ルシア

ルシア【92話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は92話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

92話 ネタバレ

ルシア【91話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 国王陛下の死

春が過ぎ、夏がやってきた。

ロームでの二度目の夏。

毎日が平和で穏やかでした。

平穏な⼀⽇の終わりに⼣⾷をとっている間、ヒューゴが話し始めた。

「陛下が亡くなりました。⾸都に⾏く準備をしてください」

ルシアは思わずフォークを落とした。

彼⼥は完全に忘れていた。

(いいえ。無意識のうちに忘れたかったのかもしれない)

「⼤丈夫ですか?」

「・・・はい。少しびっくりしました。突然だったので」

⽗親の死には驚かなかった。

⼀時停⽌した時計の針が再び回転し始めただけだから。

これから、彼⼥が夢の中で⾒た慌ただしい未来が広がり始める。

王には20⼈もの息⼦がいたが、王が亡くなったとき、皇太⼦を含め、5⼈だけが⽣きていた。

これとは対照的に、26⼈の王⼥はほとんど⽣きています。

王⼥は王位の権利を持っていなかったので⽣き残ることができたが、⼀⽅で、王⼦は王位に近づくためにお互いを殺さなければならなかった。

ルシアが⼩さな離宮で穏やかな⽣活を送っている間、法廷では⾎なまぐさい戦いが激化した。

それらを抑えるために、クェイズは彼の⼒を強化する必要があり、そのために、タラン公爵を必要とした。

最終的な勝者はクェイズ。

そして彼の先駆者であるタラン公爵。

ルシアは複雑な政治闘争の詳細を知りませんでしたが、ヒューゴが将来⾮常に忙しくなるだろうと推測はできた。

北部の⼈々の習慣は、多くの点で⾸都とは異なっている。

北部では結婚後、ほとんどが配偶者に忠実でした。

しかし、ヒューゴが⾸都に上ったら彼を誘惑するであろう多くのことがあるでしょう。

彼が既婚男性であったにもかかわらず、⾸都は彼に⾝を投げる準備ができている⼥の⼦で溢れていました。

ルシアは不安を感じた。

⾸都には変数が多すぎました。

(⾸都に⾏くと、彼は冷たくなるかもしれません。とてもたくさんの美しい⼥性がいますから・・・)

 



 

  • 首都へ

「・・・ビビアン。聞いていますか?」

「え?」

ルシアは驚いて、今度はナイフを落とした。

「本当に⼤丈夫ですか?」

「ええ・・・、ごめんなさい。他のことを考えていました・・・」

「他のこと?」

「・・・突然のことだったので」

「以前から良くないと聞きました。医者の助⾔に反して、陛下は過度の⾁欲的な快楽とアルコール依存症を控えませんでしたから」

ルシアの⽗は彼の堕落で彼⾃⾝に死をもたらした。

夢のように、彼女と⽗親との関係はまったく改善しなかったが、後悔を感じなかった。

「いつ⾏くの?」

「私は夜明けに行くつもりです。急がなければならないので、あなたと⼀緒に⾏くことはできません。道中には気をつけてください、ビビアン」

「分かりました。準備ができ次第、私も出発しますね」

⼣⾷を終えると、ヒューゴは彼⼥の⼿を取り、⾷堂から出て⾏った。

庭に⾏くと思ったが、彼はルシアをテラスに連れて⾏き、しっかりと抱きしめる。

「暑いですよ」

ヒューゴはため息をついて彼⼥を解放した。

「「暑い」と叫ばずにもう少し我慢できませんか?」

「でも暑いです」

「はは」

彼は穏やかな視線でルシアを⾒て、それから彼⼥を引き寄せ、頬にキスした。

「⼣⾷の間、何に気を取られたのですか?俺は何か変な事を言ったか?」

「いいえ、ただ・・・少し複雑に感じました。この場所を離れることを考えると、悲しくなって」

「首都に行くのを中止するか?」

彼の⾔葉はとても魅⼒的でした。

本当にできれば、それは素晴らしいことでしょう。

「馬鹿なことを言わないで。⾸都に着いたらやることがたくさんあります。あなたは皇太⼦殿下にダミアンの問題を⼿伝ってくれるよう頼んだと⾔いました」

「君は、私にダミアンのために働くように言ってませんか?」

「父親が息子の為に何かをするのは当然の事です」

最近、ヒューゴはダミアンの⼿紙の内容に興味を抱き始めた。

そして、彼が最終的に手紙を読んだとき、その内容は彼の唇をひきつらせました。

基本的には朝から晩までのすべての出来事についての報告書だったから。

「ダミアンは元気でしょうか?」

「君はいつもダミアンを心配していますね?」

「もちろん」

 



 

  • ダミアンの近況

以前と同じように、ダミアンは自身の⾝元を明かさずにアカデミーに住んでいた。

「下」は、能力だけで誰もが得られるポジションではありません。

良い背景も必要でした。

しかし、まだまだ時間があったので、ヒューゴは状況が明らかになるのを⾒守っていました。

彼は問題に⼲渉するつもりはなかった。

男の⼦は⼒強く育たなければいいけません。

ダミアンは若く、地位が不確かで、能力が優れていて、性格が不親切だったためか、彼の周りにはトラブルメーカーがたくさんいました。

それらは、男の⼦が年をとるにつれて増加するだけ。

彼はこれらすべてに対処できなければなりません。

「彼は元気でしょう」

数⽇前、トラブルメーカーの中にはダミアンとの戦いを選んだ人間もいた。

案の定、ダミアンはヒューゴの兄の息⼦でした。

もしそれがヒューゴだったら、彼は何も考えずに愚か者を追い払ったでしょう。

「ダミアンについてはもう⼗分でしょう。そして、⾺⾞に乗っている間は暑さに注意してください」

「私を世話してくれる⼈がたくさんいるので、問題はないと思います」

ルシアはヒューゴの広い胸に頭を埋めた。

時が経つにつれて、彼の愛情はよりロマンチックになりました。

それにもかかわらず、彼⼥の不安は減りません。

⾸都は彼の過去の恋⼈、彼の魅⼒のために落ちた魅惑的な美しさ、そして夢の中で彼の妻であった⼥性がいます。

(私はあなたが私を捨ててしまうのではないかと⼼配しています)

ルシアは、自分が彼を愛している限り、それは⼤丈夫だろうと思っていた。

彼⼥は次第に傲慢さに⽬覚めていました。

 



 

国王の死は変わらないのですね。

ほとんど登場もしていないので、あまりピンと来ませんが・・・。

首都にはヒューゴの元恋人もいますから、ルシアが不安がるのは当然ですよね。

その気持ちをそのまま彼に伝えて欲しいと思うジレンマ。

ダミアンの近況も詳しく知りたいですね♪

ルシア【93話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...