ルシア

ルシア【85話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は85話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

85話 ネタバレ

ルシア【84話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は84話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side フィリップ

アンナが去った後、フィリップは頭を下げてソファに座り、両⼿をしっかりと握りしめている。

薄暗い照明の中で、悲惨な雰囲気を纏うシルエットは、見る者によっては恐怖するだろう。

「クフフフ・・・」

フィリップの体は震え始め、狂⼈のように笑い出した。

「クハハハ!終わりではありません!まだ終わっていませんでした!」

今の彼は、常に落ち着いているいつものフィリップではない。

彼の目は充血し、額の静脈は膨らんでいた。

表情は歪められ、狂気と執着に満ちている。

半ば諦めていた執着の可能性を発⾒したので、彼は興奮せずにはいられなかった。

元公爵が悲劇的な死を迎え、新しい公爵が継いだ後、フィリップはある⽇不審な⼈物に誘拐された。

⽬が覚めたとき、彼は⾃分が刑務所に閉じ込められていることに気づく。

彼は⼀⽇中投獄されていたのだ。

そして、彼の前に現れたのは、タラン公爵になったヒュー。

[⽼⼈。⼦供を作る⽅法を知っていると聞きましたが?教えてください]

根深い嫌悪感と憎しみが彼の⽬に溢れていた。

タランの⾎統の秘密が収められていた部屋。

[あなたは秘密の部屋に⼊ったのですね?]

[そのとおり。故公爵夫⼈が⼦宮の中に身篭っていた少⼥は、将来私の⼦供を産むことになっていた。本当に残念です。私の将来の妻は⽇の⽬を⾒ることができず、⺟親の胃の中で⾁の塊に変わったのだから]

ヒューの表情がどんどん歪められていく。

フィリップは何の反応も示さなかった。

故公爵夫⼈は確かに、娘が⽣まれたらすぐに死んだように扱い、外で育てることを計画していた。

ヒューはフィリップの考えを推測し続ける。

[もし娘が産まれていたのなら、彼⼥が私と⼀緒に放置されるとは思わない。おそらく、外に出した後に、偶然を装い、私の子供を産もうとしたのではないでしょうか?]

[・・・]

[しかし、残念でしたね?義理の姉が亡くなったので息⼦は⽣まれません。永遠に]

⾮常に喜んでいるヒューを⾒て、フィリップはヒューゴの⼦供がいる事を明らかにしなかった。

ヒューが今知れば、彼はすぐに⺟と息⼦の両⽅を殺すでしょう。

ヨモギについての真実をヒューに話した場合、彼が何をするかを予測することが出来ました。

不可能に聞こえたとしても、彼は世界に存在するすべてのヨモギを根絶しようとするはず。

[⼆度と太陽を⾒たくない場合は、⼝を閉じておいてください]

フィリップは家族の秘密を明かすことは決して出来なかった。

彼はデタラメの言葉を告げる。

ヒューはそれらの無意味な⾔葉を信じました。

 



 

  • 狂気のフィリップ

その後、ヒューはフィリップを完全に存在しない⼈のように扱う。

この機会を最⼤限に活⽤して、フィリップは⽬標に向かって進むことをやめなかった。

タランの⾎は、世代から世代へと⾎の狂気を継承する。

それは虐殺を促したり、性欲を⾼めたりした。

ヒューの場合は特に顕著で、兄の死後さらに悪化した。

10代後半までに、彼は虐殺や⼥性との睡眠なしでは眠ることができなくなったのだ。

フィリップは若い孤児を購⼊し、ヨモギをやることで妊娠できる体を作り上げた。

ヒューの好みに合うように教育し、公爵は⼄⼥が好きではないことを知って、⾎が流出するのを防ぐために秘密のマニュアルを使⽤して対策を講じる。

ちょうど戦争が勃発し、フィリップの公爵へのアクセスが格段に容易になりました。

準備してきた⼥性に鎮痛剤を与えて、痛みを感じないように施し、公爵の宿舎に送ったのです。

虐殺の狂気に興奮したヒューは、⼥性が誰であるかを気にせず、彼⼥と繋がった。

しかし、フィリップの試みは常に失敗に終わったのです。

妊娠するためには、ヒューは⼥性と安定した関係を築く必要がありましたが、彼はすぐに興味を失ったから。

フィリップが黙らせるために殺した失敗した⼥性の数は⼗数⼈にも及ぶ。

戦争が落ち着くと、ヒューは⾃制⼼の⽋如を徐々に和らげ始めました。

それは彼が20代半ばに⼊ったためかもしれません。

彼の好みも貴族の⼥性に変わったので、彼はそのような⼥性だけと寝てきました。

フィリップがどんなに機知に富んでいたとしても、孤児を⼿に⼊れたように貴族を⼿に⼊れることは出来ません。

故公爵に娘がいたら、将来、ダミアンの⼦を産むように世話をしたでしょうが、残念ながら、タランの全ての⼥性は死んでいました。

フィリップと故公爵が知らないうちに⽣きていた娘はダミアンを産んで死んだ。

未来の公爵夫⼈として育てられた少⼥は⾺から落ちて死んだのです。

ダミアンの誕⽣は天国から援助のように思えた。

しかし、彼に花嫁がいなかったら、タランの⾎統は終わります。

ヒューの協⼒がなければ、花嫁を確保する道は遠いでしょう。

 



 

  • 執拗な執着

しかし。

フィリップが何の努⼒もせずに、必要なすべての条件を満たす誰かが公爵夫⼈になりました。

これを確認するために、彼は特別な条件が必要だとアンナに嘘をついた。

完璧でした。

それは間違いなく奇跡でしょう。

神様はまだタランの⾎統の存在を⾒守っているのです。

「美しい花嫁がすぐにあなたのために⽣まれます、ダミアン坊っちゃま」

暗闇の中で、彼の唇には暗い笑顔が広がる。

フィリップはすでにいくつかを検討しており、様々な計画が彼の頭の中で作られていました。

彼の家族の念願は何世代にも渡って受け継がれている。

彼の中で眠っていた執拗な執着が再び発⽕した。

 



 

これまでのフィリップは単なる口うるさいだけの老人にしか見えませんでした。

しかし、彼のこれまでの行動は常軌を逸していましたね・・・。

そんな彼に狙われるルシア。

彼女は気づくことが出来るのでしょうか?

*少し説明足らずな部分もあるかもしれませんm(_ _)m

ルシア【86話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は86話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...