ルシア

ルシア【86話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は86話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...

 




 

86話 ネタバレ

ルシア【85話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は85話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • バニラの香り

ルシアは、アンナが⼀⽇おきに⽤意した薬を飲むのが⽇常茶飯事になっていた。

通常なら、夕食を食べてから1、2時間後に服用する。

習慣的に口に含んだが、驚いて反射的に口から吐き出した。

「・・・バニラの香り?」

再び薬を⿐に近づけ、匂いを嗅ぐ。

疑いの余地はなかった。

それはバニラの⾹りでした。

多⼤な労⼒と時間を費やしても夢の中で⾒つけられなかった治療法。

奇跡的に出会った医者から教えられたもの。

そんなに簡単に発見出来る薬ではないはず。

メイドに指示を出し、アンナを連れてくるように頼んだ。

「アンナ、今⽇の薬は以前とは異なりますね」

「はい、新しい治療法です」

「これはあなたが⾒つけた⽅法ですか?」

「・・・はい」

アンナが誰かのアドバイスを受けたと答えたら、ルシアは彼女が夢で出会った医者に会ったのではないかと思ったでしょう。

しかし、彼⼥が⾒つけたとは信じられませんでした。

「アンナ、私は薬草に興味があったので、しばらくの間薬草を研究してきました」

そう⾔った後、3つの異なるハーブを告げる。

これらの薬草はすべて、患者の体質に応じて検査し、注意深く処⽅する必要がある薬草。

医師にとって、この知識は常識に近いものでした。

「3つのハーブを混ぜて⾷べるとどうなるか知っていますか?」

アンナは質問の背後にある意図を理解することが出来ないまま、自分の知識に基づいて正直に答える。

「これらの薬草は、決して⼀緒に混ぜてはいけない薬草です。それぞれの性質が異なるため、⼀緒に使⽤すると毒として機能しますから」

「そうでしたか?アンナ、あなたは私に毒を与えようとするためにこの薬を持ってきたという事ですね」

 



 

  • アンナの過ち

「え?」

アンナは全⾝が硬直した。

⼩柄な⼥性が、突然巨⼤な鋼鉄の壁に変わったように見えたから。

公爵夫⼈は、権威を主張したりする⼈ではありません。

だから、アンナは忘れていたのです

公爵夫⼈は彼⼥が主治医にならない限り、彼⼥の⽣涯で決して⾒ることができなかったであろう壮⼤な⾼位の貴族であることを。

(私は公爵夫人を怒らせる何かをしたのだろうか?)

悪寒が彼⼥の背筋を下りていく。

中毒未遂の疑いのある医師の⽣活は、その先は絶望的でしょう。

それが真実であるかどうかは問題ではありません。

問題は、そもそもそのような疑惑があったことでした。

「この薬にはバニラの⾹りがあることをご存知ですか?」

「はい、奥様」

「なぜバニラの⾹りがするのか知っていますか?」

「・・・」

「先ほど触れた3つのハーブを混ぜると、バニラの⾹りがするのです。あなたはこれを知らないようですね、アンナ」

「・・・え?」

「あなたはそれが自分が⾒つけた治療法だと⾔いました。それなのに、どうして分からないの?」

夢の中でルシアの⽉経が再開した後、彼⼥は治療法⾃体に興味を持つようになった。

バニラの⾹りが特に。

好奇⼼から、彼⼥は薬草を研究し始めたのです。

処⽅箋の薬草を少しずつバラバラにして、混合物を繰り返しテストする。

これを通して、ルシアはバニラの⾹りが⼀般的に⼀緒に混合されなかった3つのハーブを混合することを発⾒しました。

アンナの顔⾊が青白くなる。

彼女はどんな薬草が薬に⼊っているのか知りません。

フィリップが彼⼥に⼿渡した薬は、細かく粉砕された状態だったから。

[少なくとも⽉に1回。⽉経が再開するまで定期的に服⽤する必要があります]

[何が⼊ったのか分からない薬を患者さんに飲ませることはできません]

[これは私の家系の秘密ですので、中身を明らかにすることはできません]

[フィリップ。あなたの良⼼や医者としての能⼒を疑うことはありません。しかし、彼女は普通の患者ではありません]

[アンナ、もしそうだとしたら、私は患者に直接説明しなければいけません]

アンナは治療法があることを知ってとても興奮していましたが、一つの懸念点を思い出す。

執事長は、治療法を見つけたとしても、それは彼女が発見したものだと言わなければいけないという事。

フィリップの存在についての簡単な⾔及でさえ、奥様の前で⾏われるべきではありません。

[理由は分かるのですが、フィリップを奥様に会わせることはできません]

[・・・私は保証するために命を賭けます。それでも⼼配しているなら、あなたがそれを
⾷べてテストすることも可能です。普通の⼈が服⽤しても効果がない薬ですので]

[あなたは⻑期間投与されなければならないと⾔いました。⻑期間かかると問題が発⽣する可能性があります]

[アンナ、私が患者に害を及ぼす薬を作ると思いますか?]

フィリップに対するアンナの信頼、医者としての彼⼥の良⼼、そして治療への彼⼥の願望。

これら全てが、彼⼥の⼼の中で激しい対⽴にありました。

アンナは個⼈的に1週間薬を服⽤し、自分の体の状態を調べていた。

これをしている間、彼⼥は公爵から召喚状を受け取ったのです。

タラン公爵は週に1回程度アンナに連絡をして、公爵夫⼈の治療がどのように進んでいるかを尋ねました。

そして、アンナの答えはいつも同じ。

[治療法を探しています]

公爵はそれ以上質問せず、「了解しました」と答えて、議論は終わりました。

しかし、今回、公爵に召喚されたとき、アンナはプレッシャーを感じました。

多額の給金を払われているにもかかわらず、きちんと仕事をしていないことに恥ずかしさを覚えたのです。

結局、アンナは薬を公爵夫⼈にもたらしました。

 



 

  • 心の変化

「・・・私はなんて事を」

ルシアが薬の成分に疑問を呈して、初めて、アンナは気づきました。

不確かな薬を患者に処⽅する医師。

患者が公爵夫⼈であるという問題を考える前に、それは医者としての致命的な誤りでした。

「申し訳ありません、奥様。これは私の治療法ではありません。しかし、確認のために1週間服⽤しました」

ルシアはため息をつき、アンナの苦悩と努⼒を彼⼥の⾔葉で感じた。

「私の状態について相談するには、あなたが⾮常に信頼している⼈でなければなりません。それは誰でしょう?」

「申し訳ありません、奥様。誰なのかは⾔えません」

「薬を処⽅した⼈が、正体を明らかにしないように頼んだのでしょうか?」

「・・・」

アンナはフィリップの存在について話すことを許されなかったので、答えることができません。

「私はこの薬を服⽤できません。理解してくれますか?」

「はい、奥様。私は重⼤な過ちを犯しました」

「あなたが私を治療したいという気持ちは十分に伝わっています。しかし、今度からは嘘をつかないでください」

「はい、奥様」

以前のルシアだったら、それを拒否しなかったかもしれません。

しかし、なぜヒューゴが⼦供を望まないのかを理解したとき、彼⼥の⼼は変わりました。

彼は⽗親になる準備ができていない。

⼦供が⽣まれたら、⽣まれた⼦供だけでなく、関係者全員にとって悲劇になるでしょう。

ルシアはヒューゴが望まない⼦供を産みたくなかった。

⽗親から多くの愛を受ける⼦供が欲しいと思っている。

ヒューゴは両親からの愛を知らずに育ち、ルシアは⽗親に無視されて⼦供時代を過ごしました。

両⽅とも普通の家族の経験が足りていないのです。

⾃分たちに⽋けていたものを完成させるためには、お互いを完全に理解する必要がある。

(⼦供を出産しないことは、良いことなのかもしれない)

後悔がありました。

ルシアはヒューゴに恋をしていた。

彼⼥は愛する⼈のために⼦供が欲しいと思っている。

しかし、今はその時ではありません。

夢がなかったら、彼⼥はそんなに⼤きな忍耐⼒を持っていなかったでしょうし、遠い未来を⾒ることもできなかったでしょう。

 



 

ルシアが薬の成分に気づくとは予想外です。

アンナが彼女を助けたいという気持ちは理解できますが、流石に今回の件は不味かったかもしれません。

これでフィリップが諦めてくれれば良いのですが・・・。

ルシア【87話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...