ルシア

ルシア【89話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は89話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

89話 ネタバレ

ルシア【88話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は88話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 考えの修正

ジェロームは会議が終了したと聞くとすぐに会議室に⼊った。

「公爵様」

「ん」

ヒューゴは⼿を上げて応答し、お茶がいらないことを知らせる。

「ファビアンが来ました」

「ここに来るように彼に⾔ってください」

しばらくして、ファビアンが入室し、報告書を提出した。

ヒューゴがそれを⾒ていると眉をひそめた。

[ファルコン伯爵夫⼈が突然、妻の知⼈である⼩説家に近づいている]

「・・・これは何だ?」

ファビアンは公爵の激しい反応に緊張した。

(やはり些細な事だったのだろうか?)

「申し訳ありません。私の判断ミスです」

主人の性格を把握しているファビアンは、自分の過ちをすぐに認めた。

他の⼈々が多くの⾔い訳をし、頭に⾶ばされるシーンを⽬撃していたから。

ヒューゴがレポートを読み続けていく中で、彼の表情はますます険悪になる。

追加の報告には、ファルコン伯爵夫⼈がビビアン王⼥の⾝元調査を⾏ったことが含まれていた。

時間不⾜のため、ファルコン伯爵夫⼈が⼩説家とビビアン王⼥の関係をどのように追跡したかについてはまだ調査中でしたが。

「⾝元調査?」

公爵の⼝調が怒りを含んでいることに気づき、ファビアンは冷や汗をかいた。

「誰が投資を担当している?そいつを連れてこい」

しばらくして、アシンが⼊ってきた。

正確には担当者ではなかったが、投資と簿記の流れを理解する⽴場にあったので、今⽇⽋席した⼈に代わって入室した。

「ファルコン伯爵が所有する市場や事業に投資したことがあるか?」

ヒューゴは、ファルコン伯爵夫⼈から渡された事業計画の⾒直しを思い出した。

通常、ヒューゴは損失が報告されない限り、彼は関与しません。

アシンは持ち込んだ書類をすばやく調べて、関連する書類を報告する。

「すべての投資を撤回しろ。すぐに」

「・・・すぐに?少なくとも1か⽉前の通知が・・・」

「聞こえなかったのか?今すぐにだ」

アシンは背筋をピンと伸ばす。

「かしこまりました。すぐに対処します」

アシンが慎重な⼿順で部屋を出た後、ヒューゴはファビアンに命じた。

「この警告を送信しろ。今回のような非常識が繰り返されるとしたら、次回は頭が浮かぶでしょう」

ファビアンは初めて、ファルコン伯爵夫⼈を少し哀れに思った。

タラン家はかなりの規模で投資したので、突然そのような多額のお⾦を失えば、ファルコン伯爵の事業は揺らぐでしょう。

公爵がかつて親密さを共有した⼥性にとって、それは冷酷な対応でした。

感情的な理由で公爵が投資を撤回するのをフ、ァビアンは初めて見た。

(公爵夫⼈に少しお世辞を⾔うべきだろうか?)

公爵が新婚を楽しんでいるという考えを修正した。

 



 

  • ヒューゴへの報告

⼣⾷後、ルシアはヒューゴに時間を貰えるように頼んだ。

二人は応接室に⾏き、向かい合って座る。

「あなたが不在だったとき、公爵の専属医が私に会いたいと⾔われました」

ヒューゴの表情が⼀瞬で凍りつく。

彼は間違いなく⽼⼈の存在を知らせないように命じた。

ジェロームが命令を遂行できなかったのはこれが初めて。

ジェロームは主⼈の視線を感じ、固い表情で頭を下げる。

「彼に腹を⽴てないでください。私の医者があなたの命令に従わなかったのです。彼女は、治療法を探しているときにあなたの医者に会い、アドバイスを求めたようです。ヒューが週に⼀度、彼女に連絡して治療について聞いたそうですので、かなりのプレッシャーがかかっていたと思います」

ルシアは、ヒューゴがアンナに定期的に報告させていた事を知らなかった。

彼女がどれだけ追い詰められていたか理解する。

「アンナは辞任するつもりです。彼⼥をさらに罰しないことを願っています」

ルシアはアンナの努⼒を⾼く評価している。

彼女は主治医としての役割を超えて、ルシアを治療するために最善を尽くしたのだから。

しかし、アンナは焦りすぎていた。

ルシアがどんな薬であるかを知っていたのは幸運でした。

そうでなければ、彼⼥は未知の成分の薬を服⽤したでしょう。

薬が本当の治療法であるかどうかは関係ありません。

ジェロームがこれを知っていれば、彼は間違いなくアンナの夫に話し、アンナの⼈⽣は失われます。

そんな結末をルシアは望んでいないので、自分自身とアンナの間で問題を解決することを決めたのです。

「分かりました」

「アンナはあなたの医者が治療法を知っていると確信しているようでした」

「・・・そうですか」

ヒューゴはあの⽼⼈が驚くべき医療技術を持っていることを認めている。

彼が治療法を知っていたとしても、不思議ではありません。

 



 

  • ヒューゴの提案

「その医者はあなたの専属医を使ってあなたに会おうとしたのでしょうか?」

フィリップの医療技術はさておき、ヒューゴは彼⾃⾝を信じていません。

「いいえ。アンナは自分が⼿配したと⾔いました」

アンナは可能な限り⾃分のせいにして、フィリップを庇った。

彼⼥はすでに監視下にあったフィリップを巻き込みたくなかったから。

フィリップは彼⼥の教師に近い存在でした。

「ジェローム」

ヒューゴは目配せで、ジェロームが去るように合図し、彼はそれに応じて部屋を出た。

「あなたが私の医者に会うのを防ぐために、私が⾏動を起こした理由があります」

⽼⼈がヒューゴに執拗に望んでいたのは娘、つまりダミアンの花嫁であり、ルシアはタランの⾎の⼦供を産むことが出来ません。

ヒューゴは、⽼⼈が彼⼥に非常識な話を⾔うのか⼼配していたので、彼⼥から遠ざけていました。

「そうですよね。理由もなくあなたはそんな事をしません」

「彼に会いたいのなら、私と一緒であれば会っても⼤丈夫です」

⼀緒に会えば、⽼⼈は愚かなことを⾔うことが出来ないでしょう。

ヒューゴはその⽼⼈に⼆度と会いたくなかったが、彼が治療法を知っているのなら仕方がなかった。

 



 

ファルコン伯爵は、残念ながら今後の生活が苦しくなるでしょう。

ヒューゴを怒らせたらダメですね・・・。

そして、彼の提案を受けて、ルシアはフィリップと出会うのでしょうか?

ルシア【90話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...