ルシア

ルシア【88話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は88話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 




 

88話 ネタバレ

ルシア【87話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ケイトの訪問

「ようこそ、ケイト」

ケイトは予告なしに訪れたが、ルシアは喜んで彼女を迎えた。

⼆⼈の友情は以前と変わりません。

公爵夫⼈としての権威を主張しなかったルシアと、彼女との友情を利⽤せず、素直でケイト。

彼女たちはお互いを⼀⼈の⼈間として扱った。

「具合は良くなりましたか?」

「はい。完全に回復したので、あなたに会いに来ました」

ケイトは⾵邪のせいで⼀ヶ⽉近く家に閉じ込められていたのだ。

「あなたに会いに⾏きたかったのですが・・・、ごめんなさい」

ヒューゴが許可することを完全に拒否したため、ルシアはお見舞いに⾏くことが出来なかった。

『風邪が移ったらどうするんだ?』

むしろ、外に出ることで体が冷えるという理由で、ヒューゴはルシアの外出を禁止した。

「問題ありません、ルシア。来なくて正解だったと思うわよ」

ケイトは公爵の意図を理解した。

彼女は公爵の怒りを被りたくなかった。

⼀⽅、ケイトは最近の北部の貴族の変化について話したいと思っていた。

⽉に2、3回のお茶会を除けば、公爵夫⼈は他に公式の活動はなく、無意識のうちに社交界で⼤物となっていた。

しかし、脚光は浴びていません。

それはタラン公爵が北を⽀配した⽅法と似ている。

事実上、⽬に⾒えない統治でした。

ルシアの存在は、彼⼥が想像する以上に北部の⾼等社会の中⼼となっています。

その話を本人に伝えようと考えていたが。

ケイトの偉⼤な叔⺟はあまりにも急いでいると⾔う。

ミシェル夫⼈は、公爵夫⼈が⾃分の⽴場を意識する前に他の⼈からそのような⾔葉を聞いた場合、彼⼥が周囲との距離を置いてしまうだろうと説明した。

 



 

  • ルシアの魅力

「公爵は領地を調べているのですか?」

「はい。通常は4〜5⽇かかるので、明⽇までに戻ってくるはずです。ミシェル夫人の体調はどうですか?」

「いつもと同じですよ。しつこいことが増えました。少なくとも公爵夫⼈の半分に似るべきだと言われてうんざりしています」

「ミシェル夫人もあなたが好きだからそう言うのでしょう。彼女はケイトがどれほど美しく魅力的であるかを知っています」

「ルシアの方がもっと魅力的だと思います」

「ありがとう」

社交辞令だと捉えているルシアですが、ケイトの言葉は本心です。

何度言っても、彼女は冗談と考えて笑うだけ。

ケイトはルシアを見るたびに、いつも不思議な魅力を感じていた。

彼女はとても綺麗と言う訳ではないが、見れば見るほど彼女に惹かれていく。

彼⼥⾃⾝が⼈を惹きつける⾹りのよう。

閉ざされた空間を花で満たすように、花をすべて取り除いても景⾊は記憶に残りました。

「天気が暖かくなってきたので、キツネ狩りに⾏くことを考えていました。⼀緒に⾏きましょう」

「回復したばかりなのに、動いても⼤丈夫なのですか?」

「もちろん、問題はありません。でも、キツネがいないので、⾒るしか出来ませんが」

「私にとっては、見るだけで⼗分ですよ」

トゥウン・・・。

笛の⾳が聞こえた。

「公爵が戻ったに違いないわ」

その⾔葉に続いて、ケイトは⽴ち上がったが、ルシアはそれを止めた。

「あなたはゲストなので、ここにいてください。少し失礼しますね」

ルシアは去り、ケイトはソファでくつろいだ。

フルートの⾳でルシアの顔が明るくなる姿を思い出す。

とても可愛らしい光景。

彼⼥は夫がそんなに好きなのでしょうか?

夫に関しては恥ずかしがり屋の⼄⼥のようになるのをよく目撃する。

かなり良い夫婦関係を持っているという噂は⾮常に広まったが、⼈々は実際に⾒たことがなかったので疑っていた。

公爵夫人と初めて出会った人々は、倒れるほどの美人ではないと言います。

しかし、ケイトは、ルシアと⼀緒にお茶を1、2回しただけでは、彼女の魅⼒を理解できるとは思っていません。

ケイトは、公爵がルシアの魅力にどうやって陥ったかを理解していました。

 



 

  • 人目も気にせずに

カップの中のお茶がぬるま湯になった頃、ドアが開く。

ドアに⽬を向けると、ケイトの⽬が大きく広がる。

⿊髪の男が部屋に⾜を踏み⼊れ、公爵夫⼈を引き寄せました。

公爵夫⼈が⾜を踏み⼊れるとすぐに、彼は閉じたドアに寄りかかり、キスを始める。

「わお・・・」

思いがけない状況から⽬を逸らすことすら考えられず、ケイトは⽬の前の愛情表現をぼんやりと⾒つめた。

戦争中、ケイトは公爵の顔を⾒る機会がありませんでした。

しかし、公爵夫⼈を抱きしめてキスをしている⿊髪の男は公爵以外にはいないでしょう。

(二人の関係はかなり良いかって?)

噂は間違っていた。

(想像以上に二人に関係は親密でした)

ケイトの顔は徐々に⾚くなった。

再会の喜びを分かち合うのは、短くて爽やかなキスではありません。

服を脱ぎ捨てて体を絡ませたいという熱情と露⾻な欲望に満ちたキスでした。

ケイトが座っていたソファからはルシアの顔がはっきりと見えていた。

ルシアがようやく気づき、ケイトと目が合うと、彼女は恥ずかしさから顔を真っ赤にした。

彼女はケイトのことを⼀瞬忘れていた。

「どうした?」

「ゲ、ゲストが・・・」

ルシアの琥珀⾊の⽬は、恥ずかしさに満ちている。

そんな彼女の様子を見て、ヒューゴはこの場で押し倒したくなった。

「ここじゃ駄目なのか?夕方まで我慢できない」

数日間会えなかっただけで、彼の体は欲望に忠実だった。

寝室以外で断られ続けたヒューゴ、いつか別の場所でしたいと考えていた。

「ゲスト?」

ヒューゴはルシアの後に繰り返し、頭を横に向けて、頭を下げてソファに座っている⼥性を⾒つけた。

しかし、彼の表情に変化はありません。

ルシアの腰を持って抱きしめている⼿はそのまま。

「ミルトン夫人です・・・」

「ああ」

有名な女性だ。

ヒューゴはソファに向かって歩き、ケイトはすぐに⽴ち上がって深いお辞儀をする。

「お会い出来て光栄です、公爵様。ミルトン伯爵の娘、ケイトです」

「初めまして、ミルトン夫⼈。軽⾷を中断したようですね」

彼はルシアに軽いキスをする。

「ごゆっくり」

彼はルシアの腰を⼿放し、応接室を出た。

嵐のような一時。

ルシアはヒューゴほど恥知らずで、何も起こらなかったように振る舞うことができません。

恥ずかしさを隠すことができず、冷たいお茶を啜りながら黙っていた。

そうして、⼆⼈はしばらく何も⾔わずにソファに座っていました。

「・・・狩猟について話していましたよね。それはいつですか?」

「・・・5⽇です。来ていただければ幸いです」

彼らの会話は不器⽤に続く。

 



 

久しぶりのケイトの登場!

ルシアの魅力は外見だけではなく、内面にありますよね。

そんな彼女に骨抜きにされたヒューゴ。

ルシアはその事を自覚していないのが面白いですよね^_^

ルシア【89話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は89話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...