ルシア

ルシア【91話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は91話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 




 

91話 ネタバレ

ルシア【90話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 機密保持契約

「アンナ、あなたの雇⽤契約は終了しました。当分の間、⼀時的な雇⽤契約が与えられます」

ジェロームの⼝調には⼀定の棘がありました。

アンナは弱く答えて、テーブルの上の⽂書を⼀つずつ調べる。

彼女は⽣涯の機密保持契約に署名した。

「あなたは私たちの信頼を壊しました。⼀時的な雇⽤が終了するまで外出することは出来ず、連絡は最⼩限の⼈数に制限されます」

「・・・はい」

「雇⽤期間が終わった後も、あなたが誰と会うかを見守られます。これは、あなたが署名した守秘義務の契約を厳守することが確実になるまで続きますので。疑念を抱かせるような⾏動をとらないことをお勧めします」

終わりのない監視下での⽣活。

アンナは⾃分がどれだけの間違いを犯したかを悟った。

公爵夫⼈に出会うまで、彼⼥は貴族を扱った経験が全くありません。

高貴な世界の規則と、そこに住む⼈々の習慣を知りませんでした。

彼⼥はおそらく後で、自分がどれだけ寛⼤に、そして⼈道的に扱われたかを知るでしょう。

「可能であれば、フィリップ卿にもう⼀度会えますか?彼は私に多くを教えてくれました。最後の挨拶をしたいと思います」

「旦那様に確認します」

 



 

  • 失敗?

フィリップは、アンナから連絡が来ない事を怪しんでいた。

彼は自分の判断が間違っていたことに気づく。

公爵夫⼈の現在の状況を⾒ると、彼女は子供を切に願っていると推測した。

したがって、公爵夫⼈が治療法があることを知っていれば、彼⼥はその機会に⾶びつくだろうと考えていたのです。

(どこで選択肢を間違えたのだろうか?)

アンナは公爵が戻ってから、約10⽇後に彼に会いに来ました。

「奥様はあなたに会うことを拒否しました、フィリップ。今、公爵はおそらく状況を聞いており、すべてを知っています。⼼配しないでください。私がちゃんと説明しましたので」

失敗。

その言葉がフィリップの脳裏を過ぎる。

どうして?

目標が目の前にあるのに、彼はどうして止まることが出来るでしょうか?

彼は内心の不満を抑え込む。

「アンナ・・・、すみません。私の配慮が足りず、あなたに苦労をかけてしまった」

「いいえ。私が無思慮だったのです。フィリップ卿と私はもう会えません。そして、まもなくこの職務を辞めます」

「そんな?アンナが全ての罰を受けています。私のせいで起きたというのに」

(不味い)

アンナが医者としての公爵夫人の専属医から外れる。

それは公爵への繋がりが完全になくなることを意味した。

「私には相応しくない場所だったのです。すべてが元通りになるだけですので」

フィリップは外見は残念そうにしていたが、内心で舌打ちをした。

(使えない女だ)

公爵夫⼈がフィリップに会うことを拒否したならば、タラン公爵以外の誰もそれを⽌める権限を持っていないでしょう。

仮に公爵夫人と会話できたとしても、その内容は必ず公爵の耳にも入る。

「辞めた後、あなたは何をする予定ですか?あなたが辞めることは、公爵家にとって⼤きな喪失です」

「あなたに言われては立つ瀬がありません。私は奥様の治療法を⾒つけることができず、⽉に1、2回頭痛薬を処⽅する以外に何もしませんでした。それどころか、私は過⼤な補償を受けましたから」

「・・・頭痛?」

フィリップの⽬は⼀瞬明るくなった。

「⽚頭痛です、⼥性の間で⼀般的な症状の」

「ああ、そうですね。確かに⼥性の間では⼀般的な症状です」

フィリップの⽬には少し狂気が現れたが、彼はすぐに消した。

アンナは気づいていない。

「私は頭痛に非常に効果のある処⽅箋を知っています。私はそれを贈り物として、あなたに与えましょう」

「それはあなたの家計に伝わる秘術なのではありませんか?そんな貴重なものを教えてもらうわけには・・・」

「私は薬で⽣計を⽴てるつもりはありません。良い薬が多くの⼈に役⽴つことができれば、それは素晴らしいことですから」

「ああ・・・、フィリップ。ありがとうございます。最後まで、あなたは私の⾯倒を⾒てくれるのですね」

「今回は、処⽅箋にすべてのハーブが記載されているので、その部分について⼼配する必要はありません」

フィリップの顔に小さな笑みが浮かぶ。

「じゃあ、頭痛の薬を作りましょうか?」

どんなに⼩さなチャンスでも⾒失うことは出来ない。

それがフィリップの⽣き⽅。

彼の生き方は、⼈々が彼を疑うようなことは決してしませんでした。

もし彼が少しでも危険だと思われたら、タラン公爵は即座に排除していたでしょう。

タラン公爵が知っていたフィリップは、頑固で愚かな⽼医師にすぎません。

彼が選んだ⽣き残る⽅法は、⾃分⾃⾝を下げること。

何世代にもわたって、多くの狂信者がタラン家を率いていました。

故公爵は人間とは別の生き物でした。

フィリップが⽣き残った唯⼀の⽅法は、故公爵のご機嫌をとること。

故公爵と⽐較して、現在のタラン公爵の性格はかなり綺麗な方。

ヨモギの効能を中和する薬は、試⾏錯誤を繰り返し、実験を重ねた最終製品。

最終結果の前に使⽤された⼩さな処理はすべて、世代から世代へと受け継がれてきたノートに書き留められている。

(公爵夫⼈はバニラの⾹りを知っているので・・・、それは取り除かれなければならない)

もちろん、効能は低下するでしょう。

ヨモギの効能を1〜3年で中和するのに2倍の時間がかかり、妊娠の可能性も⼤幅に低下します。

後は神様に任せるしかない。

しかし、神様はこれまでフィリップを裏切ったことはありません。

彼が頭痛に⾮常に効果的な薬を知っていたと⾔った事は嘘ではありません。

彼の一族の薬には、そのような薬もあるのだから。

彼がしなければいけない事は、頭痛薬の処⽅と中和薬の処⽅を混ぜ合わせて新薬を作ること。

少し時間がかかるかもしれませんが、フィリップの医学の才能は、厳しかった亡き⽗でさえ認めていた。

 



 

  • 新たな頭痛薬

しばらくして、アンナは頭痛薬の処⽅箋を⼿に⼊れました。

フィリップはそれを渡して、間もなくロームを去った。

彼がロームの街を完全に離れるまで追いかけ、その後、彼らは監視を撤回する。

アンナは処⽅箋を不思議に思った。

「この⽅法でハーブを組み合わせることが出来るなんて。なんて⾰命的でしょう」

彼⼥は頭痛がしたときに、⾃分でそれをテストした。

その効果は予想を超えていました。

普段は頭痛の薬を飲んでいると頭が重くなりますが、この薬を飲んでいると、朝起きて爽やかな眠りにつくように頭がすっきりと軽くなる。

アンナは頭痛を訴える城の⼥性に薬を処⽅し始めた。

そして、彼女たちの反応はアンナと変わりませんでした。

時々、頻繁な⽚頭痛に苦しんでいる⼥性は、1ヶ⽉分の薬を求めるためにアンナに群がった暗いです。

ルシアが頭痛のためにアンナを呼んだとき、アンナは新薬を持ち込みました。

「アンナ、今回の薬は素晴らしいわ」

ルシアの周期的な⽚頭痛は頻度が多くなってきたので、彼女は薬の迅速な鎮静効果を心から賞賛しました。

「よろしければ、出発する前に⼗分な量を作ることができます」

「そうしてもらえると嬉しいわ」

 



 

フィリップの執念は恐ろしいですね・・・。

流石のルシアも、頭痛薬に処方されているとは思いもしないでしょう。

この薬がどのような効果をもたらすのでしょうか?

ルシア【92話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...