ルシア

ルシア【97話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は97話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

97話 ネタバレ

ルシア【96話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 夫婦間の調和

数⽇後、ルシアは体調が良くなった。

消化不良のために⻑い間ベッドにいたが、後遺症はありません。

使用人たちは最新の注意を払い、消化しやすい⾷べ物だけを彼⼥に与えた。

「ジェローム、メイドの数が⼤幅に減少しましたね。⾒たことのない人がいます」

「はい、奥様。多くの⼈にとって雇⽤期間は終了しましたから」

彼らは当初、⾸都に連れて⾏く予定だったが、このような状況が発生したため、公爵はすべての契約を終了した。

⾸都の住居で働いていたメイドを⾒つけて、彼らを再雇⽤することを計画している。

現在、以前から働いているメイドは一人のみ。

一年以上いたメイドたちが変わったにもかかわらず、ルシアは「なるほど」としか言わなかった。

当初、ジェロームは公爵夫人が無害で繊細な⼈だと思っていたが、時が経つにつれて彼の考えは変わった。

公爵夫⼈は本当に不思議な⼈物だ。

(彼⼥は本当に強い)

結婚してすぐに夫の家に連れて⾏かれ、誰一人知らない土地で、寂しくて不安になるはず。

彼⼥が頼りになる⼈を探すとしたら、世話をするメイドでしょう。

そうしてメイド間でランキングが形成されていくのです。

しかし、彼女は違った。

公爵夫⼈は働く⼈々を明確な線で扱う。

必要なものだけを注⽂し、余分な⾏動を気にしない。

声を上げることは滅多になかった。

その点で、公爵夫人は公爵に⾮常に似ている。

(それは二人の夫婦間の調和が良いから?)

ジェロームがどう考えても、夫婦関係が疎遠になった場合、最⼤の打撃を受けるのは奥様ではなく主⼈。

彼は客観的な理由を説明できませんでしたが、それは本能的な感覚でした。

「旦那様は、奥様が元気に回復した後、今⽉末に⾸都に来るべきだと仰っています」

「そんな後に?ただの消化不良です。そこまで心配する必要は・・・」

ジェロームはあいまいに微笑んだ。

「旦那様はとても心配していましたよ」

ジェロームは、あの夜、応接室の端にいた。

アンナが夜明けに呼び戻され、⻘ざめた顔をして出てきたとき、ジェロームの⼼は沈み、奥様の病気は⾮常に深刻だと思った。

公爵があれほど感情を剥き出しにする姿を初めて見た。

動揺したアンナに同情するくらいに。

彼⼥はおそらくトラウマを植え付けられたのでは?。

(奥様が主人のそばにい続けることを願っています。私はそれを⼼から望んでおり、楽しみにしています)

お茶を飲みながらリラックスしているルシアを⾒て、ジェロームはそう考えた。

 



 

  • 家族への愛着

⼈々はタラン家についてあまり知らない。

⾮常に有名な騎⼠の家系であったという事実を除いて、何も知られていません。

北部の⼟地は厳しく、⼈⼝は少なく、⽇々、野蛮⼈との戦争が国境で勃発した。

余裕のない⼟地。

タラン公爵家の財政⼒と軍事⼒を誰もが認めていたとしても、それ以上のことは誰も⾒ていなかった。

北の領⼟は⻑い間タラン公爵によって統治されてきた。

タラン公爵が主導権を握った場合、北部の⼈々はすべて⽂句なしに従うでしょう。

他の地域とは異なり、北部での暴動はなかった。

最⼤の理由は、彼ら全員が⽣計を⽴てるのに⼗分だったから。

タラン公爵は他の公爵よりも土地の管理が上手でした。

大きな税⾦をかけたり、搾取したり、権⼒で抑圧したりしません。

法律を遵守している限り、不合理なことは何も起こりません。

北の⼈々は、その事実がどれほど良いかを理解していた。

北部の⼈々は皆、誠実さと安定性を持っている。

それは北部にとって⼤きな資産。

そして、タラン公爵が持っていた⼒は、⼈々が想像する以上のもの。

ジェロームは、タラン公爵が決⼼すれば、この国を倒すのは簡単だろうと考える。

国を設⽴して運営することは別の問題でしたが、公爵が持っていた⼒は⼈々が思っていた以上のものでした。

しかし、公爵は家族への愛着がありません。

何かが公爵を縛っているように。

しかし、いつからかは分かりませんが、ジェロームはその様子を⾒ていなかったので、その理由は奥様であると確信していました。

何らかの理由で、または何らかの形で、主⼈が奥様を失った場合、どうなるのだろうか?

ジェロームはそれを想像することさえ恐れていた。

 



 

  • 首都へ

⾺⾞はロームを出発し、約10⽇後に⾸都に到着した。

首都からロームに向かった時は5日で到着した。

ルシアはいくつかの活動のために⼣⽅と早朝の時間を利⽤したので、速度は遅くならざるを得ませんでした。

今回の旅は、ディーン騎士によって護衛された。

前回の旅、彼は公爵の命令で護衛したが、今回は自分から志願したのです。

ディーンは公爵夫人に純粋な忠誠⼼を持った男。

それがディーン以外の騎⼠だったとしたら、ヒューゴは不快だったでしょう。

ヒューゴはエリート騎士の忠誠⼼を信じており、特にディーンとロイを⼤いに評価していたから。

彼はロイの素朴な性格を容認し、ディーンの慎重さと誠実さを信じている。

1年と数ヶ⽉ぶりに戻ってきたルシア。

彼⼥の⼈⽣が変わり始めたのはここから。

ルシアが屋敷に⼊ると、無意識のうちに腕を包む。

外の熱い空気とは明らかに異なる冷たい空気が彼⼥の肌に当たったから。

ロームに滞在していたので、それと⽐較することができた。

ローム城の冷たい⽯の壁はこれよりずっと暖かかった。

ヒューゴがこの寒くて広々とした家に⼀⼈で住んでいたことに気づいたとき、彼⼥は気の毒に感じた。

「奥様、あなたの寝室は旦那様の寝室の向かいにあります。ご案内しますね」

「⾃分で⾒つけるわ。あなたは忙しいに違いありませんから」

「ありがとうございます、奥様。不必要な⼼配事かもしれませんが、庭に⾏くときでも、必ずメイドを連れてきてください。ロームとは異なり、⾸都では何が起こり得るのかを予測することはできません」

「分かりました。少し部屋で休みます。彼はいつ戻ってくるのでしょうか?」

「旦那様は⼣⽅まで予定があるので、遅く帰ってくるようです」

今⽇彼に会えて良かったと、ルシアは思った。

 



 

使用人を容赦なく切り落とすヒューゴ。

それを聞いても平然とするルシア。

似ている二人に尽くすことができて、ジェロームは幸せなのですね♪

ルシア【98話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...