ルシア

ルシア【94話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は94話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

94話 ネタバレ

ルシア【93話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 過去の光景

「気持ちいい・・・」

少しずつ、ルシアは再び呼吸することができた。

徐々に意識が戻り、ゆっくりと⽬を開ける。

ヒューゴを⾒ることができたが、それが夢なのか現実なのか分からなかった。

「ビビアン」

自分の名前を呼ぶ声色には切迫感が含まれている。

「・・・ヒュー」

彼に手を伸ばす。

「はぁ・・・」

ヒューゴは⼤きな安堵のため息をついた。

薄い⽑布を持ち上げてルシアを覆い、次に彼⼥の⼿を取り、唇を⼿の甲に押し付けた。

彼の⽬が⼼配の感情を表しているのを⾒て、ルシアの胃は気分が悪くなりました。

それは消化不良のせいだけではありません。

⺟親が亡くなって以来、ルシアが病気で困っているときに誰かが彼⼥の世話をしたのは初めてだから。

涙が⽬から湧き出て、落ち始めた。

この光景にヒューゴの表情は固まった。

「誰か!医者を呼べ!」

ルシアは彼の⼿を握った。

(大丈夫)

⾸都に⾏っても⼤丈夫だと思った。

この平和と幸福は壊されないだろうという漠然とした信念。

「ヒュー。私たちが⾸都に⾏くとしたら、あなたは不誠実になりますか?」

「・・・は?」

「彼⼥は多くの苦痛を感じているに違いない」とヒューゴは考えたと同時に、ルシアが自分をまったく信⽤していないことに気づき、彼は無⼒だと感じた。

彼⼥の⼼の中は、信頼とはほど遠いものでした。

「決してそんな事をしない」

ルシアは静かに彼を⾒て、それから⼩さく笑った。

「それなら⼤丈夫です」

(私はあなたを信頼します)

たとえ別の⼥性がいたとしても、彼は浮気をしている間、秘密裏に隠す⼈ではありません。

むしろ率直に⾔うでしょう。

(しかし、⾸都の政治的闘争では、嘘をつくことが不可⽋です。彼は⼤丈夫なのだろうか?)

ヒューゴの冷たい仮面はルシアの前でだけ壊れる。

彼女は、夢の中で⾒たヒューゴーと結婚前のヒューゴーをすでに忘れていたようです。

「⼀体どういう意味ですか?⼤丈夫とはどういう意味ですか?何がいいの?」

ヒューゴは彼⼥を揺さぶり、何を考えているのか尋ねたかった。

ちょうどその時、アンナがやって来て、症状についてルシアと質疑応答を交わしている間に、ヒューゴは彼の複雑な感情を整理した。

理解不能だった。

以前は、⼥性に宝石を贈れば、すべてが解決すると考えていた。

今まで、彼にこれほど問題を与えたことはありません。

「奥様の吐き気を静めるために消化器系の薬を処⽅します。服⽤してよく眠れば、元気になるはずです」

薬を待っている間、ヒューゴはルシアの額の汗を拭き続けた。

⾼熱はまだ下がらず、彼⼥の呼吸はまだ不均⼀だ。

「どうしてそんなに我慢した?病気だったら、誰かに連絡するべきだったのに」

「⼤丈夫だと思いましたから」

「あなたは意識を失いました」

「もう夜明けですか?早く出発しなければなりません」

「それは今の問題ではありません」

ヒューゴはできるだけ声を下げ、怒らないようにした。

「あなたは病気だと聞きました」

「私が?」

「頭痛の種」

「ああ・・・、それはよくあることです」

「完全に治せないのですか?」

ルシアはそっと笑った。

「そう⾔うと、致命的な病気のように聞こえます。深刻ではありませんから。それは頻繁に胃痛を患っている⼈に似ています。仕⽅がない病気なのだから」

「深刻かどうかは別として、あなたが病気になってほしくない」

「病気にならないように気をつけます」

「そうではない・・・。あなたが病気や痛みを感じているとき、それを私から隠さないでください。あなたの夫として、私はそれを知る価値があるのだから」

「分かりました」

メイドがすぐに薬を持ってきた。

薬を飲んで間もなく、ルシアは眠りに落ちた。

これで、夜の突然の混乱は終わったと思われました。

 



 

  • 感受性

夜明け前に、ルシアの体温は再び上昇し始めた。

薬を含むすべてを吐き出し、彼⼥の体温は繰り返し上下した。

ヒューゴは⼆度⽬に呼んだアンナに怒りを表明した。

「消化不良だと⾔いませんでしたか?これはどういうことですか!」

公爵の怒りに初めて直⾯したアンナは、とても緊張して指が震えた。

アンナと奥様が構成要素を知らずにフィリップ卿の治療法を提供していることを知っていたのは祝福であることに気づく。

彼女は本能的に、公爵が知っていれば頭を失うだろうと感じたから。

「奥様の胃が⾮常に動揺していると思います。奥様は最近ショックを受けたり、驚いたりしましたか?⼼理的要因がある場合、消化不良が悪化する可能性があります」

ヒューゴは眉をひそめ、考え込む。

王の死を聞いたことを除けば、いつもと何ら変わりはありませんでした。

(王が死んだので彼⼥はショックを受けたのだろうか?)

ヒューゴは⽗親に愛情を持っていなかったので、普通の⼈が親の死に対して抱く感情を⾒落としていた。

ルシアは頻繁に⺟親について話しましたが、⽗親について⾔及していなかったので、ヒューゴは王が彼⼥の⽗親であることさえ忘れていた。

それでも、⾔葉にできない感情が残っていたのでしょう。

彼は思いやりがなかった。

ヒューゴは自分の感受性の⽋如に腹を⽴てた。

 



 

  • 適切な距離

ルシアは⾷べたものをすべて吐き、2⽇間しかお茶を飲むことができず、3⽇⽬にようやく⽔を切った⾷べ物を飲むことができた。

ベッドにもたれて⽬を閉じる前に、お粥の約半分を⾷べる。

(⾸都に⾏くことについて、あまりにも⼼配していたに違いない)

このようなひどい消化不良を起こしたのは初めてだった。

額に涼しい⼿を感じ、⽬を開けた。

ヒューゴは彼⼥のそばにいた。

「・・・熱が少し下がったようですね」

彼は⾸都に⾏く計画を押し戻し、ずっと彼⼥のそばで⽴ち往⽣していた。

ルシアは、それが彼の仕事に影響を与えるかもしれないことを気の毒に思い、感謝し、⼼配した。

「今は本当に⼤丈夫ですよ」

ヒューゴは少し眉をひそめた。

「⼤丈夫」という⾔葉が彼⼥の⼝に縫い付けられているようだった。

彼は深呼吸をして落ち着く。

「お粥を少し食べたそうですね。⼤丈夫ですか?」

「はい、今は消化しているようです。吐き気はしません」

「どこか不快な部分は?目眩は?」

「数⽇間⾷べなくても死ぬことはありません」

ルシアは病気の時でさえ、何も望まなかった。

⾷べたものをすべて捨てるほどの病気で、ヒューゴを怖がらせるほど熱が⾼かったにもかかわらず、彼⼥は⾃分が傷ついているとさえ⾔いません。

ルシアの⻘⽩い顔⾊を⾒るたびに、彼⼥は自分がいつ⾸都に⾏くのかを繰り返し彼に尋ねました。

(俺はそれほど信頼がないのだろうか?)

緊急性は今や限界に達している。

皇太⼦は⼿紙を送っていましたが、ついに我慢できず、今朝メッセンジャーを送ってきた。

少なくとも国の葬式が終わるまで、ヒューゴは⾸都にいなければなりません。

「私は⼤丈夫です。あなたは⾏かないといけませんよね?」

彼⼥の弱いが純粋な笑顔を⾒て、彼の胸はしびれを感じた。

妻は彼に何の問題も与えなかった。

しかし、ヒューゴはルシアが自分を悩ませることを望んでいた。

彼⼥が抱きしめて⾏かないように⾔ったら、彼は全てを捨てて彼⼥の側に留まるでしょう。

「少し休む。あなたは何も考えないでください。薬を飲んで、⾷事を抜かないで」

ヒューゴは腰をかがめて、頭、額、乾いた唇にキスをした。

「ビビアン、本当に⼤丈夫ですか?」

ルシアは何度か彼を安⼼させたが、彼は⻑い間留まり、⼼配そうな視線で彼⼥を⾒つめ、ついに彼は振り返って⽴ち去った。

ドアが閉まり、部屋が静かになると、ルシアの視界がぼやけた。

涙が枕に落ちた。

ヒューゴに⾏かないように⾔いたかった。

⾃分が病気で⼤変だったと不平を⾔いたかった。

[⼥性は愛情の対象を失うとバラバラになることがあります]

それはミシェル夫人が少し前に⾔った言葉。

伯爵夫⼈の⾔葉は間違っていませんでした。

ヒューゴに頼った場合、彼が別れを告げると彼⼥は完全に倒れるでしょう。

適切な距離とはどの程度?

ルシアはそれに対する正確な答えを知ることができることを望んだ。

 



 

ルシアの体調不良は、本当に消化不良なのでしょうか?

そばにいてほしいけど言えない彼女の心境が苦しいですね・・・。

お互いの気持ちのすれ違いがもどかしいです。

ルシア【95話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は95話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...