ルシア

ルシア【78話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は78話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

78話 ネタバレ

ルシア【77話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は77話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの息子

ヒューゴはその光景を⾒て眉をひそめたが、しばらくしてから笑った。

もし他の誰かがそれをしていたら、彼は相手の⼿⾜をすべて壊していたでしょう。

ダミアンは⾺⾞に乗り込み、ルシアは⾺⾞の姿が⾒えなくなるまで⾒守っていました。

彼⼥に近づき、彼⼥の肩を軽くたたいた。

「どうした?」

「・・・ダミアンが私を『母さん』と呼んだ」

「彼があなたを⺟親と呼ばないのなら、彼はあなたを何と呼ぶのですか?」

「け、けど・・・、彼がそう呼んだのはこれが初めてです・・・」

ルシアは突然頭をヒューゴに向ける。

「見ました?」

「何を?」

「彼は絶対にあなたの息子です。すぐに女性たちを虜にするでしょう」

「・・・」

ルシアは⾺⾞が消えた⽅向を⾒つめ、息⼦が⼥性を泣かせるような悪い男に成⻑してはならないようにと呟いた。

ヒューゴはこっそり彼⼥から離れ、すぐにオフィスに向かった。

 



 

  • 心の穴

(ダミアンがいなくなった)

ルシアがそう考えたとき、それは彼⼥を落ち込ませました。

「母さん」

彼⼥の記憶。

「でも、今はもう聞こえません」

再び落ち込む。

ダミアンを送り出した後、ルシアは⼀⽇中その考えに費やした。

「奥様、お⾵呂の準備ができています」

メイドはすでに3回も同じ言葉を繰り返している。

「ええ」

返事はするが、その場から動きません。

突然、ヒューゴの強い⼒がルシアのあごをつかんで持ち上げた。

彼の少し冷えた⾚い⽬は、彼⼥の顔を⼀掃する。

ルシアが泣いているように見えたから。

(なぜ彼はすでにここにいるの?)

メイドを探して周りを⾒回しましたが、ヒューゴが⼊った瞬間、メイドはすでに退出していました。

「私はまだお風呂に入っていませ・・・」

声に出して⾔ったが、話終わる前にヒューゴが唇をふさいだ。

そのまま、ベッドに押し倒した。

「まだ⼊浴していません・・・」

「私は気にしません」

「私が気にします」

「この状態で、お⾵呂に⼊りたいって⾔ってるのか?」

「ええ」

ヒューゴはため息をついた。

「わざとですか?」

「・・・え?」

「・・・気にしないで」

彼女は本当に、あらゆる⽅法で誰かを狂わせます。

荷物を運ぶようにルシアを肩に持ち上げた。

「キャア!ヒュー!?」

「じっとしなさい。⼊浴したいと言いましたよね?」

ヒューゴは彼⼥をバスルームの床に降ろした。

瞬く間に彼⼥は下着だけを残され、すぐに腕で胸を覆った。

彼は⼀歩下がって腕を組み、ゆっくりと彼⼥を上下に⾒た。

満⾜げな視線を受け取ったルシアは、⾸まで顔を⾚らめ、⼀歩下がった。

何度も後退した後、背中が壁に到達します。

ルシアは⼼が破裂するように感じた。

彼⼥の表情は、ヒューゴを夢中にさせる。

彼はゆっくりと頭を下げ、頭を少し横に傾け、彼⼥の唇に軽くキスした。

「ヒュー・・・、まだ・・・」

「準備されたお⾵呂が⽬の前にあります。洗ってあげましょう」

「それはどういう意味で・・・」

「⼀度だけで良いから」

 



 

  • 見たことがない

体の熱が少し冷えるまでルシアを抱きしめ、それからヒューゴは彼⼥を腕に抱いて浴槽に⼊った。

浴槽の沸騰したお湯は適度に温まるまで冷えていました。

バスルームは静かで、ルシアは彼と⼀緒にいる安らぎと気持ちを深く楽しんでいる。

「私の顔を見たとき、あなたは怒っているように⾒えました」

「ダミアンが去ったので、あなたは泣いていると思ったからです」

「泣いていません」

ヒューゴの予想は外れていました。

「彼に⼿紙と贈り物を送ります。直接聞こえなくても、⼿紙からお⺟さんの声を聞いてほしいから」

「彼にそれほど注意を払わないでください」

ヒューゴは不平を⾔い、彼⼥の⾸から肩まで軽いキスをし始めました。

ルシアは聞きたいことがあった。

ダミアンが公爵家に来てから本当の⺟親に会ったのか、会わなかったのか。

⺟親。

どんなに⼀⽣懸命頑張っても、自分を産んだ⺟親への憧れを乗り越えることは出来ないでしょう。

お互いを拒絶しない限り、ダミアンが時々本当の⺟親に会うことができれば。

「うーん・・・」

「どうした?」

「ダミアン・・・」

その言葉を聞いた瞬間、ヒューゴは眉をひそめます。

「他の男のことを話さないでください」

「別の男?前回もおっしゃいましたね。彼はあなたの息⼦です」

「しかし、彼は娘ではありません」

二人が話すことができる時間は限られていたので、夜でなければいつ彼らは話すことが出来るのでしょうか?

彼はダミアンを嫌いではないと⾔ったが、なぜ彼が⽗親の愛情を⽰さなかったのか彼⼥は知らない。

それが単に愛情ではなく、無関⼼に近かったというほどに。

「1つだけ。気になることがあります」

「・・・どうぞ」

「ダミアンを産んだ⺟親は・・・、彼⼥はダミアンに会うように頼んだことはありませんか?」

「・・・」

聞くべき質問ではなかったのだろうか?

ルシアは少し緊張していました。

「彼⼥は死にました」

「え・・・」

ルシアは少しショックを受けました。

「それで、ダミアンを連れ戻したの?」

「そんな感じ」

「美しい⼈だったに違いないですね。ダミアンのお⺟さんは」

「知りません。⾒たことがない」

「・・・え?」

ルシアは頭を上げて彼を⾒た。

その瞬間、困った表情が彼の顔に浮かんでいました。

 



 

ダミアン成分が欠如して、ルシアが呆然としています。

そんな姿に嫉妬するヒューゴ。

微笑ましいですね♪

そして、ついに出たヒューゴの問題発言!

流石に「見たことがない」は不味いですよね・・・。

次回に二人の会話が気になります。

 

ルシア【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...