ルシア

ルシア【95話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は95話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

95話 ネタバレ

ルシア【94話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は94話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • タラン公爵への認識

「僕のメッセージがようやく届いたようだね」

ヒューゴはクェイズの歓迎を無視して座る。

クェイズは無礼を全く気にせず、明るく笑った。

「あなたの領⼟は蜂蜜でいっぱいなのですか?1年以上そこに留まるとは本当に思っていませんでした」

「領主が⾃分の領⼟を管理しているのは、殿下にとって良いことなのでは?いいえ、今は陛下と呼ぶべきですか?」

「そう呼ばれる予定でしょうが、まだ戴冠していません」

クェイズは肩をすくめた。

彼は現在王として⾏動しており、もちろん、王位が自分のものであると確信していた。

皇太⼦が王位に就くことの正当性を覆すことはできません。

兄弟たちがチャンスを探していたとしても、クェイズは⾃信を持っていた。

無関⼼な表情でお茶をすする⿊髪の男をじっと⾒つめ、自分に忠実な戦術家のベネフ伯爵のアドバイスを思い出した。

[彼は野獣です]

伯爵はこの1年で病気で亡くなり、クェイズに⼤きな損失をもたらした。

[決して飼いならされない野獣。彼を閉じ込めようとしないでください。満⾜している野獣は、⽬の前の⿅を欲しがりません]

[彼の忠誠を期待するなと⾔っているのですか?]

[安定した同盟は、不確実な忠誠⼼よりも100倍優れています。タラン公爵の忠誠を獲得した王族がいないことを忘れないでください。タラン公爵は挑発されない限り、殿下に襲い掛かることはありません]

[・・・つまり、あなたが⾔っているのは、野獣に背を向けるべきだということか]

 



 

  • 国王とタラン公爵の関係

故ヘッセ8世は、公式の問題を扱うよりも⾃分⾃⾝を楽しませた王。

それにもかかわらず、彼の治世は⻑かった。

彼が最善を尽くしたのは、タラン公爵に決して触れなかったこと。

それだけで、ヘッセ8世は賢王であると言われていた。

タラン公爵家は謎の存在。

国が設⽴されたとき、すでにタラン家が存在していた。

当時、タラン家は⼤公の地位で王室の待遇を受け、公国を統治していました。

しかし、すべての期待に反して、彼らは政治に参加しなかった。

絶対的な王権を求めた第⼆の王の治世において、すべての⼤公は権威を剥奪され、公爵に追いやられたのだ。

公国は領地に格下げ。

それでも、タラン家は政治に興味を示さなかった。

何年も経ち、3番⽬の王であるヘッセが権⼒を握る。

タラン公爵はほとんど王族のように扱われました。

それでも、タラン家は⼀度も王権に異議を唱えたり、領⼟を拡⼤したことはありません。

領⼟はかなり広⼤でしたが、彼らの国境は最も厄介な部族国家の1つに直⾯していた。

数え切れないほどの野蛮⼈の侵⼊から⾝を守ることがタラン公爵の役割。

又、戦争が勃発すると、タラン公爵が最前線に⽴ち、すべての⾯倒を⾒てくれた。

⼀部の王は、そのようなタラン公爵の計り知れない⼒を恐れて敵対的に⾏動したが、そうした後、彼らの晩年は良くありませんでした。

ヘッセ8世は、タラン公爵をそのまま認める道を選んだ。

それはクェイズも同じ考え。

「新婚⽣活はどうですか?公爵夫⼈は領⼟に閉じ込められて息苦しく感じませんでしたか?」

新しい花嫁が不平を⾔った場合、公爵は諦めて⾸都に来るだろうと考えていた。

しかし予想に反して、公爵が首都をこれほど⻑く離れているとは思っていなかった。

⼗分な時間が経つにつれて、⼈々は皇太⼦とタラン公爵の絆が危機に瀕していると思い始めた。

それでもクェイズは、タラン公爵を放置していた。

彼は決して権⼒に踊らされる人ではないから。

それは⼤きな理由によるものではなく、単純に⾯倒だったからでしょう。

そうでなくても、タラン家は政治に関⼼がありません。

「彼⼥は静かな場所が好きなので、北部を気に入っている」

「本当に!?」

両⽅ともクェイズの姉妹でしたが、性格はとても異なっていた。

おそらく⺟親が異なっていたからでしょう。

 



 

  • 側室

クェイズの姉、キャサリンはパーティー狂だった。

ドレス、宝石、パーティーを披露せずに⽣き残ることはできません。

男性への基準が⾮常に⾼かったので、彼女は誰とも結婚できないと言われていた。

「公爵、もう⼀度結婚したい?」

姉はタラン公爵に⼼を向けていた。

公爵が結婚したと聞いて、キャサリンは⼀週間部屋に閉じこもっていたくらいだ。

⼀夫⼀婦制は王室を除いて法律で定められているが、タラン公爵ならそれを免除する⽅法がある。

彼は公爵だったので、⼆番⽬の妻を連れて⾏きたいと言っても、誰も反論はしないでしょう。

「そんな馬鹿げた話をするために呼んだのですか?」

クェイズの顔を⾒ると、ヒューゴはルシアの状態を思い出し、内心で動揺した。

首都に着いたら他の女性と会うのでは?

ルシアの疑問を思い出し、ヒューゴは不安を感じずにはいられなかった。

クェイズの⾔葉は油に⽔を注いだ。

「考えてみてください。あなたが正式に結婚しているとしても、私の提案は魅力的なのではないでしょうか?」

ヒューゴは強烈な視線で睨みつけ、クェイズはすぐに⼀歩後退した。

「価値がありません」

「価値がない?3⼈の妻と3⼈の側室は、多くの男性の理想です」

「それならば、殿下がその夢を実現してください。王として、あなたは理想を最⼤限に実現することができます」

「後継者について。本当に計画しているのですか?」

「そのつもりですが」

「あなたは今結婚しています。将来、⼦供が⽣まれるでしょう。ダミアンが⻑男だとしても・・・」

彼は⾮嫡出⼦ではないですか。

クェイズはその言葉を飲み込んだ。

公爵の⾮合法な息⼦が爵位を引き継いだときに、余計な騒ぎを避けるため。

⾮嫡出⼦に公爵の称号を引き継ぐことは簡単でしたが、困難でもあります。

暗黙の社会的慣習に反するため。

「・・・あなたはいつから私の私⽣活に興味を持ったのですか?それだけが要件ならば、私は帰ります」

クェイズは公爵の私生活に⾮常に興味を持っていたが、この時点では、彼は今のところ諦めなければならなかった。

その後、彼らは国政の⽅向性について真剣に議論し始めた。

 



 

王にさえも恐れられるタラン公爵。

それは昔からなのですね。

ルシアがいる以上、ヒューゴは誰とも付き合う気はないでしょうね♪

ルシア【96話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...