ルシア

ルシア【93話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は93話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

93話 ネタバレ

ルシア【92話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 体調の異変

ルシアは本を閉じ、胃の刺すような痛みに耐えられなくなって⽴ち上がった。

夕食時も、食べ物が中々通らなかった。

すぐにメイドを呼ぶ。

「消化不良の薬を持ってきてください」

消化器系の薬は家庭⽤の薬だったので、わざわざアンナに連絡する必要はありません。

しかし、薬を服⽤した後も、吐き気は止まらない。

痛みで⾝もだえし、ついに吐いた後、さっきよりも気分は良くなった。

「奥様、⼤丈夫ですか?」

「ええ。お腹を空にした後は気分が良くなりました」

ヒューゴは明⽇出発の準備で忙しかったので、ルシアは先に寝るという知らせを送る。

明⽇のために準備して荷造りすることが多いので、彼⼥は早く寝ることに決めたのでした。

 



 

  • ヒューゴの懸念

ヒューゴは真夜中近くにオフィスを出る。

突然の⾸都なので、多くの仕事をしなければなりません。

夜明けと共に首都に向かうので、少し仮眠をしようと考えました。

「なぜ陛下は夏に死んだ?」

この暑い気候の中での馬車は、ルシアへの負担が大きいと考える。

ヒューゴは不満を感じるだけでした。

ある程度、彼は北部での⽣活に落ち着き始めていました。

⾸都に上がると、再び北部に集中できるか分からない。

前回のように、自分がいない間に謀反を考える輩もいるかもしれません。

(まあ、どちらにしても問題はない)

それが起こった場合、殺せばいいのだから。

彼の1番の⼼配は、⾸都に上ったときに現れるであろう変数。

もう妻を城の中に閉じ込めることが出来ないでしょう。

そして、いまだに彼⼥の気持ちや⼦供の頃の名前さえも聞いていない。

お⾵呂を終え、いつものように彼⼥の寝室に⼊った。

ルシアの姿がベッドに横たわっているのを⾒て、彼⼥の隣に横になるように動く。

微弱な呻き声が聞こえる。

それは⼩さな苦痛の⾳。

ヒューゴは⽴ち上がって部屋の明かりをつけた。

「ビビアン?」

薄い⽑布を持ち上げ、彼⼥の体をひっくり返す。

ルシアの体は触ると熱く感じた。

彼⼥の額は汗でベトベトし、体が熱で燃えているのを感じる。

ヒューゴはすぐにメイドを呼んだ。

「ビビアン」

何度か彼⼥の名前を呼び、彼⼥の頬を軽く叩いたが、まったく反応がない。

慌てて、彼⼥を腰から持ち上げ、腕に抱く。

彼⼥の体が無⼒に沈むのを感じて、ヒューゴは恐怖で頭が一杯に。

「ビビアン!」

メイドが⼊ってくるのを感じて、ヒューゴは必死に叫んだ。

「医者を呼べ!」

「は、はい!」

メイドが急いで部屋を出る。

 



 

  • 苛立ちと不安

城の中で眠っている⼈々は、異変に気づき⽬を覚ました。

ヒューゴは額に冷たいタオルを置き、ルシアを自分の膝で寝かせる。

メイドは⼣⾷の頃からの公爵夫人の状態を全⼒で説明した。

「⼣⾷後、奥様はすべてを吐いて、早く寝るつもりだと⾔いました」

「その時に医者を呼ぶべきだったはず。それが主人への忠誠心なのですか?」

「も、申し訳ありません」

公爵の激しい叱責と冷酷な⼝調は、メイドを⾻まで冷やした。

メイドの声が哀れに震える。

声だけでなく全⾝が震えていました。

⾛ってきたアンナが寝室に⼊る。

彼⼥はすぐにメイドから症状を聞き取りした。

「奥様は薬を飲む前に意識を取り戻さなければなりません。熱を下げるには、タオルで彼女を拭く必要があります」

「⼣⾷後まで元気でした」

「急性消化不良のようです」

「消化不良なら、なぜこの種の熱が出る?」

「消化不良は、体の痛みや⾼熱を引き起こす可能性がありますから」

アンナはメイドの⽅を向く。

「奥様は頭痛を訴えましたか?」

「頭痛・・・?いいえ、奥様はそんな事は仰っていませんでした」

「消化不良は頭痛を引き起こすのか?」

「奥様は頻繁に⽚頭痛を起こすので、確認させていただきました」

「・・・⽚頭痛?」

一瞬にして、雰囲気がさらに重々しくなる。

アンナは公爵の雰囲気に怯んだ。

「頻繁とはどういう意味ですか?どのくらいの頻度で?」

「・・・⽉に1、2回くらいです。奥様が⽚頭痛に苦しむたびに薬を渡しました」

「初耳です。なぜ私が知らないのですか?」

「奥様は、多くの⼈が苦しんでいる⼀般的な病気であるため、公爵様に知らせる必要はないと⾔いました」

「この症状はいつから始まりましたか?」

「奥様は、⼦供の頃から頭痛がすることが多かったと。あまり⼼配する必要はありません、公爵様。⽚頭痛は⼀般的な症状ですので」

アンナの説明はあまり効果がなかった。

それほどに公爵の沈黙は恐ろしかった。

彼女が冷や汗をかき始めた頃、メイドたちは⼤きなバケツと数⼗枚のタオルを持って部屋を訪れた。

「みなさんは下がってください。⾃分でやります」

ルシアをベッドに寝かせ、ナイトウェアを脱がせる。

ヒューゴは水を絞ったタオルで、汗で満たされた彼女の体を注意深く拭き取った。

「どうしてこんなに⾼熱が出る?」

意識不明の状態が⻑引くことは危険であることを知っていた。

「⽚頭痛?」

医師によると、それは⼀般的な症状であり、⼼配することは何もありません。

しかし、ヒューゴはこの「⼼配することは何もない」症状について知らなかったことに腹を⽴てていた。

自分の知らなかった事を聞く度に、ヒューゴは二人の間に壊れない壁があるように感じている。

苛⽴ちと不安を抑え、ルシアの体を冷やすためにタオルを交換し続けた。

 



 

ルシアの体調の異変は、確実にフィリップの薬が原因でしょう。

この薬の効果が彼女にどのような異変を及ぼすのでしょうか?

そしてヒューゴの抑えきれない怒り。

それは使用人やアンナに対してだけではなく、自分自身に対してもですね。

ルシア【94話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は94話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...