ルシア

ルシア【98話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は98話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

98話 ネタバレ

ルシア【97話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は97話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 深夜の集まり

それは⼈々の視線を避けるために⾏われた深夜の集まり。

この秘密の集まりのすべてのメンバーは、社会に大きな影響を与える人物たち。

彼らが再び秘密裏に集まることができるのは⾮常に難しいでしょう。

皇太⼦クェイズ、タラン公爵、ラミス公爵、フィリップ侯爵、デカーン侯爵。

皇太⼦を除いて、4⼈全員が領主であり、彼らが統治したすべての領⼟を合計すると、国の半分を統治した⾼位の影響⼒のある貴族。

「それで、これに関するタラン領主の⾒解は?」

ヒューゴはクェイズの質問について少し考えてから話した。

「戦争が起こるのは時間の問題です。したがって、反乱軍は速やかに駆逐する必要があります」

「なるほど・・・」

戦争が終わったと⾔われていても、停戦に近づいていることを知らなかった⼈は誰もいません。

南⻄連合軍は戦争で敗北し、戦争に対して多くの賠償⾦を⽀払わなければならなかったため、その代償を払っていた。

重い税⾦に耐えることができず、反乱が各地で起こり、内戦が勃発し、いくつかの国が倒され、王朝が変わる。

戦争を除いて、彼らの現在の苦境から逃れる他の⽅法はないでしょう。

「枝を折る代わりに、根から引き抜いてください。中途半端な対策を講じれば、戦争中に隠れた敵が出現する可能性があります」

タラン公爵とラミス公爵は、今は反乱軍を残して後で対処するという意⾒でしたが、2⼈の侯爵は今すぐ彼らを⽚付ける⽅が良いという意⾒。

双⽅に理由があったので、クェイズは熟考した。

「タラン領主が決定を下すのなら、今は放置しておいた方が良いと?」

「いいえ。私が決定を下すなら、今すぐに彼らを処理します」

 



 

  • ヒューゴの意見

ん?

彼らは皆、ヒューゴに視線を向け、理解できていない表情を浮かべる。

「なぜ意見が変わったのですか?」

「私は皇太⼦ではありません。私の周りで騒がしい迷惑なものに耐えることができませんから。すべてを殺し始める方が私には適しています」

「・・ああ。そうですか」

クェイズは突然、タラン公爵が1年以上前に彼を裏切った北部の領主をどのように扱ったかを思い出した。

あの出来事で、1,000⼈近くが亡くなった。

北⽅問題を避けた王でさえ、当時は重⼤な不快感を⽰したくらいに。

詳細を知らなくても、前国王が当時、黙認するための莫⼤な贈り物を受け取ったことは間違いないでしょう。

「彼らが後で這い上がった場合、もう⼀度殺すことができます」

⼈々の⽣活を⾍のように考えていたタラン公爵を完全に理解することを、クェイズは永遠に不可能であるように考えた。

しかし、彼は奇妙なことに安⼼できた。

それは、タラン公爵が狐のように振る舞い、背後で計画を⽴てる可能性が低いため。

「・・・現状は、状況が明らかになるのを⾒ていきます。残りの⼈はどう思いますか?」

ラミス公爵と2⼈の侯爵がそれに同意した。

 



 

  • ラミス公爵の心配事

ラミス公爵はタラン公爵を深い視線で⾒る。

(うーん・・・)

意図せず、ラミス公爵は息⼦とタラン公爵を⽐較し続けてきた。

同じ年齢だったせいかもしれません。

そして彼の息⼦が負けるたびに。

タラン公爵が政権にあまり関⼼を持っていなかったのは本当に幸運でした。

ラミス公爵は、家に帰ったら息⼦にもう⼀度しっかりと警告することを決⼼する。

浅はかな考えでタラン公爵と競争しようとしないように。

彼の息⼦、デビッドは、有能な人物ではあったが、彼は傲慢でした。

若者からのみ崇拝を受け、世界がどれほど恐ろしいものであるかを知りません。

⾃分の居場所が分からなければ⼤きな問題になる。

ラミス公爵の関心は、継承問題に集中した。

クェイズは前任者とは似ていません。

家族を守りたいのなら、頭を下げる⽅法を知らなければなりません。

しかし、その点で、デビッドは不安要素が多すぎた。

彼は⾃分が並外れた存在だと思っている。

(おそらく、ロビンはデビッドよりも良い選択肢かもしれません)

⾃信過剰で誇り⾼いデビッドではなく、穏やかな次男であるロビンを後継者と⾒なし始めていた。

そして、デビッドは、ラミス公爵がそのような考えを持っている可能性があることを理解することさえ出来ないでしょう。

 



 

他の貴族からも恐れられるタラン公爵。

彼の逆鱗に触れれば生きてはいけないかもしれません。

デビッドが納得するとは思いませんが・・・。

ルシア【99話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は99話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...