ルシア

ルシア【81話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は81話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

81話 ネタバレ

ルシア【80話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ウェールズ伯爵

午後、エリオット⼤尉は報告書を提出する。

その内容は、流行り病と間違えられた中毒事件に関連していた。

問題の根本を⾒つけて掘り下げた後、悪意の兆候は見つからなかった。

罰として、最高責任者には多額の罰金が科せられた。

「他に被害を受けた村は?」

「今の段階では見つかっておりません」

エリオットは現在、ヒューゴに承認を求めていた。

公爵の承認が得られれば、関係者は補償金と罰金を払うだけで済む。

しかし、特定の名前がヒューゴの目に入ったことが、彼らの不幸の始まりだった。

「・・・ウェールズ?ウェールズ伯爵のことか?」

「はい」

ヒューゴの目に暗い火花が灯される。

彼はルシアの泣いた姿を見て、パーティーブレイクの首謀者に大きな恨みを抱いていた。

彼女が懇願するから関与することが出来ず、困っていた所だが・・・。

当然のことながら、彼は当時の主犯がウェールズ伯爵夫⼈であることも知っていました。

ヒューゴは重々しい表情で命じる。

「この事件を軽々しく見逃すことは出来ない」

「では・・・」

「⽀払った税⾦など、過去の取引の詳細を徹底的に調査しろ」

「徹底的に・・・」

「細部に⾄るまで。小さな埃も見逃すな」

エリオットは理由を知りませんでしたが、ウェールズ伯爵が主にマークされていることは理解出来た。

どういうわけか彼は同情を感じた。

「了解しました。徹底的に調査します」

以前からヒューゴを知る部下は、彼の性格をよく知っている。

彼は不正を許さないような高潔な人間ではない。

ほとんどの場合は無関心ですが、何かに固執するときは、彼は執拗で頑固になる。

言い換えれば、恨みを晴らすかのように。

 



 

  • 突然の訪問

ダミアンがアカデミーに戻って1ヶ⽉半。

今⽇、ルシアは彼に送った2番⽬の⼿紙に対する返事を受け取りました。

封筒を開けると胸がドキドキする

その内容は、文字で埋め尽くされていました。

「お⺟さんへ」で始まる⼿紙の最初の⾏を読んだとき、彼⼥は感動で震え、⼿紙を胸に抱きしめた。

⼿紙の内容は、授業で教えられたこと、⾷べた物、会話をした相手。

ダミアンの生活を垣間見ることが出来るように感じた。

[1⽇が寒くなってきています]

[健康に注意してください]

[ダミアン]

「彼が元気そうで良かった」

年末が近づいていたので、ルシアはダミアンに送る贈り物を準備していました。

「奥様、ゲストがお会いしたいそうです」

訪れたのがミルトン夫⼈だったら、メイドはゲストとは⾔わなかったでしょう。

「ゲスト?誰でしょうか?」

「ウェールズ伯爵夫⼈です」

ルシアは少しだけ眉をひそめる。

送り返すことも考えましたが、最終的に伯爵夫⼈がどんな要件なのかを聞いてから決める事にしました。

メイドにお茶を出すように指示します。

ジェロームは呼びません。

ジェロームがウェールズ伯爵夫⼈に⽤意する美味しいお茶を出したくなかったから。

 



 

  • ウェールズ伯爵夫人の謝罪

少し冷たい態度で座っていたルシアとは異なり、ウェールズ伯爵夫⼈は怯えているように見えた。

しばらく見ない間に、彼女はやつれたように見えます。

(風でしょうか?)

「今日はどういった要件でしょうか?」

「このような形で突然あなたに会うことを残念に思っております。公爵夫人はお元気でしたか?」

「率直に⾔って、私は伯爵夫⼈に不満を持っています。⼤規模に準備された私の最初のパーティー。あなたは何か私に言うことがあるのではないでしょうか?」

故意に言葉を強くすると、伯爵夫人の表情が青褪めていきます。

「今回の要件は、その事についてでしょうか?」

「はい。公爵夫人に謝罪をしたくて・・・」

ルシアは、ウェールズ伯爵夫人が頭を下げるとは予想もしていなかった。

(何かがおかしい・・・)

突然の変化には、きっと何かが関係しているのでしょう。

「それが本当に望むすべてであるならば、伯爵夫⼈の謝罪を受け⼊れます。しかし、
今⽇はあまり⻑く話したくありません」

「ええと・・、その・・・」

「他に何か?」

「公爵夫⼈に・・・、⼼からお願いしたいことがあります・・・」

お願い?

なんて恥知らずなのでしょう。

ルシアは⽪⾁を込めて笑った。

ウェールズ伯爵夫⼈は彼女を柔和で素朴な⼦供と⾒なしているようでした。

ルシアは何の⾏動も起こさない大人しい⼥の⼦ではありません。

彼女は時に冷酷な一面も持ち合わせているのだから。

「特別な要求は受け入れません」

「特別な要求ではありません、公爵夫⼈。どうかタラン公爵の怒りを和らげてください」

「何について話しているのか分かりませんが」

伯爵夫⼈は、ウェールズ伯爵が現在困難に直⾯していることを明らかにした。

説明は⻑く、ほとんどが⾃⼰正当化のもの。

何とかルシアは要点を把握する。

「伯爵が⼤失敗を犯し、罰せられたのですね。あなたは今、私が個⼈的な感情で公爵に泣きついていると言いたいのでしょうか?」

「い、いいえ。公爵が仕事とプライベートを区別する人だと知っています。ですが、少しだけ憐れんではくれないでしょうか?突然の訪問だったことはご容赦ください」

ウェールズ伯爵夫⼈が帰った後、ルシアは深く考えた。

犯罪の処罰は、北部の秩序監督者であるタラン公爵の権限の範囲内。

自分のせいでヒューゴが過度に罰しているとは思えなかった。

ルシアはそこまで自惚れている女性ではありません。

(彼は元々、他人に厳しい人なのだから)

彼が自分の為に動いていることを想像できなかった。

いずれにせよ、最近周りの女性たちが自ご機嫌取りをしている理由も、ヒューゴが原因しているに違いありません。

ルシアは頭の中でそう結論付けた。

 



 

ヒューゴは相手が滅びるまで責め続けそうですね・・・。

ルシアに関連する内容ならですが(汗)

そんな事とは知らないルシア。

彼女はどれだけヒューゴに愛されているか分かっていませんよね。

そんな所も、彼女の魅力の一つですね♪

 

ルシア【82話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...