ルシア

ルシア【96話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は96話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

96話 ネタバレ

ルシア【95話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は95話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロイの仕える理由

その後の議論は⾮公式でしたが、重要な⼈々が参加し、まるで内閣会議のようでした。

⻑い議論が終わった後、ヒューゴは⽴ち上がって、横に⽴っていた⽬を引く男の肩を軽く叩く。

「ご苦労だった」

ロイは、当然と言わんばかりに笑顔を浮かべる。

ヒューゴが去った後、クェイズはロイが声をかけた。

「クロティン卿、あなたは本当に私の騎⼠になることに興味がないのですか?」

「はい」

最初、クェイズの護衛騎士に彼が選ばれた時、以前の地位が庶民であった彼に少し不満を抱いていた。

マナーがなく、信じられないほど無礼なクロティン卿。

タラン公爵が選んだ人物でなければ、クェイズはすぐに追い出していたでしょう。

しかし、時が経つにつれ、彼の価値が明らかになりました。

昨年、クロティン卿のおかげでクェイズの命が救われた回数は⾮常に多かったのだ。

そんな彼を引き抜こうと、クェイズは今日のように何度もクロティン卿を勧誘していた。

しかし、彼の答えはいつも通り。

「理由は何ですか?私の騎⼠になれば、今より多くの⼒と報酬を受け取ることができます。あなたはそれをまったく望まないのですか?」

「その通りです」

「では、公爵から何を得ているのですか?彼を騎⼠として尊敬しているから?」

「もっと現実的な理由があります。私の主は私に決闘をさせてくれます」

「決闘?どこでもできることでは?」

「相⼿が怪我をした場合でも、気にせずに戦うことを許可できるのは、主だけです。他の場所ではこんなに楽しいことはできません。」

「・・・そうですか」

 



 

  • タラン公爵の実力

クェイズは少しうんざりしていた。

クロティン卿は⾮常に熟練しており、クェイズの騎⼠の誰も彼に対し勝つことができません。

それでも、クロティン卿が手を抜いているのは明らか。

これは、彼の周りに最⾼の騎⼠がいることに常に誇りを持っていたクェイズに⼤きな衝撃を与えた。

しかしすぐに、彼は自分の騎⼠が弱いのではなく、クロティンが強いことを認めました。

(タラン公爵が彼よりも強い?)

クェイズは、タラン公爵が戦場で何度も剣を振るうのを見てきた。

彼が素晴らしいことを知っていたが、戦力差は明らかだったので、彼自身の能力をあまり知らない。

(今考えてみると、タラン公爵が誰かと決闘するのを⾒たことがない)

タラン公爵が剣を持ち上げたのは、敵を切り倒したときだけ。

戦士たちは彼ら自身の強さを誇示するのが好きでしたが、タラン公爵はそうではない。

そのせいだろうか、クェイズが剣を持たないタラン公爵に直面したとき、彼は公爵が騎士であることを時々忘れていたのだ。

「決闘したらどちらが勝ちますか?それとも、既にクロティン今日が勝っている?」

その質問にロイは⽬を転がし、爆笑した。

出席者たちは、王⼦の前でのロイの無関⼼で失礼な態度に幾分慣れていたので、特に反応はありません。

「決闘?誰が?私が?それは私の人生の目標です。それが達成できるかどうかは分かりませんが」

「今までに勝ったことがないと?」

「正直なところ、主は決闘に全⼒を尽くすことはありません」

「・・・」

「時々、主は私に剣を抜かせさえしません」

「・・・なぜ?」

「機嫌が悪いかもしれないからです。その場合、私はただ殴られるだけ」

「・・・それでもタラン公爵の元で働きたいと?」

「それは、私が主に信頼される人々の一人であることを意味しますから」

「殴られるのが?」

「それは信頼の証拠です。主は、何かを打ち負かすという⾯倒を経験するよりも、ただ何かを殺したいのです」

クェイズはこれ以上⾔うことは何もありませんでした。

 



 

  • デビッド・ラミス伯爵

「タラン公爵!」

ヒューゴは歩くのをやめて振り返った。

「時間があれば、しばらく話でも?」

愛想がよい笑顔の⻘年はデビッド・ラミス伯爵。

彼はクェイズの義兄でもあります。

彼が王位に就いた後、デビッドは将来的に権⼒の中⼼に上がることは確実。

デビッドはヒューゴと同じ年齢でした。

しかし、彼らの間には⼤きな違いが。

ヒューゴは公爵であり家⻑でしたが、デビッドは公爵の後継者にすぎません。

正式にも、タラン公爵の地位は王室の待遇を受けています。

ヒューゴが思うデビッドの印象。

外⾒は愛想よく、内⾯はライバル心に満ちていた。

間抜けな伯爵。

ヒューゴは内心で嘲笑したが、表⾯的には無表情のままだった。

「ははは。公爵が私たちと⼀緒にいれば、さらに輝くと確信しています」

「私だけが輝くのではないかと⼼配しているのですが」

この⽪⾁な発⾔の背後にある意味を理解できない⼈は誰もいません。

デビッドの⽬は恥ずかしそうに広がり、⽿は⾚く染まった。

これほど露⾻に断られたのは初めてだから。

タラン公爵は⽴ち去り始めたので、デビッドはもう自分を抑えることができなかった。

屈辱で拳を握りしめる。

「公爵は騎⼠だったと聞きましたが、なんて失礼な振る舞いなのでしょう」

「公爵が私たちの会議に来たら、有害だったはず」

デビッドは信者の言葉に⼤きく笑った。

「彼は優秀な⼈物です。だから、皇太⼦殿下は彼をとても信頼しているのでしょう」

「それでも、彼はあなたと⽐較することができますか?あなたの父君はこの国の将来の⼥王の⽗ではありませんか?さらに⾒ると、あなたはこの国の王位に就く者の叔⽗になります」

デビッドは、彼の信者のお世辞に満⾜して微笑んだ。

「確かに。どんなに傲慢に振る舞っても、⽗を超えることはできません。結局のところ、私たちは⾎によって殿下と緊密に結びついているのだから」

タラン公爵を除いて、デビッドの周りに競争相⼿はいません。

そして、タラン公爵はデビッドと同じ年齢でしたが、彼はすでに公爵でした。

タラン公爵は戦場を⼀掃することで評判を得て、皇太⼦が彼を獲得するために⻑い時間を費やした事で⾮常に有名でした。

デビッドの⽗でさえ、タラン公爵を賞賛するほどです。

タラン公爵が現れるたびに、みんなの注意が彼に移ったことをデビッドは⾮常に不快に感じていた。

戦場で数回剣を振ったことの何がそんなに素晴らしい?

デビッドが戦場でタラン公爵を⼀度でも⾒たことがあれば、彼はこの考えを持っていなかっただろう。

しかし、戦争が終わるまで後⽅にいた。

「何があっても、タラン公爵はただの無知な騎⼠です」

デビッドは根拠のない⾃信に満ちていた。

 



 

戦っているところはあまり見たことがないヒューゴですが、クロティン卿も圧倒する能力を持っているのですね!

そしてライバル?のデビッド伯爵。

彼の動向も気になりますね♪

ルシア【97話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は97話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...