ルシア

ルシア【83話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は83話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

83話 ネタバレ

ルシア【82話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 苦情文書

補佐官が話している間、彼は厳粛な表情を浮かべていた。

「皇太子殿下、デリン侯爵が公式の苦情の⼿紙を送ってきました」

クェイズは舌打ちし、渡された⽂書をざっと読む。

結論として、何ページにも続いた⻑い苦情の⼿紙は、侯爵の名誉を侮辱したクロティン騎士を罰する許可を求めていた。

以前、デリン騎⼠団はロイの手で半壊し、数ヶ⽉間動けなくなった。

「集団で攻撃した腐った野郎が、なぜこんなに多くのことを⾔う必要がある?それでも騎士と言えるのか?」

下品な言葉を話す皇太子を見て、補佐官は頭痛を抱える。

「彼らが問題視しているのは決闘そのものではなく、クロティン卿の発⾔です」

デリン侯爵は皇太⼦に反対する勢⼒の代表的な⼈物の⼀⼈。

皇太⼦が公爵の護衛を守ることが出来なかった場合、皇太子とタラン公爵の間に亀裂が生まれることは間違いないでしょう。

クェイズは隣に⽴っているロイに視線を向けた。

明らかに自分について話していることをロイは知っていましたが、彼の表情は何も変化がありません。

時々、補佐官はロイの真⾯⽬な表情を打ち負かしたいという願望を感じた。

「クロティン卿。あなたが彼らを殺したわけではありませんが、なぜあなたはあのような言葉を放ったのですか?」

「何をです?」

「騎⼠たちに、侯爵の⽝と呼んだと聞いていますが」

「そのような言葉を言っておりません。『⽝は主⼈の⾜を舐めていろ』と⾔いました」

クェイズは呻く。

「それは事実上同じことです。侮辱しているようなものです」

「なぜ侮辱的であるのか理解できません。私は真実を話しただけです。騎⼠は主⼈の⽝です」

皇太⼦だけでなく、周囲の人たちも驚きを隠せません。

「騎⼠が主⼈の⽝ですか?クロティン卿、あなた⾃⾝もそう思いますか?」

「もちろんです。私は私の主人の⽝です。主人が私に吠えるように頼んだら、私は吠えますすよ」

クェイズは笑いながら、お腹を抑えてテーブルを叩く。

しかし、ロイ以外の他の護衛騎⼠の表情は歪み、彼らは殺⼈的な視線でロイを睨みつけた。

クェイズは落ち着くのに少し時間がかかり、彼の側近に話しかけた。

「聞いたか?クロティン卿が騎⼠を侮辱したり、苦情の⼿紙を送り返したりしなかったことを書いてください」

「・・・はい」

間違いなく、クロティン卿は狂⼈でした。

いいえ、彼は狂⽝?

「タラン公爵が羨ましいよ。このような忠実な騎⼠を持つことを」

クェイズは意味のある視線で、自分の騎⼠をちらっと⾒た。

 



 

  • タラン公爵の変化

「しかし、タラン公爵は⾸都に来ることを考えずに北部から離れないね。公爵夫⼈も、少なくとも⼀度は来ると思っていたよ」

公爵が結婚してからほぼ⼀年、正⽉が始まってから⼆ヶ⽉が経過した。

宮殿に住んでいた王⼥が、耐えていることに興味を示す。

彼女一人ではタラン公爵を満足させることは出来ないだろうと考えていた。

ビビアン王⼥を直接⾒た⼈々の描写を通して、彼は王⼥が⽐類のない美しさの⼥性ではないことを知っている。

それでも、噂が真実かどうかについての疑いを払拭することが出来なかった。

「王女がとても美しいから、公爵は彼女を隠している?それとも単に好みだから?しかし、彼の過去の⼥性との歴史を⾒ると、何かがまったく異なります」

クェイズはビビアン王⼥を掘り下げることに成功しなかった。

王⼥がメイドのふりをして宮殿を出たことを知りましたが、さらに掘り続けるにはより多くの時間とお⾦がかかるので、彼は単に諦めたのです。

もし敵だったら、隅々まで調べていたでしょうが、味方のためにそうする必要はありません。

いずれにせよ、王女が⾸都に来たら、彼らは会うでしょう。

「外出時はメイドとして⾏動する。王女は⾮常に興味深いことをするね」

存在すら知らなかった妹に対して好意的な印象を持っていました。

 



 

  • ファルコン伯爵夫人

事件が途切れることなく起こる⾸都で、ファビアンはいつものように⼀⽣懸命働いていた。

⾸都で広まっている噂を集める仕事。

「これは新しい噂だ。タラン公爵の城の地下で領地に悪魔を育てるための召喚陣がある?」

公爵への報告の中で、まだ読んでいない噂をくすくす笑い、書き留めていた。

ある報告書を⾒て、彼の表情は固まった。

報告は、⼥性⼩説家の周りに配置している男性からのもの。

彼⼥は公爵夫⼈になった王⼥の唯⼀の知り合い。

ファビアンは部下に定期的にノルマンをチェックするように命じていました。

これは、公爵夫⼈との関係を偶然⾒つけた誰かが彼⼥に近づき、彼⼥に危害を加えることを選択する可能性があるため。

⼀⽅で、⼩説家が公爵夫⼈について⼝を閉ざしていることを確認することも出来ました。

ある意味で、それは監視と保護の合わさったもの。

「なぜファルコン伯爵夫⼈がそこに⾏ったのですか?しかも、1回か2回だけではありません」

報告によると、⼩説家を訪ねた⽬的は、伯爵夫⼈がファンだからだという。

「それが唯⼀の理由ではないと思うが・・・」

ファビアンの直感がそう語る。

「彼⼥は気難しいからな」

昔から、伯爵夫⼈には悪い噂がある。

現在死んでいる3⼈の夫全員と結婚したという彼⼥の不吉な過去の歴史。

理由は分からないが、関わりたくない相手。

ファビアンにとって、ファルコン伯爵夫⼈はそのような⼈物でした。

時間の経過とともに状況を観察する選択肢もありましたが、ファビアンは今回のことをレポートに提出することにした。

ファビアンの最大の能⼒は、彼の迅速な状況判断。

公爵夫⼈に関連する知らせを、不注意に無視してはならないと判断した。

この時点で、彼は公爵が新婚だから楽しんでいるとは思っていなかった。

公爵が1⼈の⼥性と10か⽉以上ベッドを共有する?

前例のないものでした。

公爵は⼥たらしではありません。

彼は単に本能的な欲求を満たしたいだけ。

彼はこれまでの⼥性と、少しも感情的なやり取りをしたことがありませんでした。

そのような公爵が同じ女性と一緒にいるというだけで、ファビアンは⼈⽣の謎を垣間⾒たように感じました。

 



 

クロティン卿の狂人っぷりは、一般人には理解出来ないでしょう。

彼を手懐けられるのは、タラン公爵以外にいないと思います(笑)

ファルコン伯爵夫人はどこまで調査を進めているのでしょうか?

ヒューゴが知ったら、どういう反応をするのでしょうか?

 

ルシア【84話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は84話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...