ルシア

ルシア【79話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は79話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

79話 ネタバレ

ルシア【78話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は78話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 身も凍るような感覚

もしヒューゴが覚えていないと⾔ったら、ルシアは何も考えずに受け入れていたでしょう。

しかし、その女性を見たことがないと言うのは奇妙な話でした

身も凍るような感覚が背筋を襲う。

見たことのない女性と、どうやって子供を作るのでしょうか?

沈黙が長く続くにつれて、ヒューゴは不安になる。

発言を取り消すことは出来ない。

もし言い訳をしても、彼女は信じるふりをするでしょうが、疑いは晴れません。

「ビビアン」

名前を呼ぶが、その後が続かない。

ヒューゴの頭の中はごちゃごちゃになっていた。

「説明するのは難しいですか?」

「・・・」

「・・・もう寝ましょう」

ルシアは、彼がダミアンの母親とどんな関係出会ったとしても、自分には干渉する権利がないと思っていた。

結婚する前から息子がいることを知っていたから。

さらに、ダミアンの実の⺟親はすでに死んでいたので、これ以上詳しく質問する必要はありません。

ヒューゴは、彼女の中に暗闇を⾒るように感じました。

線を引くという彼⼥の明確な態度に彼の⼼は痛んだ。

(何も聞こえなかったように振る舞う)

ルシアはそのように決⼼し、眠ろうとしましたが、それが出来なかった。

彼⼥の⼼の奥深くで、ドロドロと煮えている考えがこぼれた。

「・・・いずれ私の顔も忘れてしまうでしょう」

ダミアンの実の⺟親に⾃分⾃⾝を投影しました。

ヒューゴの⾔葉は、過去の⼥性が自分の⼦供を出産したとしても、覚えておく価値がなかったと⾔っているようでした。

もしそうなら、⼦供を産むことさえ出来ないルシアの価値はもっと悪くなるでしょう。

ヒューゴは、彼女の突然の爆弾発言に⼼臓が⾶び出すのを感じた。

「・・・どうやってその結論に⾄ったのですか?」

「あなたは⼦供を産んだ⼥性のことすら思い出せませんから」

「そうではありません。」

ルシアは何度も何度も⾃分に⾔い聞かせました。

焦ってはいけない。

ヒューゴを愛するまでの道のりは⾮常に⻑く、時には難しいでしょう。

疲れたくないのなら、先を⾒越して⼀歩ずつ踏み出さなければなりません。

しかし、彼の無情で冷たい⾯に出会ったとき、彼⼥の強い意志が少しずつ衰えることに気づいた。

ルシアはヒューゴが自分を嫌っていないことを知っていた。

彼は完全に恋をしている男のように、愛情深く穏やかに接してくれる。

時々、彼が自分をテストしているかどうか疑問に思いました。

「では、彼⼥に会ったことがないというのはどういう意味ですか?⾒たことがない⼥性があなたの⼦供を産むことができますか?」

「ビビアン、あなたは少し熱くなっている・・・」

「申し訳ありません。⾃分の居場所がないと知って、熱くならない人がいると思いますか?」

 



 

  • ヒューゴの頭痛

ヒューゴは頭が痛くなった。

少し前に、このようなビビアンを⾒たことがあります。

彼⼥は普段は穏やかでしたが、動揺すると、彼⼥の⾔葉は⽪⾁で棘のあるものに変わります。

「ビビアン」

とりあえず、ヒューゴは彼⼥を落ち着かせるために彼⼥の肩を抱えた。

ビビアンは彼の⼿を振り払い、彼に背を向けた。

背を向けた瞬間、⽕花がヒューゴの⽬に⾶んだ。

強い⼒がビビアンを引き戻し、⼀瞬で彼⼥をベッドに押し倒した。

「・・・そのように向きを変えないでください」

「・・・え?」

「私に背を向けないでください」

(彼は・・・、彼は怒っている)

ルシアはヒューゴが怒るのを⾒たことがありません。

なぜ彼は怒ったのでしょうか?

(過去に誰かに裏切られた可能性があるから?)

「⼆度としません」

ルシアは怒りを刺激しないように冷静に答えた。

「少し驚いてしまったので・・・」

「・・・すまなかった」

ヒューゴの⾼まる怒りはすぐに治まった。

 



 

  • ダミアンの真実

彼が撤退するにつれて、ルシアはゆっくりと起き上がる。

「失礼だったことをお詫びします・・・、もう寝ますね」

「・・・彼は私の実の息⼦ではありません」

「・・・え?」

ヒューゴの⾔葉を聞いて、ルシアは突然めまいを感じた。

「つまり・・・、ダミアンのこと?あの⼦は・・・、あなたの息⼦じゃないの?」

今聞いた⾔葉が正しいかどうかを確認せずにはいられなかった。

ヒューゴは深いため息をつく。

「西塔の事件についてジェロームに聞いたそうですね。私に兄がいたと聞きましたか?」

「・・・はい」

「ダミアンは私の兄の息⼦です。もっと正確に⾔えば、彼は私の甥です」

途⽅もない真実の前に、ルシアの⼼臓はドキドキしていました。

「この事実を・・・、ダミアンは・・・」

「彼は知りません。そして今、あなた以外は誰も知りません」

もっと正確に⾔うと、フィリップは知っていましたが、ヒューゴは彼について⾔及するつもりはありませんでした。

「・・・あなたが⾔っているのは、ダミアンはあなたの兄の息⼦ということですか?」

「・・・その通りです」

「あなたは・・・、いずれダミアンに話すつもりですか?」

「彼が私に尋ねない限り、話す気はありません」

「そうですか・・・・。それなら、私も秘密を守ります」

(前公爵を殺害した兄の息⼦として知られるよりも、公爵の⾮合法な息⼦として知られる⽅がよいでしょう)

ルシアはそう理解した。

「あなたは兄と親密だったようですね」

ヒューゴは少し間を置いてうなずいた。

「・・・そうですね」

ルシアの⼼は泡⽴った。

彼の兄はこの世界にいませんでしたが、かつて彼が愛を共有した家族がいました。

「だから、あなたはダミアンを息⼦にしたのですね。彼はあなたの兄の唯⼀の血縁だから」

「・・・正確にはそうではありませんでしたが、それが理由ではなかったとは⾔えません。兄とダミアンに関しては複雑な問題がたくさんありますが、すべてをお話しすることはできません。これは私が死んだとしても明らかにしたくないことですから」

ヒューゴの⾔葉はいつもより⻑かった。

「構いません。何ができるかを教えていただければ⼗分ですから」

⼈々は死ぬ⽇まで自分の⼼に埋める秘密を持っています。

愛する⼈や家族に関係なく、決して共有しない秘密。

ルシアにもそのような秘密があります。

夢の中で未来を⾒て、別の男と結婚し、そのように⽣きたという事実は、⼀⽣彼⼥の⼼に埋める秘密でした。

「あなたの秘密を知っている誰かがあなたに苦痛をもたらすなら、あなたは誰にも⾔う必要はありません」

ルシアを⾒つめる彼の目は震えていた。

「・・・しかし、この秘密は・・・、あなたに痛みを引き起こす可能性があります」

「それが起こったら、あなたに答えを求めます。その時に考えてみましょう」

「・・・分かりました」

ヒューゴはルシアの腕を掴み、彼女を抱きしめた。

しばらく⼀⾔も喋らずにに抱き合う。

それは他者への慰めと⾃分⾃⾝への慰め。

「ダミアンはあなたの息⼦であり、私の息⼦でもあります。それは変わりません。そうでしょ?」

「ええ」

「ダミアンは両親の愛から⽣まれた⼦供ですか?」

「私はそう聞いています」

「それなら、ダミアンが成⻑し、理解するのに⼗分な年齢になったら、彼に知らせてください。その方が彼のためにもなります」

「・・・分かりました」

ルシアは少し恥ずかしさを感じながら顔を彼の肩に埋めた。

(どうしてかしら・・・)

ヒューゴが過去に愛した⼥性と⼦供を作ったことがなかったという事実は、両親を知らなかったダミアンへの思いやりよりも彼⼥に⼤きな喜びを与えました。

もちろん、ダミアンを大切にするという気持ちに変わりはありません。

しかし、ダミアンを⾒たとき、彼女はヒューゴの⼦供を産んだ女性に興味を持った。

同時に、自分が⼦供を産むことができないことに⼼を痛めた。

ヒューゴの⼼には秘密と傷がありました。

冷淡な⽗親と、その⽗親を殺害した兄。

彼が⾎統を残した場合、過去の事件が再発するかもしれないことを恐れているかもしれません。

自分自身が繰り返し夢の中で見た未来を恐れ、⾃分自身の決断で不妊になることを選んだのと同じように。

まだ子供を産めるチャンスを期待していましたが、ヒューゴが気が進まなかった理由を知った。

最悪のシナリオを考えるのは簡単でした。

(けれど、私は⺟親になりました)

実の子供ではなくても、ダミアンはルシアの子供でした。

「ダミアンがあなたに似ていないと思ったのも不思議ではありません」

「少し前に、彼が私に似ていると⾔いませんでしたか?」

「外⾒がです。しかし、中身は完全に異なります。ダミアンは優しくて⽢い。でも、優しくて⽢いという⾔葉はあなたに合っているとは思いませんよね?」

ヒューゴは残念な顔をした後、ニヤリと笑い、ルシアにキスをしました。

「代わりに、私はあなたにだけ優しいです」

彼の甘い言葉に驚きます。

心がくすぐられたように感じ、ルシアは思わず笑ってしまいます。

「何がそんなに⾯⽩いのか」と尋ねるように、ヒューゴは彼⼥の顔全体にキスを始めた。

「亡くなった義兄の名前を聞いてもいいですか?」

「・・・ヒュー」

「あなたの名前と似ていますね」

「・・・」

ヒューゴの視線は揺れて、彼はルシアを抱きしめる

「ビビアン」

「はい」

「ビビアン」

「はい」

(この⼥性がいなくなったら、おそらく私は死ぬでしょう)

ヒューゴは⾃分の⼼がもはや⾃分のものではないことに気づきました。

彼のドキドキする⼼は痛いが甘かった。

 



 

前回からの流れで修羅場が発生すると思いましたが・・・。

ヒューゴが打ち明けてくれて良かった!

まだ打ち明けていない秘密は多いですが、少しずつで良いので。

 

ルシア【80話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...