ルシア

ルシア【87話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は87話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 




 

87話 ネタバレ

ルシア【86話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は86話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • フィリップの説得

公爵夫⼈の意志に従い、アンナは薬が拒否されたことをフィリップに知らせた。

フィリップは驚きを隠すことができません。

「・・・彼女はこの薬の配合を知っている?」

彼は繰り返し呟いた。

「公爵夫⼈に会わせてください。これは間違いなく治療法ですので」

「あなたはそれが無理だと言うことを知っているはず。監視下に置かれているのをお忘れですか?」

「それは個⼈的な問題であり、薬とは何の関係もありません。このまま諦めるおつもりですか?」

アンナは首を横に振る。

「他の⽅法が見つかると思っていません。あなたが⾔うように、奥様に直接説明することが最善ですが、会うこと⾃体が不可能なのです」

「アンナ、私は⽬の前の患者を諦めることはできない」

「・・・でしたら、公爵が帰ってきたら尋ねてみます」

タラン公爵は領地を視察していたため、現在ロームにはいない。

フィリップはこの機会を逃すことができませんでした。

公爵が戻ってきたら、公爵夫⼈と二人きりにはなれないでしょう。

公爵はヨモギの背後にある秘密を知りませんが、フィリップの処⽅箋を受け取った後に公爵夫⼈が妊娠した場合、彼はすぐにフィリップの策略に気づくでしょうから。

その場合、公爵は全力で子供が生まれるのを阻止するでしょう。

その前に何としてでも、フィリップは公爵夫人に会わなければいけなかった。

彼女に直接会えば、説得できると確信していたから。

「患者の意志が優先されます。最も重要なことは、患者が⼦供を望んでいるかどうかです。公爵は、奥様から⼦供を望んでいると思いますか?貴族は冷酷です。彼らは平民とは異なりますから。奥様は⼦供に⽼後を⾒てもらいたいと思っているに違いありません。彼女が⾃分の⼦供を抱きしめることができなければ、それは残念だと思いませんか?」

フィリップは冷静にアンナを説得しようとした。

彼を信頼しているアンナの葛藤は簡単に傾く。

(奥様たちの関係は今は良いかもしれないが・・・)

そもそも貴族の関係とは愛情とは無縁の方が多い。

男性であろうと⼥性であろうと、彼らは別々の恋⼈を保ち、結婚していても楽しんでいました。

残るのは⼦供だけ。

「奥様と話してみます」

アンナにとって、それは奥様のためでした。

 



 

  • 公爵の専属医師

「私が以前話した医者ですが、奥様に会いたいと申されております」

「そうなの?でも私は会うつもりはありません」

「しかし、奥様。その医者は・・・、彼は公爵様の専属医師です」

「公爵の?」

「はい。執事が少し前に教えてくれました。公爵の専属医者が監視されていて、奥様に会うことを禁止されているだけでなく、彼の存在が奥様に⾔及されるべきではないと⾔われました。それは公爵様からの命令だとも」

アンナの表情と⼝調は毅然としたものでした。

「それなら、あなたは今、重⼤な過ちを犯しています。あなたは公爵に命令に逆らったという事になりますが」

「十分に認識しており、責任を負います。しかし、奥様。彼はあなたを必ず治癒することができると⾔いました。彼は奥様に直接会って説明したいと」

「責任?どのように責任を負うのですか?」

「・・・私は医者としての地位を辞任します。多くの分野で不⾜しすぎていますから」

「・・・」

アンナの決意は固かった。。

「アンナ、前回の薬の問題はそうでしたし、今回の問題も同様です。あなたが義務を守っていれば、これらのことは起こりません」

「⾃分が道から外れて⾏動したことを知っています。私は奥様が素敵な⼦供を産むことができるように、奥様を治療したいだけです」

ルシアはため息をつく。

アンナは悪い⼈ではありません。

それどころか、彼女のように純粋な情熱を持った⼈を⾒かけることは滅多にありません。

だからルシアはアンナが好きでした。

「私に会いたがっている公爵の専属医師の名前は何ですか?」

「・・・フィリップ男爵です」

「男爵?」

夢の中で出会った彼が男爵になれるのだろうか?

夢の中で⾒たフィリップは、放浪者の⽣活に慣れているようでした。

旅⾏者には見えなかった。

(あの時、タラン公爵に何かが起こったのだろうか?)

後半の人生で、貴族の話を聞く機会はほとんどなかった。

夢の中で⼈⽣で最も静かな時期でしたが、ルシアは突然夢の中の⾃分に腹を⽴てた。

少しでも周りに興味を持っていれば。

(なぜヒューゴは私に医者のことを知られたくないのでしょうか?)

ヒューゴが彼を嫌うなら、単純に男を追放すればいいだけの事。

「その医者は、公爵のために⾮常に⻑い間働いてきたのですか?」

「彼は何年もの間、家中で公爵の医者であったと聞きました」

「何年もの間」という⾔葉を聞いた後、ヒューゴが⾔ったことを思い出す。

[私はビビアンにすべてを⾔うことはできません。これらは私が死んだとしても明らかにしたくないことですから]

(彼が守りたい秘密。その医者の事も含まれているのでしょう)

それはただの勘。

彼⼥の推測が本当なら、医者はすでにヒューゴの⼿で死んでいたでしょう。

⼿がかりが少なすぎて推測することはできませんが、確かなことが1つだけ。

ヒューゴが医者と自分を合わせたくないという事。

ルシアの本能は、ヒューゴが知らないうちに医者に会わないようにと言っている。

 



 

  • 心の変化

「私はその医者に会いません」

アンナはひどくため息をついた。

「アンナ、医者として、そして公爵家に仕える者として、あなたは⼤きな失敗を犯しました。あなたが医者として犯した過ちを許すことはできます。しかし、あなたが公爵の命令に従わなかったことは許すことが出来ません。あなたの辞任については受け⼊れますが、今は受け⼊れません。すぐに⾸都に⾏くかもしれないので、⾸都に⾏くまでは仕えてください」

その後、ルシアはジェロームを呼んだ。

「ジェローム、今⽇、私の医者のアンナは、公爵の専属医が私に会いたいと⾔いました。しかし、ジェロームは以前、これについてアンナに警告したそうですね?」

しばらくの間、ジェロームの鋭い視線は、頭を下げた状態で厳粛に横に⽴っているアンナに向けられた。

その後、彼の視線は彼の奥様に戻ります。

「はい、奥様。旦那様がそう命じましたので」

「それが彼の命令であるなら、確かな理由があるのでしょう。私は公爵の専属医に会うつもりはありません。そして、この事件については、彼が戻ってきたときに私が個⼈的に知らせます」

「はい、奥様」

「アンナは辞任を申し出たのですが、私が拒否しました。⾸都に上がるまで、彼⼥は私の医者として残ります。つまり、アンナにこれ以上質問する必要はありませんので」

「はい、奥様」

ジェロームの態度は、王の命令を受ける厳粛な騎⼠に似ていた。

ジェロームは常に奥様の賢明な決定を尊重していた。

彼は2⼈の⽴派な主人に奉仕できて、心の底から嬉しいと感じていた。

 



 

ついにルシアがフィリップの存在に気づきました!

しかし、彼女の勘が彼と出会うことを拒否しましたね・・・。

これでフィリップは諦めるのでしょうか?

アンナは優秀な医者でしたが、今回の件の処分は仕方がないのでしょうね。

ルシア【88話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は88話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...