ルシア

ルシア【99話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は99話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

99話 ネタバレ

ルシア【98話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの孤独を癒すもの

ヒューゴは、⾃分が主導しなかった会議に出席することに疲れていた。

自分の会議に出席した家臣たちの気持ちを少しだけ理解した。

⾸都に来て以来、邸宅に戻るたびに歩みは重くなり続ける。

彼にとって、家は帰って眠る場所。

しかし、それは以前までの話。

北部では、城に戻るたびに、いつも彼女が待っていてくれた。

彼女がロームを出発したことは聞いているが、首都に到着するのはもう少し先の話だろう。

正直なところ、彼⼥ができるだけ早く⾸都に到着することを望んでいるが。

⾺⾞から降りると、ジェロームが出迎えてくれている光景に驚きを隠せないでいた。

「お帰りなさいませ、旦那様」

「いつ到着したのですか?」

「今朝です。奥様を護衛して到着しました」

「何か問題は?」

「いいえ、特には。奥様に事件は発⽣しませんでした。到着後、彼⼥は⽇中すぐに眠り、しばらく前に寝室に移動しました」

ぼんやりと⽿を傾けながら、ヒューゴはジェロームを通り過ぎ、邸宅に⼊り、すぐに階段を上った。

習慣的に自分の寝室のドアを開けるが、空っぽの部屋を見て、彼の心は一瞬跳ね上がる。

誰もいない。

廊下の反対側にある暗い寝室への扉を開け、ベッドに横たわっているシルエットが動く。

「うーん・・・、帰ってきたの?」

眠りに満ちた彼⼥の声を聞いたヒューゴの⼼が跳ね上がる。

彼女の声以上に甘い歌があるのだろうか?

すぐにベッドに移動し、彼女の首に鼻を埋めた。

彼⼥の⾹りと柔らかな体。

その感覚はヒューゴの孤独な⼼を喜びで満たした。

 



 

  • 愛に満ちた宝物

ルシアは旅の疲れが一瞬で消え去ったように感じた。

ヒューゴの胸に寄りかかって、彼⼥が切望していた抱擁を楽しむ。

しばらくの間、お互いの暖かさに酔いしれた。

ヒューゴは両手で彼女の肩を掴み、素早く彼女の唇を塞いだ。

彼らの息と唾液は即座に混ざり合い、彼の唇は彼⼥を激しく⾷い尽くす。

ルシアは、強烈で⽢くて嘆願するようなキスに圧倒された。

「はぁ・・・」

ヒューゴは彼⼥の⽢くて柔らかい肌を味わいたかった。

彼⼥の⼿が彼の髪に⾷い込む。

「大丈夫?」

彼は我慢できなかった。

それでも、彼はルシアを労る。

ルシアはうれしそうにため息をつく。

彼が自分を心配してくれている感覚に、彼⼥は満⾜感と喜びを与えた。

全身が喜びで⾝震いする。

ヒューゴは暴⾛したいという彼の欲望の⼿綱を抑えた。

彼⼥は愛に満ちた宝物。

ヒューゴはルシアの⽿をかじる。

そのまま⾸に移動する。

それから彼は⼝を開けて彼⼥の⾸を噛んだ。

まるで彼⼥の体の⾹りの源であるかのように。

ルシアの体は必死に震えた。

 



 

  • 果てしない欲求

夏でしたが、彼⼥はヒューゴの体からの熱を嫌いではなかった。

⽬、唇、そして彼⼥の顔全体に⼩さなキスが注がれる。

「ビビアン」

「うーん・・・」

眠気が押し寄せる。

「もう⼀度やりましょう」

返事をする前にヒューゴはルシアの唇を塞いだ。

⾆は絡み合い、彼らの最も内側の温度を互いに共有し、情熱的なキスが続く。

酔わせて⽬が眩むようなキス。

彼⼥はいつもヒューゴのキスに魅了されていた。

1⽇1回でも数⽇後でも、彼の果てしない追求は変わらない。

「ふぅ・・・」

「あなたが協⼒してくれれば、私は本当にもう⼀度やります」

しかし、彼は今⽇耐えなければならなかった。

「シャツ・・・」

「シャツ?」

「あなたのシャツが・・・、皺になります」

「・・・」

「私が脱がしましょうか?しかし、私がそうするなら、あなたは今⽇眠らないでしょう」

ヒューゴはルシアの素っ気ない返事にいたずらっぽく笑った。

その後、彼は彼女の唇を塞いだ。

 



 

久しぶりの再会で我慢ができないヒューゴ。

彼にとって、ルシアはなくてはならない存在なのですね。

その事実に彼女が少しでも気づいてくれたら嬉しいと思います♪

ルシア【100話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は100話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...