ルシア

ルシア【80話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は80話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

80話 ネタバレ

ルシア【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 活動の再開

しばらく休憩した後、ルシアは⾼等社会での活動を再開した。

以前と同じように、軽いお茶会を開く。

何も変わらず、いつものように、幅広い⼈々を招待した。

数⼈のパーティーブレイクの主犯を除いて。

最後のガーデンパーティーでは、公爵夫⼈の権威を脅迫として使用した。

抑圧の後、彼らをなだめる時が来たのです。

ルシアは北部の⾼等社会を統治することを望んでいません。

しかし、自分が決して軽視されるべきではない存在として知らしめる必要がありました。

「公爵夫⼈、前回のように⼤規模なパーティーを開く予定はあるのですか?」

「私もお聞きしたかったです。あの時は招待されなかったので、次回は絶対に参加したいです。時が来たら、私も次期領主様に紹介してもらえますか?」

「機会があれば紹介しますね」

ルシアは笑顔で返事をし、こっそりと⾒回した。

今の話に参加しない女性たちを。

彼女たちは以前のガーデンパーティーの参加者。

彼女たちの表情は出席することへの抵抗や傲慢さを示していません。

それどころか、彼女たちがルシアに挨拶したとき、感謝しているようにも⾒えた。

 



 

  • タラン公爵の影響

ルシアは彼女たちを叱責するつもりはなかった。

普通の⼥性は⾼等社会の主要⼈物に対抗する⼒を持っていません。

ルシアは彼女たちを不快にさせないようにガーデンパーティーの出来事について⾔及しませんでしたが、彼女たちは過度に注意を払い続けた。

それに⽐べて、ガーデンパーティーに参加しなかった⼈たちは、あたかも⾃慢しているかのようにダミアンの話題を取り上げる。

彼らは抵抗を⽰さず、絶えず暗黙のうちに「次期領主」という称号を持ち出しました。

この態度は驚くべきものだった。

(ダミアンが正式に登録されたと、ヒューゴが公に発表したから?)

唯⼀の推測。

いつものように、タラン公爵の威厳は素晴らしかった。

ウェールズ伯爵夫⼈だけでなく、当時ガーデンパーティーに参加していた⾼等社会の年配の妻たちも皆、家に閉じ込められていると噂されており、今の状況を見ると、それは真実のようです。

タラン公爵が彼に反抗した領主の最後の⼀⼈を捕まえて殺したという噂も密かに⾼等社会に広まり、北の貴族がタラン公爵に対して抱いていた恐怖は極度に⾼くなりました。

そのため、ガーデンパーティーの事件は、みんなの⼼に恐怖をもたらした。

もともと、タラン公爵家は閉鎖的。

タラン公爵は北部の貴族との緊密な関係を持つことや、⾸都で政治に参⼊することに興味がありません。

彼が戦争のために北部にいなかったとき、北の貴族は公爵家にほとんど興味を持っていませんでした。

しかし、誰かが実際に死んだとき、社会の輪は揺れ動き、⼈々は必死になった。

彼らはタラン公爵の⼼をつかみ、自分たちの安全を保証したかったのです。

現在、タラン公爵との唯⼀の繋がりは、社会活動に従事していた公爵夫⼈のみ。

⼥性たちは夫や⽗親から特別な指⽰を受け、公爵夫⼈のお茶会に出席しました。

周囲は台⾵に襲われたかのように混沌としていたが、台⾵の中⼼にあるルシアは落ち着いていました。

それにもかかわらず、いつもなら彼女に出来事の詳細を知らせる女性、ケイトは自分の⼝を閉じて、状況が展開するのを観察していた。

正確には、⾼度な社会の雰囲気が落ち着きがなくなったため、ルシアに何を伝えるべきかが曖昧だったから。

彼⼥はルシアに⾔うことができませんでした。

「あなたの夫が恐ろしいので、誰もが不安になっている」と。

 



 

  • 女性たちの戦争

「公爵夫⼈は⽇が経つにつれてより美しく輝いていますね」

誰かがお世辞を漏らし、⼥性たちの間で競争⼼が⾼まっているのを感じることができた。

「私は最初に会った⽇から公爵夫⼈の美しさに感⼼していました」

「ほほほ。公爵夫⼈は⾒た⽬以上に美しい⼼を持っています」

⼥性たちの間で炎が灯される。

恥知らずで口の上手い⼥性は公爵夫⼈を称賛し、臆病な⼥性は前に出ることが出来ません。

それは戦争でした。

ルシアは過熱した雰囲気を気にせず、のんびりとお茶を飲む。

彼女はお世辞を受け取って調子に乗る子供ではありません。

このような状況は夢の中で何度も起こるのを⾒て、うんざりしていました。

夢の中で、ルシアは中⼼にいたことはありません。

しかし、とんでもない光景を遠くから観察していると、彼⼥はそれが哀れなことに気づきました。

(公爵夫⼈の⽴場は本当に素晴らしいわね)

ルシアが何の反応も⽰さなかったとき、⼥性たちは⼀⼈ずつ⼝を閉じ始めました。

見る目のある⼈たちは、外⾒とは異なり、公爵夫⼈は扱いやすい⼈ではないことに徐々に気づきます。

⼥性たちは社交界で話題のニュースを教えようとします。

ルシアは頭を傾けた。

(今⽇のお茶会は本当に奇妙ね)

 



 

タラン公爵の影に隠れていますが、ルシアも相当に扱いづらい女性ですよね。

見た目はおっとりしていますが、中身は曲者。

そんな彼女に油断して、痛い目に遭う人たちがこれからも続出しそうです(笑)

 

ルシア【81話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は81話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...