ルシア

ルシア【77話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は77話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 




 

77話 ネタバレ

ルシア【76話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は76話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダミアンの目標

「お入りください、ダミアン様」

ジェロームはヒューゴのオフィスの前までダミアンを導く。

ダミアンはドアの前で深呼吸をし、重いドアを押して中に⼊った。

これまでの人生でこの部屋を訪れたのは一度だけ。

それは寄宿学校に行く事を告げられた時。

[あなたを私の後継者として宣⾔しました。後はあなた次第です。卒業をする。そうすれば、この場所はあなたのものです]

その⽇から、公爵の称号を継承することがダミアンの⼈⽣の⽬標となった。

その⽬標は、少年の存在意義。

それは彼の⽣きる価値。

今、ダミアンは本当の⽬標を⾒つけた。

公爵になることは、その⽬標に向けた⼿段。

⼒。

彼は⼒が欲しかった。

⼒がなければ、護りたい相手を護ることが出来ません。

ダミアンは⽗を賞賛している。

⽗は偉⼤な騎⼠であり、世界最強の男。

しかし、彼は⽗親のようになる⾃信がなかったので、⾃分が強くなるための可能な⽅法を⾒つけなければなりませんでした。

努⼒から得ることができる最⼤の⼒は、アカデミーで得る知識。

静かなオフィスには、ページをめくる断続的な⾳しか聞こえない。

ダミアンは静かに歩き、机から数歩離れて⽴ち⽌まった。

「時間のかかる話か?」

「いいえ。アカデミーに戻ることを伝えに来ました」

「1学期を修了しなくても卒業できる」

「最⾼の成績が欲しいのです」

「私はあなたに⾔いましたよね?卒業する必要があるだけと」

「私が戻りたいからです」

「なぜ?」

「知識を増やして⼒をつけたいから」

ヒューゴは頭を上げた。

ダミアンは⽗親の視線を受け取って少し緊張する。

ヒューゴはダミアンを注意深く観察しました。

怯えの兆候は見られない。

ダミアンを⾒た最初の⽇。

フィリップが連れてきた⼦供の⽬は、澄んでいて純粋でした。

だからヒューゴは、兄の息⼦だというフィリップの⾔葉を信じざるを得なかったのです。

「ぷはっ」

ヒューゴは笑って、視線を⽂書に戻しました。

「学者が世界を⽀配することはありません。アカデミーの知識があなたの強みになるのですか?」

ダミアンは彼に提⽰された予期せぬ問題に驚く。

「卒業出来るなら、あなたの成績に関係なく、この場所はあなたのものです」

いくら努⼒しても結果は同じでしょう。

ダミアンは、⽗親から与えられた⼒ではなく、⾃分の⼿で得た⼒を新たに獲得したいと考えていました。

学⽣のダミアンが努⼒だけでアカデミーから得ることができる最⼤の強さとは?

頭に浮かんだのは1つだけ。

アカデミー「イクシウム」には、学⽣だけで構成された「カンファレンス」という組織があります。

「会議」の議⻑は「シタ」と呼ばれている。

メンバーのほとんどは上級⽣。

まるで王様であるかのように、「会議」メンバーが道を⾒ているのを⽬撃します。

それを⾒た時でさえ、当時ダミアンはあまり興味を持っていませんでした。

彼の⽬標は単に卒業することだったから。

しかし今、彼は興味を持っていました。

「私は『シタ』になります」

ヒューゴはダミアンに顔を向けた。

「『シタ』はアカデミーの・・・」

「知っています」

アカデミーには独⾃の⼒とランキングがありました。

アカデミーでの『シタ』の⼒は戦争によって⼤いに強化され、時が経つにつれてそれはさらに強くなってきた。

ダミアンが卒業する頃には、それは無視できない⼒になるでしょう。

アカデミーの『シタ』になることからの経験と地位は、⾮嫡出⼦としての彼の出⽣地位の限界を覆すことができるでしょう。

ヒューゴはダミアンが到達した結論に、⾮常に興味をそそられました。

しかし、なぜ彼は突然、権⼒を欲したのでしょうか?

ヒューゴはその結末を⾒たかった。

「勉強するだけでは得られない⽴場です」

「はい」

「覚えておいてください。不⼗分な⼒は、弱い⼒よりも悪です。最⾼になりたいのなら、他の⼈が諦めるほど強い力を得なければいけません」

「はい」

「お⺟さんがあなたを登録簿に⼊れているのを知っていましたか?」

「はい。母・・・さんが私に教えてくれました」

「アカデミーに戻ると彼⼥に⾔ってください」

「はい」

「アカデミーで⼈々を殺すつもりはありません。整理するのは少し⾯倒だから。その場合は、アカデミーに通知する前に、まず私に連絡してください」

⽗は怖い⼈でした。

ダミアンは改めてこの事実に気づきます。

「・・・はい」

ダミアンは頭を下げてオフィスを去った。

少年が去った後しばらくして、ヒューゴは軽く笑い、独り⾔を⾔った。

「兄さんの息⼦は、あなたより⼗数倍頭がいいな」

不思議なことに今回は気分が良かった。

 



 

  • アフタヌーンティー

ダミアンがルシアを探しに⾏ったのは、アフタヌーンティーの時間。

彼⼥は笑顔で挨拶し、⼀緒に応接室まで歩いた。

「私に何かお話があるのですか?」

この頃、ダミアンはいつも⾃分の部屋で勉強していた。

「アカデミーに戻ります」

ティーカップを持ち上げているルシアの⼿が凍り、しばらくしてからカップをテーブルに戻しました。

「まだガーデンパーティーのことを気にしているの?」

「いいえ、勉強についていくために今すぐ戻る必要があります」

ルシアは、過度に成熟したダミアンを少し気の毒に思いました。

可愛いと思っていた彼⼥の当初の思いが変わります。

ダミアンは天才でした。

「そうですか。あなたが勉強に興味を持ってくれて嬉しいわ。いつ出発するの?」

「準備はすぐにできるので、明⽇の朝に出発します」

「明⽇の朝?そんなに早く?」

彼⼥にとって、ダミアンは彼⼥の息⼦であり友⼈。

ダミアンがルシアに慰められたように、ルシアも彼に慰められました。

彼への愛情が深まるにつれて、ヒューゴへの愛情がさらに⾼まっていることに気づきました。

「じゃあ・・・」

来年戻ってきますか?

そう尋ねようとしていて、⽴ち⽌まりました。

来年、王は死に、ルシアたちは⾸都に⾏かなければなりません。

その後、ダミアンを⾸都に呼ぶ必要がありましたが、彼が公爵の領地である北部でさえ受け⼊れられなかった場合、⾸都でどれだけ受け⼊れられるかを⾔うことは出来ません。

ダミアンが社会界デビューできるようになるまで、学校に留まるほうがよいでしょう。

「何か手伝いましょうか?」

「本を詰めるだけですので」

「では、もう少し話をしてもいいですか?アカデミーでのあなたの⼈⽣について教えてください」

「はい」

午後の間、親子は応接室でいくつかのことについて話しました。

 



 

  • 別れの挨拶

翌⽇、早朝の出発を⽬指して準備された⾺⾞の周りに⼈々が集まる。

ヒューゴもその中に。

来るつもりはなかったが、ルシアが彼を無理矢理引きずってきたのだ。

⾺⾞の開いたドアの前で、ダミアンとルシアは向かい合って別れを告げた。

「健康に気をつけてください。そして⼀⽣懸命勉強してください」

「はい」

「定期的に⾷事をとってくださいね。怪我にも気をつけて。ああ・・・、既に言いましたね・・・」

ルシアが⾔葉を探しているのを⾒るのは、貴重な光景でした。

ダミアンの⼼は暖かくなり、⾃然と笑顔が⽣まれました。

「奥様」

ルシアはバスケットを受け取り、ダミアンに差し出す。

アーシャが半分開いたバスケットに⼊っていました。

「アーシャはすでにあなたを主⼈だと思っているようです。彼を連れて行ってください」

「キツネ狩りのために育てているのでは?」

「⼤丈夫ですよ」

「しかし・・・アカデミーでは、ペットを・・・」

「それについては⼼配しないでください。あなたのお⽗さんが⾯倒を⾒てくれました」

そうよね?と尋ねるように、ルシアは離れた所に立って入りヒューゴに頭を向ける。

ヒューゴは黙ってうなずく。

事前に多くの理事会メンバーを買収したので、彼は好きなだけ学校の規則を変更することができました。

「アーシャがアカデミーでのあなたの⼈⽣の中で、あなたの友達になることを願っています」

「はい。ありがとうございました」

使⽤⼈がバスケットを受け取り、⾺⾞に乗せます。

「では出発します」

「ダミアン、最後の別れとしてあなたを抱きしめてもいいですか?」

「・・・はい」

ルシアは⼿を差し伸べ、ダミアンを抱きしめた。

彼は気の利いた⼦供だったので、夫婦関係が良いことをよく知っていました。

公爵夫婦から⼦供が⽣まれたとしたら、ダミアンの⽴場は砂の城のようになるでしょう。

法的に登録された⾮嫡出⼦。

ダミアンが合法的な妻から⽣まれた⼦供に⽴ち向かう⽅法はありません。

しかし、それは問題ではありませんでした。

彼の弟が⽣まれて彼の代わりになりたいと思ったら、ダミアンは喜んでそれを彼に与えるでしょう。

ダミアンがやりたかったのは護ることだけ。

ロームを取り巻く思いやりのある暖かさを護りたいだけ。

「⺟さん」

ルシアの⽬は大きく広がり、彼⼥は唖然とした表情でダミアンを⾒ました。

少年は突然⼤きく前進し、ルシアは少し驚いた。

ダミアンは⾝を乗り出し、彼⼥の⼿の甲に丁寧にキスする。

「いつまたお会いできるか分かりませんので」

ダミアンは、凍ったままのルシアを⾒て微笑む。

彼⼥が少年の顔にいたずら好きな笑顔を⾒たのは初めてだった。

 



 

ダミアンの決意。

ルシアを「母さん」と呼ぶ。

ダミアンの笑顔。

今回は完全にダミアンが主役でしたね!

彼のアカデミーでの活躍を期待しています^_^

 

ルシア【76話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は76話をまとめました。 ネタ...
ルシア【78話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は78話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...