迷惑をかけたという事実に耐えられなかった。

カトリーヌは呟くように小さな声で謝罪する。

「ごめんなさい」

「何を?」

毒蛇の舌という異名を持つダボビル伯爵、マルソーは滑らかな顔でカトリーヌの方を振り返った。

曲がった目つきはいつものように優しく彼女を眺めている。

綺麗に整えられた髪と服は一つも乱れていない。

いつも完璧な彼を表すように。

それに比べて自分は・・・。

カトリーヌはしょんぼりと頭を落とした。

「私のせいで家門の名前に汚点が残ったじゃないですか。あちこちで振り回される伯爵夫人だと侮って見られるでしょう」

「そんなはずが、絶対にそんなはずはありません。問題になったのはあの・・・、子爵令嬢じゃないですか。あなたはただ子爵令嬢の頼みを断ることができなかっただけです。アルノー伯爵夫人もそう言ったではありませんか。あなたが思慮深いと」

ボルネ子爵家の名前を思い出せなかったマルソーはしばらく躊躇ったが、それでも爵位を思い出すことはできた。

マルソーはビアンカの鋭い毒舌の中で聞きやすい言葉だけを口に出して思い出す。

彼は人の冗長な言葉からも簡潔な核心を引き出す才能があったが、それと同時に自分が記憶したいことだけを別に記憶する才能もあった。

 



 

そんなマルソーの慰めもあまり役に立たないのか、カトリーヌが再びため息をつく。

「でもアントも守れなくて・・・。彼女はこれからどうなるのですか?」

「もうそんな人を気にしないでください」

マルソーの言葉は彼らしくなかった。

いつもカトリーヌが望む返事だけをする彼だったが、今回のことだけは声を高めなければならない。

それもそのはずで、アントはマルソーの目の敵だったから。

ある日突然ダボビル伯爵領に移ってきた彼女。

仕事を探してあちこち調べるうちに、彼女はあっという間にメイドとして仕事を得ることになった。

そこまではマルソーの知ったことではなかったが、伯爵家に就職するようになってからが問題だ。

カトリーヌは知らないうちに綺麗なものが好きだった。

それが人だとしても変わりはなく、女性だとしても同じ。

彼女が美人を好むのは性愛というより人相に近かった。

そしてアントは典型的な美人の顔立ち。

アントと出くわしたカトリーヌは、彼女を自分の侍女にした。

あんなに綺麗な女性が掃除をするのが気の毒だという理由から。

もしアントがもう少し優しければ、マルソーも彼女を目の敵にする理由はなかった。

しかし、彼女は意地悪で、空気も読めなかったのだ。

アントは公然とマルソーに色目を向けた。

彼女が内心でカトリーヌを嘲笑っているのも、マルソーの目にはハッキリと見えた。

ニンジンのようなカトリーヌの赤い髪を嘲笑うかのように、マルソーを見るたびに自分の金色の髪を掃いたからだ。

カトリーヌが何も言わずに金髪が本当に綺麗だと褒めると、マルソーの心はすでに燃えてしまって久しい灰だった。

それでもマルソーがアントをどうすることも出来ずにじっとしていたのは、ただカトリーヌが彼女を気に入っているという理由だから。

ビアンカの話を聞いてみると、アルノー伯爵領でも同じことがあったようだが、そのような話を聞いてもカトリーヌは依然としてアントを残念がった。

アントが自分の夫を誘惑していたとは思いもよらなかった様子だ。

それとも、マルソーを信じてそんな方向に考えたことがないのか。

それはちょっと可愛いかった。

 



 

とにかく、今この機会にアントを完全に拒絶しなければならない。

カトリーヌがアントの処遇について本当に懇願すれば話は変わるだろうが、幸いにも彼の愛らしい妻は情が薄い方だ。

そして伯爵はそのような夫人を自分が望む解決策に近づけるためには、どのように追い詰めなければならないのかよく知っていた。

「でも・・・」

「アルノー伯爵夫人の言葉は間違っていません。彼女は軽率な女性であり、すでに来た貴族の目の外に出ています。そんな人物をそばに置くのは評判に良くないですよね?」

カトリーヌの目が不安そうに揺れる。

マルソーはニッコリと笑いながら付け加えた。

「そんな人たちよりアルノー伯爵夫人と付き合うのはどうですか?」

 



 

アントはダボビル伯爵家でも愚かな行為をしていたのですね。

マルソーとカトリーヌの関係は良好なようですし、マルソーの提案通りにカトリーヌはビアンカと交流を求めるのでしょうか?

結婚商売【101話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 今回は101話をまとめました。 ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...